kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本の漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』がアメリカでベスト漫画賞を受賞!台湾人もその内容を絶賛!【台湾人の反応】

   

120 コメント

永田カビさんの自伝的漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』がアメリカのハーベイ賞(Harvey Awards)でベスト漫画賞を受賞したことが台湾でも紹介されていました。この漫画は凄いと絶賛する台湾人の反応をまとめました。

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』アメリカの「ハーベイ賞」でベスト漫画賞を受賞!

「どんなことがあっても、どんな自分でも受け入れてくれる場所が欲しい…」生きていくのに必要なものはお金だけではありません。人はお金以外のものも求めているのです。こういった問題にスポットをあてた永田カビさんの自伝的漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』がハーベイ賞(Harvey Awards)でベスト漫画賞を受賞しました。ハーベイ賞は30年以上の歴史があるアメリカの漫画賞です。この権威ある賞のベスト漫画賞に、pixivで480万回以上閲覧され、「この漫画がすごい!2017年度版」で第3位に輝いた永田カビさんの人気漫画が『僕のヒーローアカデミア』や『弟の夫』を破って選出されました。

日本で「女性向け風俗」が大人気!人気ナンバーワンが意外すぎる!?【台湾人の反応】
日本の性風俗産業で女性向けサービスが注目を集めていることが台湾でも紹介されていました。その中でも特に人気のあ…

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

pixivで公開されるや話題となり、2016年6月に書籍化された『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』は、作者である永田カビさん自身が主人公の自伝作品です。永田カビさんは大学をわずか半年で中退し、鬱と摂食障害を患いました。「所属する何か」がなくなったことで不安にかられた永田カビさんは慌ててバイトを始めるものの失敗ばかり。心身共に追い詰められ、生きる意味を見失った挙句、引きこもりになってしまいます。28歳交際経験なし、当然性的な経験もなし。儚く孤独な存在になってしまった自分、こんな自分でも優しく抱きしめてくれる人が欲しい。どうせ死ぬなら、死ぬ前にもう一度あがいてみたい―

「もう死んだ方がずっとましだ…」「どうやって死のうかな」…意外にも悔しかった。「なにくそ!!!こうなったらダメ元で、立ち直るべくあがいてから死んでやる」

永田カビさんにとって、「親や身内の評価」が絶対でした。

彼女を動かしていたのは、親や身内から認められたい、努力しなくても許されたいという思いだけでした。しかし裏を返せば、それは自分の意志で動いたことがなかったということです。自分はどうしたいのかも当然わかりません。行きついた結論は、とりあえず「普通の生活」にすることでした。

再びバイトを始める永田カビさん。

しかし、ようやく「普通の生活」になったと思って母親に自慢しに行くと、「でもバイトでしょ、正規雇用じゃないでしょ」とバッサリ言われてしまいます。

そんなある日、永田カビさんは「繰り返し襲ってくる埋められない孤独感」は母親からの――というよりは母親的な愛情と癒しに飢えているからこそ起こるのだと悟ります。そして下した決断は「レズビアン風俗」で抱きしめられることでした。

決断をした翌日、世界は広くなっていた

「誰かと付き合った経験も、性的な経験も、ついでに社会人経験もないまま28歳になった私は、2015年6月真っ昼間、レズビアン風俗でおねえさんと対峙していた――」

当時の永田カビさんは、性的な事に対する知識は何一つなく、腕には自傷の痕が残り、ついでに頭皮にはハゲまでかかえていました。

そんな永田カビさんにも、いよいよ“初体験”の時がやってきます。

性的な描写があることから18禁になっていますが、内容はとても真面目な作品になっています。作者・永田カビさんが感じた苦しみと悲しみを詳細に記録した自伝であり、世間への赤裸々な“告白”でもあるのです。かつての永田カビさんのようにぬくもりに飢えている人にとっては、とても勇気をもらえるような内容です。

ハーベイ賞(Harvey Awards)ベスト漫画賞

(´・ω・`) とても心を揺さぶられる作品です。ベスト漫画賞にふさわしい名作ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ【電子書籍】[ 永田カビ ]
価格:907円 (2018/10/24時点)

 

楽天で購入

 

台湾人の反応

  • この作品は本当に凄いよ。
    私も持ってるし、これの後に出た永田カビさんの作品も持ってる。
  • 「生活の中は目に見えない愛情で溢れてる」って言うけど、私に言わせれば、非言語で表される感情や愛情を読み取れないような人だっているよ。
  • 母親のことは苦手だけど母性に飢えてるから風俗嬢にそれを求める。お客さんは身体の関係や性欲処理はもちろんだけど、誰かにやさしく抱きしめられることを望んでるって言ってた風俗嬢がいたけど、その通りだね。
  • 作者が初めて行ったレズ風俗ってのは『レズっ娘クラブ』かな?
    • なんで知ってんの…?
    • 数か月前に公式ページのトップでこの作者の絵が紹介されてたよ。それか漫画が紹介されてたんだったかな。この作者はホントいい人に出会ったよ。
  • 病んでる女性のほうが抱きやすいのかな……
  • この作者さんは彼女ができたみたいだよ。
    • その彼女とは別れたって。
    • それからまた病気になって精神病院に行ってたみたい。最近また復活して漫画描いてるみたいだよ。
  • 作者さんには心からおめでとうだよ。天が悩める正直者を助けたんだね。
  • この漫画持ってる。繁体字版も出てるよ。
  • 病人が風俗嬢に治療してもらった過程を記録した作品だね。
  • 読み終わった後はなんとなく悲しくなる。
  • 後味はあんまり良くないかも。結構悲しくなる。
  • なんばウォークの書店に行ったときにこの漫画置かれてたよ。
    • よく見てるね。
  • すごく気になるんだけど、どこで売ってるの?
    • 『博客』(台湾のオンライン書店)で売ってるよ。それか書店へ行って中国語版を探してみてもいいと思う。
    • オンラインで読んだけど、紙版を一冊持っておきたい衝動が抑えられない。同じ作者が連載してる『一人交換日記』もいいよ。
  • パッと見エロいけど、結構重い内容の漫画だよ。
  • ベスト漫画賞にふさわしい傑作だと思う。
  • これはホントにいい作品。
  • この漫画買ったよ! かなり共感できる内容ばっかりだった。
  • 現代人なら一家に一冊レベルの傑作。
  • この漫画知ってる。
  • 中学の時に買ったけど、叔母に貸してから返してもらってない;-; 考えさせられるいい作品だよ;-;
  • 『一人交換日記』の一巻も合わせて読むといいよ。
  • 内容が他人事とは思えない。作者さんとしては結構大きな決断だったと思うよ。それにしても、一線を越えなくて本当に良かった。
  • 風俗嬢に抱いてほしいくらい寂しいけど、どうやって抱いてもらうのか分からない……
  • 泣きながら読んだ…
  • これは凄い漫画だよ! 内容はかなり重いけど。
日本の女子高生ホラー漫画『見える子ちゃん』が怖くて可愛くて面白い!【台湾人の反応】
日本のTwitterで話題になっていた怖いようで怖くないJKホラー漫画『見える子ちゃん』が台湾でも紹介されていました。…
引用元:18禁《我可以被擁抱嗎? 因為太過寂寞而叫了蕾絲邊應召》榮獲美國哈維漫畫獎年度最佳作品

  関連する記事

日本で話題の漫画「天使が飛べる理由」が考えさせられる!【台湾人の反応】
日本の乳袋を支える「例の紐」コスプレを見た台湾人の反応
日本人の「お化け屋敷でのアルバイト体験談」に台湾人興味津々
台湾男子に人気!? 日本の『ミス・フーターズコンテスト2013』の美女を見た台湾人の反応
台湾人「日本のコンタクトレンズをうまく着けられない人用器具meruruが怖いwww」
日本人が総ツッコミする漫画「彼岸島」が面白すぎて台湾人も爆笑www
日本の漫画『ソードアート・オンライン』の作画が変更! 後任のプレッシャーが大きすぎる!【台湾人の反応】
日本人が話題の「お嬢様聖水」でイケナイことをする様子に台湾人騒然
日本人が舌をまわしまくった結果www【台湾人の反応】
台湾人「日本のママが作るメッセージ入り弁当が可愛すぎwwwこんなの食べられるなんて幸せだねwww」
日本が「外国人観光客への気遣いで設置したもの」が邪悪すぎて我慢できないwww【台湾人の反応】
日本の「ルームシェア募集サイト」の闇が深すぎる!!【台湾人の反応】
日本の少しエッチなバラエティ番組を見た台湾人の反応
台湾人「日本人のコメントも読んだけど…」台湾の痛電車が日本で紹介されて

 - アニメ漫画, 反応, 台湾, 海外

120 件のコメントがあります

  1. 英訳されてたんだね
    おめ

  2. メンヘラのかまってちゃんなんだけどな

    • 思いやりのかけらもないコメいらないから。
      天皇陛下の様々なお言葉とか色々読んで心を洗うべき。

    • この子には、かまが無いのです。

    • 漫画から作者の自己愛が漏れ伝わってきてキツい
      読めばわかるよ

      • 親子関係に躓いてそれを補うほど他人と対人関係も築けないような人間なら
        そらもう満たされない自己愛がねじ曲がって常時大暴走状態よ

      • これ。
        どうにも共感出来なかった。
        ただ風俗に孤独を癒してもらいたくて行くってのは理解できる。

      • 親からまともに愛されないなら、自分で自分を愛するしかないのでは

      • 同じ人種の人に刺さるんちゃう?大なり小なり皆似たような部分があるけど
        普通に幸せな人、もしくは同じ状況で頑張ってる人とかは
        無理って思うかもしれんな

  3. 面白いかったけどね。大抵親のせいにしてるような印象

    • この作者の書いてることが100%真実だとも限らんしな
      自分で弁明するとどうしても自分に都合の良いように話を説明しちゃうから
      書籍化されたことで一方的にやり玉に挙げられた親がかわいそうだと思うよ俺は

    • 人格形成って親の影響なしに出来ないからなぁ。
      じゃなかったらDV家庭育ちの人が自分も結婚してDVやってるような負の連鎖はないわけで。
      連鎖を断ち切れる人ばっかりではないし、弱い人が結構いるからこういう本が売れたり賞をもらったりするんじゃないんかね?

      • 分かる
        作者に共感は出来ないけど、
        これが売れてしまう社会のままにしてちゃ駄目ということだよね

    • いい子に育てようとして、テンプレートな対応だけしてるとよくこういう感じに育ててしまうんだよなぁ
      俺んとこに来る患者に聞くと、親が計画性が高い人ばっかで、子供を見てるようで見ていない。頭の中のプランに沿った学習法や子供の将来図に囚われてる。本人と相談して決めたって言うのも、よく聞くと親の意見を本人が否定しなかったっていうもの。
      親の言うことをよく聞くいい子ほど、他人に全てを委ねてしまうように育ってるから注意が必要だぞ。

    • まぁ内容が主観的な観測だろうし、自虐的になるか他虐的に転嫁するかは、人それぞれってことで、そしてそれをどう受け入れたり解釈するのかも個々人によるとしか。

  4. 今、旬なLGBTをテーマにいい感じに描くと、賞賛されるボーナスタイム。

    • この方のエッセイは全くそんな作風ではないですよ。

      • エッセイがではなくて賞を出した側がそんな風潮かなぁという感じはある。
        アメリカだしね。小説とか他の賞でもたぶんそんな部分がウケたのかなぁ的な
        ちょっと不思議な選出のがあったりする。

        • 割と先進国なら似通った環境(学歴主義&安定進路)があるから共感されたんだろうね。書店で積み上がって気にはなってたけど、自分はメンタルがマイナス状態のときは読んで精神的に引きづられそうなので、購入するのを止めた口。
          でも、今まで声を出せなかった人が何らかの形で表現できる切欠になるようなエッセイだよね。

          作者自身も自分の叫びを作品にしてるだけで、万人に肯定してほしい訳じゃないんだとおもう。自分みたいに評価されようと頑張ってみたけど無理でした~だから価値観を押し付けないで!って宣言したような作品なんだろうな。

    • これLGBTテーマじゃないのですが。

  5. 現代病かな。作者の生活は何歳になっても他人事じゃない人多いと思う。
    一度こうなると絶対的な解決策がないし、改善して生活や人間関係が上手くいくようになっても漠然とした重苦しさを忘れるって事がない。

  6. アメリカでトップセラーになったこともある。

  7. 腐だからかな、レズってだけで読む気が起きん。
    が、良かったね。

    • おっ待てい
      この漫画レズ要素はそんなにないぞ
      寧ろ現代人にありがちな愛の渇望とかがテーマだぞ

      • おいおい、腐の人にそれを言っても。
        そう言えば逆にBLで鬱から救われたって記事があったな。

  8. 台湾の皆さん詳しいな・・・。

  9. 日本じゃ普通に買えるから18禁??と聞いてビックリだ
    エロいとかは一切ないけど向こうじゃそうなのか
    わりと病み気味な思考ではあるけど、
    壁にぶつかりながら考え抜いて答えを出していく感じが
    赤裸々に描かれていて共感できる部分も多かった

    • キス以外直接的な性描写無きに等しいのにね。
      18才以前の目にも触れていい内容だと思う。

    • 「買春」という行為自体が18禁なんじゃないかね?
      過激な暴力とかドラッグ摂取の描写も18禁だし

  10. この漫画、メインはレズじゃなくて、苦しみからの脱却への闘いなんよね。
    レベルが高い読み物やった

  11. 生きる為の動機付けが何一つ見つけられていない状況で尚、
    自殺だけはくやしいって思えた作者の勝利。
    英訳見たことないけどローカライズ難しそうな作品なのによう受賞したなぁ

  12. 病んでる子だからレズか?と言うと違う気が…

  13. 同じ作者さんの続編エッセイも読んでいましたが(現在は休止中)、連載中に自傷行為もされていたので心配です。

  14. しんどいという自覚はあまりなかったけど、自分も母親から離れて暮らすようになって楽になった部分はかなりあるなあ。
    友達も多かれ少なかれ母親の価値観に振り回されてるとこある。販売はダメ、教職か金融にしなさいとか言われたりしてたな。
    多くの人が自覚してないであろう苦しみを、分かりやすく白日の下にさらけ出した作者はすごいよ。
    評価したアメリカも立派。

    • 金融…
      それ言った親、今大外れで子供の人生狂わすところだったね

    • 同意です。苦しみの原因に気づかない人たちのためには立派なレポートになるかと。

  15. まあこれで金銭的な余裕ができるといいな。

    世の中金じゃ無いけど、金銭的余裕ができると
    プライドも保ちやすいし、心にも余裕ができるだろう。
    この親ががそんなに悪いと思えんが、褒めて育てるタイプとはかけ離れてたんだろうな。
    病んでる人にも、厳しい姿勢を崩せない人って一定数居るから。

    • 残念ながら作者の現状は酒に溺れて内臓もメンタルも悪化している(つい先日まで数ヵ月間入院していた)

      • この作品の後どんどん状態悪くなっていってたよね…

  16. さびしすぎてホモ風俗に行きましたレポも狙える可能性

    • ギャグになる可能性しか見えんw

    • 見たいです(腐)

    • 似たようなシチュなら「中年童貞」っていう漫画の中の1エピソードであったな。
      そこそこイケメンで普通にしてたらモテそうな30代の男性が、病的なまでに自信が無く、女性と恋人になる事は不可能だと思い込んで絶望して、いっそ自分はホモだと思い込む事にして、ハッテン場に出かけてホモとヤるって話。
      でも本質的にはノンケなので、ホモとヤってもただただ苦しいだけで救われない、っていう悲しい話だった。

      正直、「中年童貞」の方がよっぽど病んでて救いようのない人生をおくってる人が描かれてて胸を打ったなぁ。
      あの漫画で描かれた人達に比べれば、この漫画の作者なんて恵まれすぎてて何一つ悲観する要素なんて無いレベルだった。

  17. 英語じゃない言語版(ポルトガル語とかスペイン語とかそんなかんじだった)の本の写真を見たこともあるのでいろんな言語版が出てるみたいだね

  18. 親が悪い。

  19. 自分の生活を切り売りできるってところが常人ではなかなかできなくてそれを作品として世に出せるのが本当すごい
    普通の人なら普通のことしか書けないからな
    恥だったり悲しみだったり苦しみと向きあって形にしていく過程で自分の名前かかげて世に広める現実なんて無理って投げたくなるから

  20. 微妙な漫画なんだよね、これ
    大筋では、たいへんマイルドに衝撃度を薄めた「人生仮免中」だと思う
    それは描いてる作者の病み方のレベルがそもそも天と地ほども違うからだけど、原則的には心の病を抱えてる人が自分の見てる世界や自分の奇行を他人にもわかるようにギリ客観化して解説することで成立してる漫画、と言う意味では同じ種類だよね

    「人生仮免中」は大げさに言うと愛による救済と言う大きな人類普遍のテーマに続いてて、それを形にして残すことで作者も救われてるのがわかるから感動があるんだが・・・
    この人の作品の場合は煎じ詰めると、私は誰も愛さないし受け入れないけど、みんなは私を無条件に愛して受け入れて!としか言ってないんだよね
    それを同じような願望を持つ人に共感してもらって自己正当化するために描いてる作品と言う気がする
    このスタンスだと自傷のようにいつまで描いても堂々巡りで、本人にもあんまりいい影響はないんじゃないかねえ
    漫画自体は、適度に自己演出してて巧妙で上手いとは思うんだけど

    • 確かに昨今そういう人多いし
      国の関係とかでも韓国なんかそういう感じだな。

  21. どんな形であれ生きて行こうという決心がついたなら素晴らしいことだと思う

  22. 前に読んだけど、毎度毎度なにかと遠回しに言い訳を置いてる印象で読後感悪かったの覚えてるよ。
    辛かったのは分かるけどちょっと……という。
    だからこんな高評価が多いのは驚きだなあ。

    • なんだよねー
      病んでる自分を正当化したい人の共感しか得られない漫画だと思う
      先にあげた「人生仮免中」と似て決定的に違うのがそこかと
      居心地はいいだろうけど、いつまでもいてはいけない場所を提供する漫画

      • 苦しい時に他人のせいにするのは悪いことじゃないよ
        そういう逃避を許さない人が近くにいると自殺まで追い込むんだと思う

        • 人のせいにばかりしてる奴は社会で暮らすのに向いてないんだから
          山に籠もるか死んだほうがいい

        • 他人が本当に悪いなら分かるけど本人のせいなのに
          無関係な他人のせいにしちゃダメだろw

    • 読んでないけど正直に描いたんじゃないの?
      実際、この人って努力家で別に世間に責められるような周りの迷惑になるようなことしてるわけじゃなさそうだから自己批判する必要もなさそうだけど

    • 物語じゃないから必ずハッピーエンドじゃないって所が
      エッセイとしてある意味正しい気もする

  23. いきなりの自己紹介

  24. コメント欄で書かれてるように、現実のこの人の親に問題があるのか?と言うと、あんまりないと思うよ
    この人の主観的な印象から離れて、客観的に親の言ってる事を考えると、ごく一般的で常識的なことしか言ってないんだよね
    そりゃ、もう30も近いのに親の生活庇護の下でしか生きられない状況ならば、そうも言われるだろうって話で、世に言うような毒親じゃぜんぜんないと思うよ
    親はカウンセラーじゃないんで、なにもかも汲み取って受け入れて欲しいと言うのは子側の身勝手な願望でしかないし、親には親の人生があって、一生24時間子供につきあってるわけにもいかんのよね

    • 漫画の知名度が高まってるし承認欲求も自己肯定感も満たされたと思うが、まだメンヘラやってるって事は本当に障害もってるんだろうな

    • 親も完璧じゃないって気付けると楽になるよね。
      うちは親の口調が厳しくて失敗すれば責め立てられるような家で、あんまり実家でくつろげなかったけど、親も祖父母にそうやって育てられたからなんだろうなと客観視出来たら親からの優しさは期待しなくなったし大分楽になったわ、自分は。

    • 同感。
      何処にでもいる平均的な親だと思う。

    • 普通人間は成長に従って、いつか心の中で「親を見限る日」が必ずくるからね
      見限ると言っても悪い意味ではなく、もはやこの人は自分の保護者ではないと悟るって意味
      普通はそこで自立するが、稀に保護者役を他者に転嫁して要求し始めるタイプが出てくる
      このタイプはもうどうにもならん、彼女を作っても母親の代役に仕立て上げようとする
      付き合う側はたまったもんじゃない

    • そんな単純な話ではない
      汚い水でも元気に育つ個体もいれば、弱っていく個体もいるのだ

  25. 読んでないので何も言えないのだが、経済的な貧困だけでなく「コミュニケーションの貧困」については昨今かなり語られるようになってきたよな。

    • 昨今も何も60年代前半には「疎外」という概念がすでにある。
      それを音楽化したのがS&Gの「サウンドオブサイレンス」と言われてるな。
      「アイアムアロック」なんて引きこもりそのものや。

  26. 愛情の欠乏を抱えてる人が幸せになるのはなかなか難しそうだねぇ……

  27. この漫画読んで、レズ風俗には「ただ抱きしめて話を聞いてもらいたい」って人もいるんだ、と知った。北欧女子オーサのキャバクラ行った感想が「(愚痴を聞いて優しくしてあげて)カウンセリングみたい」とか。
    そういう一面があるんだな、と思ったら行きたくなる人の気持ちが分かる気がした。

    毒親関連とかも色々読んだけど、親が問題あるかではなく「自分にとって毒かどうかで判断していい」のだそうだ。この作者にとっては毒だったんだろう。親子だろうが合わない人間っているもんだよね。わかってても血縁だと辛かったりする…。
    親が全てじゃないように自立できるといいんだけど、それまでに折れると難しいよね

  28. 飯食えて暖かい布団で寝れるだけ幸せだと思え
    生まれてそのままガリガリに痩せて車に轢かれて死ぬ子猫より遥かにマシなんだよ
    贅沢な悩みだと思い知れ

    • ホントそうだね。俺も気持ちを改めたい。

    • 猫と人間ミソクソかよ…

    • まじでこれ
      野生で暮らしてる動物は常に生きるか死ぬかだもんな
      人間は人間の群れによって庇護されてるだけ

  29. LGBTに人権を。
    世の中は配慮しろ

  30. 作者が命的に問題抱えてるのかと思ったけど
    なんかずっと誰かのせいにしてない?
    大学行っても皆が将来決まってる人なんてそういないのに
    社会へ出ても現実に躓く事なんて沢山だよ?
    親とはけっこうの間一緒に暮らしていたんだろうか
    友達とかはいなかったんだろうな、世間の間に入っていけなかったタイプかな
    うーん、もっと力を抜いて生きていける環境だとは思うけどね・・・わからん

  31. これタイトル詐欺とか表紙詐欺とか言われてた奴だな、言われてたけど叩かれてた訳でもなかった

  32. こういう性格を持って生まれた子供は
    何を持ってしても親を恨む。
    でも、そういう子を産んだ親も自覚して接する事が大事だと思うよ。

  33. 正規雇用じゃないでしょって親に言われるの辛いよなあ

    就職氷河期世代とかもう終身雇用制の団塊世代とはまったく社会が違ってるのに
    老害はずっと高度経済成長期、バブルで日本をぶっ潰しても知らんぷりして裕福な年金生活のままで若者の事なんてまったく理解できないんだよ

    手書きの書類やりとりしてた時代とは仕事の密度もまったく違うのに昔はもっと働いてたとかアホかと思う。
    仕事の速度が老人たちと今ではまったく違うんだよ。

    • メンヘラと付き合った経験から言うと
      例えば
      そう、良かったね、でもアルバイトなんだから、もっと頑張って、次はちゃんと続けて雇ってもらえる職を探しましょうね
      って発言でも

      本人の中では
      正規雇用じゃないって否定されたって
      要約されたんじゃないかと思ってしまう

  34. 読んでないからわからないけど、28歳で実家にいて居場所がないなんて普通じゃなかろうか
    風俗に行く前に自分の親と向き合えよと思う

  35. 女とこの作品の話題に及んだところ
    「病んでいるとエロも楽しめない」という身もふたもない結論を下されたw

  36. なんでいきなりレズ風俗なんだよw
    周りのせいにしてるが元々そういう素養があっただけだろうが

  37. 面白いか自分に合うかは置いといて、ここまで話題になるんだったら
    WEBで読めるうちに読んでおけば良かったなぁ…買ってまで読む気は無いので。

    • 自分はTSUTAYA行ってコミックレンタルして読んだよ。
      同じく、買ってまで読もうとは思わなかったから。

  38. 戦闘とかあんの?

  39. この作品読んで無いが
    なんでいきなりレズ風俗って、考えてみると男向け風俗は凄いあるイメージだが
    女が男を買うって結構ハードル高い?知らないけど普通にあるの?
    なんとなく、男を買う方はリア充的な流れが必要な気がする、ホストとか?
    あと、頭にハゲ(精神的?)まであるような状況ってなってるから、異性から入る方がキツイのかもよ?

    • 男は別に買わんでもそこらで拾えるw
      そうやって、寂しさを埋めるためにその辺で男引っ掛けて穴と心を埋めてる女は普通にいるし、そういうのを狙って拾う男もいる。

  40. この人が苦しんでるのは分かるんだけど、もっと酷い親を持った人もいるんだよなぁ。
    それこそ食べる物もろくに与えて貰えなったり、虐待とかされて育った人間もいる。
    勿論、健全な愛情たっぷりに育てられた人間もいるんだけど、この人はそういう「理想」に囚われ過ぎてるんじゃないだろうか?
    「親なんて大嫌い!」とか「こんな家、一日も早く出ていってやる!」って思いながら大人になった人間も多いんだけど、そういう人の存在は目に入らないのかね。

    • 病んでいる時は視野が狭くなるものだよ

    • 人は人、自分は自分でしょ
      アフリカで飯食えない人がいるから絶対に好き嫌いするなって言われてもピンとこないじゃん

      • まーねー
        それにピンと来ない人間は廃棄食品の事なんて考えもしないんだろうな。
        人は人、自分は自分……懐かしいね。俺も小学校の時によく言ってたわ。

  41. 今のアメリカじゃ同性愛を肯定するような内容で描けば簡単に賞取れそう

  42. 親を求めて、なんで性的サービスなんだ。
    しかも金を介した関係…そら闇が晴れる筈もない。まさにすくいのないあがき過程を見せられただけ

  43. ブスッ子倶楽部

  44. これは紛れもなく女性が書いた漫画だ
    なぜなら胸が現実サイズだから
    面白そうだから読んでみよう

    • webで試し読みしただけだけどお薦めだよ。
      こういう絵結構好き。
      ストーリーも実体験に沿ってるせいかすげえリアルだし。

  45. LGBTを扱うだけで簡単に賞が取れる
    今の欧米はちょっと狂ってるよ。

  46. 書店でよく見かけて気になってはいたんだけど…。
    結局このタイプの人は、外に何を求めても「自分で気づく」までは救われないんじゃないかな。
    ずっと誰かのせいにすることが生きる原動力なら、それを突き通す選択も有りといえば有りかもだけど。

  47. 詠んでもいないのに訳知り顔の解説が多い※欄であった。
    おまえらが非難してるこの作者並みに自己完結してるだけなのを気がついてないのか?

  48. 英訳された漫画のタイトル見て思ったんだが、日本語ってたった一行でも人の心理状況の伝達能力が豊富だな、って思った。

  49. 144Pで1000円とか高過ぎだろw
    それはともかく母親がマジでクソだな。
    俺も何をやっても母親に否定されて何もやる気が起きなくなった。

    否定すれば頑張ると思ってるバカ親ってマジ死なねーかな。
    子供の努力を否定するって何考えてんの?

    • 作者もだけど、親離れできればね。親に期待することはせず、親の期待を気にすることはせず、そうやって切り離す。個人となり、親にも個人として対することができるようになり、つまりは「他人だけど他の人より愛情がある」状態になれば、見えてくると思う。親を切り離すというのは冷たい感じに聞こえるかもだけど、いったん切り離して、完全に理解できてから、もう一度結びつき「親に甘える」ことを再度やる感じで。ようするに「働いてるよ!これだけ収入あるよ」「は?でも正規雇用でないんでしょ」みたいな会話もそれが友達相手とかならそう気にしないでしょ。「うるせーよ」で終わる話。そこを気にするあたりが、まだ親離れできていない。親の意見は必要ない。

    • 親の評価や小言を、一々聞く価値はないし納得行かなきゃ無視して良い、
      という気づきが来る日が来るといいね。

  50. トランプさんのやり方とか、色々と追い風があったんだと思うわ。
    たぶん、誤解も多いだろう。

    個人的には安っぽくて、知ったことか、甘えんなで終わる感じだった。

  51. LGBTがテーマのマンガではないよ
    レズじゃないけど寂しいからレズ風俗に行ってみた話ってだけで。

  52. この漫画読んで救われた気持ちになる人も多いんだろうけど、逆に自分は読んでて負の感情に引っ張られる感じがして気が滅入ったなあ。ちなみに自分も毒親育ち。
    人によっては取り扱い注意な漫画。

  53. 男でも女でもいいから性的な事しないでなでなでして抱きしめて一緒に寝てくれる商売あったらすり減った時に頼みたい

  54. これに関しては…うーん…俺高校から進学する前に母ちゃんが天国行って、
    去年親父と決別してそれまでにも沢山人間の愚かさを自他共に痛感したからか、
    「まぁ魔法使いどころか賢者になって黄泉路に立ってもそれはそれでしゃーないかな」と
    割り切ってる分そんなに共感できんな…。

  55. 俺も『自分の人生がダメダメなのは自分の責任』と思ってるから
    この漫画には共感できなかったなあ…
    それでも否定したり見下したりはしたくない

  56. むしろ、「私がレズビアン風俗嬢になったわけ」ぐらい
    いかないと話としては弱いんじゃないか?

  57. LGBT絶賛してれば知識人扱いしてもらえる時代
    一昔前に村上春樹が日本の悪口だけでのし上がってたのと一緒

    • だからLGBTの話じゃないって
      ネットに毒されすぎでしょ。

  58. 女性作者の実体験でレズ風俗に行く話に共感できるおっさんwwww

  59. 正直、それほどでも…って感じだったけどなぁ
    十分恵まれまくってる人生で、何よりまだ28歳と若いのに、親のせいにして親を悪く言って自分の人生まで悲観してさ
    メンタル弱すぎてうっとぉしぃとしか思わなかったな
    これが39歳とかならマジで人生詰んでるから悲観する気持ちも解るけどさ

    • じゃあ私悲観していいのか……行く会社行く会社潰れてもう勤め先がないんだ

  60. 男主人公に変えて出してくれ

  61. アルバイトを始めて褒めてもらいたかったのに正規雇用じゃないからだめと言われた、ってだけで
    人生に絶望したような素振りにはちょっと引いた
    まあこういう子をよしよししてあげるのに使命感持ってるフェミ男みたいなのもいるが
    そう言う人に感傷的な自分語りを売っていくスタイルの作者なんだろうけど

  62. そのラインナップだとまるでヒロアカがLGBT漫画みたいじゃないかw
    いや実際ホモ臭いのは確かだが

  63. この作者さんの作品読むと、自己肯定感のあまりの低さ希薄さにぞっとする
    自己肯定感が精神の根底に栓として存在してないと
    息してるだけでも常に状態異常のハードモードになる
    自己肯定感は後から育てるのが困難だから…つらい

  64. なんか今更だな。
    出たのだいぶ前の気がする。

    続編は買わなかった。

  65. 作者にとっての成長過程を描いた漫画。
    親のせいにしてるとか、この作者は一生このままみたいなコメントがあるけど、人間の成長過程ってそれぞれ。
    子供のまま一生終える人もいれば、成熟して終える人もいる。

    で、親は子供の望む愛情を与えることは難しいもの。人によって持って生まれたものが違うから。
    同じように育てたはずなのに、上と下の子で全然違って育つとか一番分かりやすい。

    この作者は非常に繊細だったが、そこに本人が望んだ愛情を与えてもらえなかったのが一番の原因かと。
    でもそれは、親のせいでもないし本人のせいでもない。そういうものなのよ。

    これから、大人になるにつれて、自分で心の穴を埋めていけたとき、多分この作者にとって大きな一歩になると思う。
    その前に、この漫画を描けたことは、穴を埋める作業として大きな意味があったと思うんだ。

コメントする