エッチな体験談で23歳の新卒社会人1年目の子とHな事をしてきました

ちんさん

この時期は新卒の女子が多くリクルートスーツでわんさか出会えて欲求とストレス解消にバンバンエッチしまくってますからね。

目次

出会った女性のプロフィール

出会ったお相手の詳細
年代20代
職業新卒社会人
似ている芸能人浜辺美波
マッチング率当日直ぐに出会えた
体験内容いちゃいちゃエッチ
エロ度🌟🌟🌟🌟🌟
感度🌟🌟🌟
絶頂度🌟🌟🌟
イキ具合🌟🌟🌟🌟
M度🌟🌟🌟
変態度🌟🌟🌟🌟🌟
リピート率🌟🌟🌟🌟

今回体験した内容・感想

私は会社で役職に就いていますが、どうも若いコは好かない状態です。

言葉遣いだけでなく嫌な事をしない、コミュニケーション能力が低いなど昭和世代の人間からすると少しげんなりとしてしまいがちです。

だからと言って、無下に否定をする事も出来ず、悶々と愚痴を聞いてもらいたいと思いサンマルサンで見ていたら、すぐに連絡がありました。

「仕事で悩んでいますので、話を聴いて欲しいとの事。」こちらの状況も伝えて快諾。

下世話な話になるかもしれないので、ホテルで会って話をする事に。

ソファにもたれかかり、彼女の話を聴いていると意外と疲れてしまった。

少し休憩してから話を聴いてもらおうと思ったら、「ねえ。今日は話を聴いてくれてありがとう。しよ!」

新卒女子

「ねえ。今日は話を聴いてくれてありがとう。しよ!」

「ちょいちょい、待ってよ。俺の話を聴いて下さいよぉー」と言うも時すでに遅し。

ちんさん

「ちょいちょい、待ってよ。俺の話を聴いて下さいよぉー」

彼女の唇が目の前にあり、舌を強引にねじ込まれて強引にキスの嵐。

彼女の本気さにフル勃起となり、下世話な場所で下世話な行為をする事にしましたwww

後は彼女のペースに身を委ねてしまい、俎板の鯉になりました。

ズボンを下ろされて、フル勃起しているちんこをぱくりとお口でお掃除。

ホテルに入る前に小便をしていてアンモニア臭いにも関わらずに、綺麗にお掃除。

ほうばる姿が何とも艶めかしい。部下と同じ年なのに、ここまでの色気はヤバいと思います。

シャワーを浴びて、彼女の要望でバックスマタです。

スマタをする場合、ローションを必要とする事が多いですが、すでに放水状態なので不要。擦れる度に「ああっ」という声と擦れる音が交差する何とも淫靡な事。

新卒女子

「ああっ」

我慢出来なくなり、お尻に大量に発射です。

シャワーを終えてからも彼女のペースになりました。

仁王立ちの状態で股下に入って、クンニ。しかも顔を持ち上げての強制クンニ。

下から見上げる彼女は本当に悶えており何ともイヤらしい。

こちらが奉仕をしているだけでもう一発出したい私はオナニーを敢行。

それに気づいた彼女は「イク時にお口に出して!」と懇願。

新卒女子

「イク時にお口に出して!」

おかずはもちろんオマンコです。

イクまでに時間を要す事なく、あえなくお口に発射。

零さないでお口に溜めながら、ドクンドクンと脈打つ姿にビンビンと反応してしまったのは言うまでもありません。

部屋を出る際に、次回は愚痴を聴いてもらう事を約束して別れました。

ちんさん

体験したい方はこちらを【クリック
無料で直ぐに使えます。

出会ったお相手の特徴

感情
陽気
クール
身だしなみ
ラフ
上品
センス
個性的
シンプル
コミュ力
聞き上手
話し上手
対応
初々しい
スマート
色気
ピュア
セクシー
継続連絡
なし
あり

今回の逢瀬詳細

過ごした時間4時間
エリア五反田
お手当3,000円
使用アプリサンマルサン

新卒女子とやるQ&A

新卒社会人の女性をセフレにする方法とは?

新卒社会人の女性をセフレにするならリクルートスーツを着ている女性に声をかけるのが一番早い方法です。

新卒社会人の女子をお持ち帰りする方法とは?

新卒社会人の女子をお持ち帰りする方法は居酒屋・カフェで1人でリクルートスーツで食事をしている女子をナンパすると確実にお持ち帰りが出来ます。

出会い系とマッチングアプリではどちらが新卒社会人の女性と出会えるのか?

出会い系よりもマッチングアプリの方が多くの新卒社会人の女性が登録していますしその中でもエロ活専門のマッチングアプリには変態なムラムラ女子が多く登録しているのでおすすめです。

新卒女子エロ動画

この記事を書いた人

ちんさん
管理人
はじめまして、ちんさんです。
30代の普通のオジサンで、普段は一般的な仕事に従事しています。
素人女性が大好きで、セフレだけは欠かしたことがないのが自慢です
このブログでは、私が使っているサンマルサンを活用してセフレを量産する方法や、その他エロ活に関する情報をお届けします。
どうぞよろしくお願いします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次