kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本のSF作家「山本弘」が『JKハルは異世界で娼婦になった』を「現実的すぎる」と批判www【台湾人の反応】

   

271 コメント

SF作家の山本弘先生が話題の作品『JKハルは異世界で娼婦になった』を批判していたことが台湾でも紹介されていました。氾濫する異世界作品について考える台湾人の反応をまとめました。

SF作家が批判《異世界ライトノベルが酷すぎる》異世界なのに作者の想像力が足りないから現実逃避できない…

近年、日本のライトノベル業界では大量の「異世界作品」が書かれ、そしてアニメ化されています。しかしみなさん「異世界」と言いつつ全く”異”世界ではない、と感じることはありませんか? 日本のSF作家・山本弘先生が、Twitterで異世界転生作品に物申しました。彼は「せっかく異世界転生してるのに現実世界と似通った文化や習慣がある。現実逃避をするための異世界転生のはずなのに、作者の想像力が足りないために読んでいても現実から逃避できない!」とツイートしています。私も全くその通りだと思います…

日本のラノベが「異世界」ばかり行きすぎwww【台湾人の反応】
日本でも話題になっていたある一週間に発売されたラノベが異世界に偏りすぎていることが台湾でも紹介されていました…

異世界をテーマにしたラノベ原作アニメがたくさん放送されています!

アニメ好きの方々なら最近「異世界アニメ」が大量に増えているとことに気づいていると思います。1月開始のラノベ原作アニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』もその中の一つです。この手の作品の主人公はたいてい現実世界では何の特徴もない取るに足らない存在ですが、異世界へ転生するとなぜか他を圧倒するチート能力を獲得します。でも、この時さらにうんざりさせられるのは、その「異世界」が全くもって”異”世界ではないってことですよね。

話題になったライトノベル『JKハルは異世界で娼婦になった』

最近日本で出版された異世界ラノベ『JKハルは異世界で娼婦になった』は、その設定の斬新さから話題となりました。主人公の小山ハルは、異世界に転生し娼婦に身を落とします。この作品も他の異世界作品と同様にチート能力が授けられますが、それよりも気になるのは異世界なのに現実世界と変わらない部分があったことです。

日本のSF作家・山本弘先生は、Twitterで強く批判しています。

山本弘先生が批判しているこの作品の「異世界」ですが、所々、現実世界と変わらない部分があります。例えば、よくエッチの後にシャワーを浴びるシーンがありますが、異世界なのにシャワーの設備があるのでしょうか!? 山本先生は更に他の異世界作品にも言及しています。

異世界、異世界、異世界!!!

山本先生は、異世界作品の作者の想像力が乏しいため、現実世界から逃避したいのにできない、と指摘しています。それどころか、ラノベ作者自身が「異世界は現実世界と変わらない世界でなくてはならない」という不思議な信念に縛られてしまっているのではないか、と言います。

このツイートは日本のネット民の間でも激論となりました。皆さんは、この異世界作品の欠点に違和感を感じたことがありますか?

( ´_ゝ`)個人的には「異世界」が中世ヨーロッパ風じゃなければ良いかな…?

(^q^)でもいくら罵られようとも、異世界作品はやっぱり見たいですよね!

台湾人の反応

  • 異世界作品が増えてきたと思ったらやっぱりこの話題が出てきたね。異世界小説と言えば、KADOKAWAがライトノベルのコンテストの募集をした時に、異世界設定は受け付けないって話がなかった? この話ってその後決着ついたのかな? KADOKAWAは既にこの手の話が氾濫してて飽き飽きしてるって話だっけ? ライトノベル作家の人たちは新しい題材が見つかったのかな?
  • 山本先生と同じ意見だな。私も異世界を題材にした小説は軽すぎて、読みたい作品も無くなっちゃった。
  • 異世界転移ってあるけど、転移ってどういうことだろう。これだけでも現代社会の常識から見ると奇妙な世界設定だよね。ただ、この種の設定が多くなってきて、結末が予想できるようになっちゃったんだよね。何を書くにしても、その設定に意外性があることが大事だと思うし…。
  • 異世界転移なら『十二国記』がオススメ。すごく特別な主人公じゃないし、萌え系とかそういうのでもないけど、異世界に対する世界観はすごく綿密に考えられていてよくできてる
    • 『十二国記』は私もオススメ(つД`)
  • もう現代の作品は全て過去の作品のコピーでしかないよ…SFも同じ。完全にオリジナルな小説ってある? 山本先生も分かってると思うけど。
  • コピー作品は視聴者や読者も見飽きてるし面白くもなんともないよね。
  • 読み切り漫画を読んだことがある。異世界の勇者たちが現実世界に転送されて来るんだけど、凄く現実的だった。エルフは老化を始めるし、勇者は浮浪者みたいになってて、女戦士も娼婦に身を落としてるんだよね。
    • それってエルフは現代社会が出した残飯が身体に合わなくて、しかも言葉も通じなかったやつね(言葉が通じないのは普通だと思うけど)
  • 異世界=想像力。異世界だからって何でもありってわけじゃない。
  • シャワーの件は、異世界にポンプがあって水道管が通せる条件が揃っていれば不可能ではない。
  • 異世界の人って英語喋れるのかな?
  • いやいや、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』はユーモアもあるし面白いよ。しかも初期の3大作品のひとつ。
  • 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』は異世界ラノベの初期作品と言っていいよね。だから最近のコピー作品とは違うね。
  • そんなに深く考える必要あるかな?
    この手のラノベはカップラーメンと同じでパッケージ写真は良いけど中身は別物で当たり前。
    それに、全ての作品が必ずしも“現実逃避”を目的に異世界を舞台にしてるわけじゃないと思う。ただ作者が想像する不思議な世界を舞台にしたいだけだったり、あるいは現実を風刺するための世界観だったりもする。山本先生の考えだと『ハリーポッター』も失敗作なのかな?

    • ラノベの表紙ってそんなに重要?
    • 現実逃避だと思わせるようなストーリーって、たいていニートとか負け犬が別の世界に飛んでチート能力で無双するとかでしょ。問題なのは、そうした設定がすでに使い古されてるってこと。しかも、異世界はよくある設定を同じように使いまわしてる。カップラーメンに例えるなら、パッケージを変えても中身は一緒でまずいってこと。
    • ハリポッターは違うでしょ。世界観の規模や緻密さは他とは一味違うよね。
  • 『Re:ゼロ』みたいな作品を他と一緒にして批判しちゃいけないと思う。見る目がないと思われる。『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』も何年か前は特徴のある作品の一つだったし一緒にしないほうがいい。ライターさんはこういう画像を選ぶとき、慎重になって欲しいな。作品を見たことのない人が誤解しちゃうから。
    • 見たことがある人でも同じように思ったからね
  • 異世界っていうのは過去に戻るって概念なのかな。『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』は起承転結がなくて面白くなかった。キャラクター設定だけ良かった。
  • 異世界って主人公が急に強くなって現実逃避できる世界って意味じゃないの?
    • 記事読んでないでしょ?
    • 読んだよ。なんか違う?
    • 『Re:ゼロから始める異世界生活』からまず見たらいいよ。主役が何回も死ぬけど。
    • 今回の記事で言ってるのは現実逃避が不十分てことだよ。異世界に現実世界の設定が残ってるんだよね。
  • わたしが気になるのは、出てくる敵がみんな似たり寄ったりってことだね。オークは先進国家では繁殖できないのかな?
    • …オークが先進国で生きられないってことは彼らが人間より強いって設定はなくなったってことね…想像力の欠如の代表的な例は生物の法則を無視するってこと。
    • ちょっと補足すると、幾度かの大戦を生き残ったオークは意外と高い知能を持っているから成長しているよ! 進化してる! 数百年たって、オークは彼ら独自の経済、軍隊、教育、医療等を確立したんだよ。
    • そういう設定があたの覚えてるけど2chのSSじゃなかった?w
  • 異世界アニメっていったら、『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』しか見たことない〜
    • 凄くバカバカしいけど、超面白いwww
    • うん、すんごいアホ。でも本当に面白いw
    • ばかばかしいから面白いんだよ。少なくともこのアイデアは作者自身のオリジナル。
    • おもしろいよね
    • 『ノーゲーム・ノーライフ』も異世界って言える!?
  • 読者は日々の生活のストレスが大きいからこういう考えないで済む”癒し”が必要なんだよ
  • 好きな人は似た内容でも好きだよね。何も取り立てて批判する必要はない気がするけど。人によって重視する箇所は違うんだし。
  • じゃあ異世界でご飯を食べる話とかは? 斬新じゃない?
  • ラノベ作家「そんなに言うならSF作家が執筆すれば良いよ」
  • 『Re:ゼロ』も入っちゃうの?www でも『Re:ゼロ』の見所はスバルの成長だよね。異世界ってのは、ただの舞台設定に過ぎないからそんなに重要じゃないと思う…
  • ライトノベルは、元々娯楽的な要素が強いからそんな綿密に設定されてるわけじゃないと思う
  • 日本の異世界の設定はだいたい現代と中世を行ったり来たりって感じだよね。あとはエルフやモンスターに秋葉原のメイドと猫耳文化を融合して完成。ハイテクだったり、古代文明だったりを取り込んでたら少しは新しいかな。
  • 禁断の異世界を題材にしたものも既にあるしw
  • 萌え要素も恋愛要素もなくエロ売りすらしてないアニメといえば当然『幼女戦記』だね
日本のラノベ編集者「オリジナルモンスターとか作者の自己満足で正直ウザい」【台湾人の反応】
小説家の榊一郎先生がラノベの編集さんに「オリジナルのモンスターや亜人種は出さないでください」と言われたことが…
引用元:科幻作家怒批《異世界輕小說寫得有夠爛》逃避現實也需要一點想像力……

  関連する記事

日本人が選ぶ「最も衝撃的だった擬人化作品」→日本が擬人化したものが多すぎるwww【台湾人の反応】
日本の漫画家が「けものフレンズは教育テレビやドラえもんより子供にいい影響がある」と大絶賛して話題に!【台湾人の反応】
日本人が「子供に見せたい名作アニメ」を見た台湾人の反応
日本人がレーズンを食パンに載せてトースターで焼いた結果www【台湾人の反応】
台湾人「日本の高学歴ママのこだわり教育法が話題ですが、ここで東大首席のツイートを見てみましょう」【台湾人の反応】
台湾人「日本の少女漫画がもはやツッコミきれないレベルにwww」
日本のアニメや漫画で「ショートカットのヒロインは報われない」を見た台湾人の反応
日本で「四聖獣(青龍・朱雀・白虎・玄武)」と聞いて連想する作品で世代がバレバレになると話題にwww【台湾人の反応】
台湾人「日本人の就活ストレスが半端ないのは履歴書を見たらすぐ分かるw」
外国人が理解に苦しむ「日本の奇妙な文化的習慣」を見た台湾人の反応
日本のGPS絵師が描いた「超巨大な初音ミク」が壮大で凄すぎるwww【台湾人の反応】
日本人がトラウマになった「アニメ史上最も悲惨なバッドエンドの作品」を見た台湾人の反応
台湾人「日本のお父さんがLINEで送ったメッセージと写真が面白すぎるwww」
日本人が選ぶ「今だからこそ見たい昭和のテレビアニメTOP10」が名作だらけ!【台湾人の反応】

 - Twitter, アニメ漫画, 反応, 台湾

271 件のコメントがあります

  1. AVのタイトルみたいだな

  2. まったく同意できる
    異世界エロ書くなら普通触手スライムプレイぐらい書くだろ常識的に考えて
    普通に娼婦書いてどうすんだ、フランス書院にでもいってろ

    • いくならナポレオン文庫やろ

    • まぁSFとか言ってサイエンスじゃなくてワンダーで人気撮ってたりしたのも、過去のSF作家連中だしな。
      想像力とかの面ではまだどうこう言う資格はあるのかねぇ。

      つってもそれさえも、SFなのになんでスライムで触手で金星人はタコなのかと。
      そういう感じはする話だわ。
      SFだから現実世界の化学や文化の発展形として、現代文化的なモノがあってもある程度許容される世界でいた人が、異世界だからと同じようなポイントをついて唇を尖らせるってのは…

      ポテトとシャワーの話のように、程度の問題なんだろうけれどね。
      ただ現在の異世界モノの流れとして、過去のハイファンタジーやファンタジー系の剣と魔法の物語世界であまりにも適当だったり、魔法なんかを言い訳に現実と乖離した世界を経験しまくった人たちによる反発やリノベーション的試みとして、現実世界の中世などをベースにして「よりリアルに、現実的な異世界」を描写するような流れになったのも事実。
      そのなかで「より安易に平易に小説世界に浸れる」要素として、異世界設定で現代現実世界との共通性を増やしているのも事実。
      基本ルールの説明を省いて物語には入れるし、物語の起承転結や機微についても「よい意味で読者の予想に沿う」描写もやりやすいからな。
      ある意味で異世界の遅れた世界で、現代から転移転生した主人公が知識面や文化面、チート能力によってオレTUEEEするのもその一つだろうな。

      異世界世界は現実逃避のためっていうのなら、現実に出来ないことを、「現実的な異世界で行う内容」でもある異世界モノを現実逃避の一つとして認める必要はあるかな。

  3. 読んだことないけど
    作家なら作品で答え出したらええがな
    そんなこともでけへん老害は黙ってろとおもいました

    • 同感

      30年も小説を書いてるプロが
      なろうのシロウト小説にいちゃもん付けるなっての

      だいたい山本弘もフェブラリーでエロシーン書いてたじゃん
      30年も前にラノベの主人公ヒロインに手まんさせてたクセによく言うわ

      • いやいやいやww別にエロを批判はしてないと思うぞ。
        このヒトの最新作セクサロイド(要は精巧なダッチワイフ)がテーマだし、むかしからすけべえ隠してないし。

      • タイトルだけで脊髄反射するなよ
        エロはいいって書いてあるだろ

    • わりとコンスタントに作品だしてるベテランだわな。
      「こういう世界だったらこうなるな」という
      古典的なSF的興味でファンと作家やってる人だから
      ”まったく考えてない”作品や”わざとバカにするために理論を捻じ曲げる”人間が嫌いで
      空想科学読本とかいうあたま弱い人向けのサブカルゴミ本を批判したら
      なんかずっとあたまおかしいのにネットで粘着されとるな。
      まあ、通常運転。

    • 読んだ事ない奴が偉そうに批判するなよオマエ。

    • 読んだこともないのに、作品で答え出せとか~馬鹿なんかな?

  4. ジャンルが ” ねばならない ” とか言い出した時点でもう終了。

    • 今回の場合、「ねばならない」をやめろって言ってるのが山本サイドだろ

    • 編集者「読者に判り易くする為に、世界を新たにイチから作り直す事はせず、
      既に手垢が付きまくってるプロップ(ドラゴンとか中世世界)で構成され”なければならない。”
      読者が世界観に馴染み易くする為に、『異世界=(ゲームの)RPG世界』で”なければならない。”

  5. いや、異世界だぁ現実だぁ言う前に
    単純につたない
    山本さんはよく読んでられるよ

    • むかーし、ゲームのネタにならないかと
      「売春の世界史」とかいろいろ資料買って読んでたけど
      このラノベの批評批判とかネットで聞くと
      あきらかにそこですらないからなぁ…
      まあ、山本弘なら噛み付くわなw

  6. ラプラスの魔の人かな?
    しかしデスマーチは一応全部読んだけどどう考えても量産型異世界転生としか・・・

    • 石器時代にタイムスリップして横穴の中で暮らしてる原人達に、
      『ほぅら未開の蛮族ども、これが神の火というものだ。』って言いながら、
      ライターの火を見せてドヤ顔してるのがちょっと前の異世界ラノベ。
      最近じゃ『謎の力で爆炎魔法が使える様になったから見せてやる。』と、
      ドヤ顔で現地住民を焼き払って悦に入ってる無努力&安直系が主流。

  7. 流行りの異世界はステータス画面が出るゲーム世界だし
    ゲームが現実と同じって言ってるようなもん

  8. なんつーか小説からだからか知らんけど言葉で全部説明しようとするのが多すぎるのと、読む人の層を考えてなのか2chみたいな言葉遣いを多用するのを観ると萎えるかな

  9. もう出版サイドが小説をただの消費財としかみていないから……
    だから昔なら出版されないレベルの小説ですら出版される。
    初回刷って売れたら儲けものの自転車操業っすよ。

    • せやな
      作家を育てる必要も下手すりゃ担当者すら不要
      ゴミのような三文小説未満を拾ってきて、
      ピクシブの同人描きに外注すると

    • ネットガチャから引くだけで割といい小遣い稼ぎになるからな
      出版業界が目先の金に飛びついて中長期的に自分の首絞めてるだけじゃないかって気がずっとしてるが

      こんなことやっといて小説市場ガーって言われても失笑しか出てこない

  10. ディードリットの中の人か・・・何もかも皆懐かしい・・・

    • あたしにとっちゃ、と学会会長だけどもう辞めてんだね。
      このヒトのなんかよくわからない衝動に支えられた活動だったから、と学会がジリ貧になってて寂しい。

      • 本来の“「作者の意図とは別の読み方ができる作品」をトンデモ本として愉しもう”という目的を逸脱して、単に作者のバカさ加減をコケにする方向に走っちゃったからね。
        それでいて、盗作作家を祭り上げて利用されたりしてるんだから世話は無い。
        と学会がじり貧になっていくのも当然だよ。

    • 心はいつも15歳♪

    • GMに対抗心持ってて、物語中の罠発見や解除、回避に血脈を上げる嫌なプレイヤーだったって話。
      対抗心と言っても一般的な意味じゃなく、シナリオに対して隅をつつきまくる感じだったとか。物語の破綻はしない程度で、GMの思い通りの展開になるのだけは嫌だって感じで。
      宝箱に罠があるだろうから、棒で突いてひっくり返して底を斧で破って中身を出そうとか。
      後年のSNEの出したネタ的ファンタジー本にそういうのあったのを思い出すよ。

  11. 最近は少し人気があったら出版されますから、設定がおかしい小説も確かに多いです。
    その中から良い作品を選び購入するのも、読者の腕の見せどころなんでしょうね。

  12. 異世界を舞台にするのは現実をよく知らない引きこもりでも書けるからじゃね?

    • むしろ現実を知らないヒキコモリでないと
      羞恥心に負けて書けないレベル

  13. 一番大事な部分にアイデアがないって結構致命的だよな。ハイファンタジーやSFはいかにして自身が考えた世界を読みやすく説明するかってのが常に立ちはだかる壁であった訳だし

  14. 異世界転生に限らず、そもそも最近のラノベなんて全ジャンルそんなもんだろ
    今や想像力の欠如した才能の無い人間が行き着く果てと化したんだからさ
    そんなゴミ溜めみたいな場所に文句言ってもしゃーないわ
    あと最近のラノベ読者は馬鹿だから設定とか凝らない方が売れるわけで
    「オリジナルではなく、ゴブリンとかドラゴンとか”誰もが知ってるモンスター”を出して」
    と榊一郎が編集から言われたのも有名な話だろ
    想像力が無い上に編集からもこう指示されるんだから、そらそうなるわな

    • 小説としての中身に関係ないマクガフィンで無駄に名前にこだわっても意味がないでしょ。
      読みにくくなるだけなんだし。
      例えば異世界なんだから度量衡も当然違うと言って、全部単位を独自の物に変えたりしたら、ものすごく読みにくくなるだけ。こだわるのはいいけれど、こだわるポイントを間違うと誰も得しない。

      モンスターの名前なんて、どうせ異世界で話しているのが日本語でないんだから、現地語でホニャララ、日本語で言えばオーク(元は日本語じゃないけどw)だと思えば問題ないわけで。
      生態が特殊で、それがアクションやストーリーを盛り上げるのなら、いくらでも描写にこればいいけど。

      • そんな糞みたいなオヤクソクしかやらないから作家も読者も糞みたいなのしか残らないんじゃん

        • つっても厨二病やノムリッシュみたいに独自ネームや独自表現ばっかの作品出されても困るだろ。
          程度の問題かもしれんけれど、最近はそういう傾向が人気あるってだけだろ。
          そのうち既存の作品に飽いた奴がアンチテーゼ的な作品や、逆転の発想アイデアを基にした作品とか、揺り返しが出てくるのがよくあるパターンよ。
          ハイファンタジ―に対しての近未来作品とか、ビルディング物語に対してのスレイヤーズ的俺TUEEE主人公とか。

  15. 好き嫌いはともかくだ
    タイムパラドックスを使って3年前という異世界と現在を行き来する少年と、三年後という異世界と現在を行き来する少女を描いた「君の名は。」は、異世界ものを読んでも現実から離れられない現代人に優しい作品だったんだな

    • あれは異世界ではない。
      あんた根本的に間違ってるぞ。

  16. ほぼ同意見だが一点だけ、
    >「異世界は現実世界と変わらない世界でなくてはならない」という不思議な信念に捕らわれてるってことなんだよな。
    これは、捕らわれてるんじゃなくて、単に著者の想像力が乏しくて、現実の写し世でないと物語を作れないだけでは?

    まぁ、個人的にはレベルの低い小説がいくら世に蔓延ろうと一向にかまわんが、そんなつまらない作品を次々アニメ化してる現状は、業界ちょっと頭冷やせよとは言いたい。

    • 頑張って一話は見る派としては、撒き餌にもならないゴミが多すぎて
      睡眠不足でキレそうになる

  17. そういうのを望んでる読者が多いんだってね
    オリジナルな世界なんて理解するのも面倒だしテンプレ的な世界で魅力的なキャラがいて話が面白ければそれでいいと

    • ぶっちゃけ文字と言葉だけで表現するとなると結構オリジナルを語るってのも手間も語彙力も要るからね。

      できるならやればいいけど素人にやられると読み手が困る。

  18. 異世界批判するなら
    次のトレンドはなにかくらい代案を言ってくれや

    • 異世界自体は別にいいんだよ
      異世界なら世界設定を作り込めと
      異世界である必要性がないなら現実でやれと
      羊頭狗肉な有様だから批判される

    • 代案だせって紋切型をエンタメの批評に当てはめるのはアホっぽい
      妥当な代案なんて既に手垢まみれだし、新機軸で一発当ててみろなんてつもりで対案をとか言うのは自分が何言ってるのかわかってないわ

    • そういう批判じゃないと思う。楽屋裏が丸見えみたいな芝居するなって、言ってんだと思う。

    • 関係あらへんwww

  19. 同じ世界のが安心するだろう。
    もし全くの異世界だったら、ライトノベルでは重すぎる。ラノベは軽くないと。書き手も読み手も楽してこその装置なんだから、異世界は現実でなければいけない。

    • もしそうなら、異世界を選ぶこと自体が間違ってる

  20. 人それぞれ好みの違い。
    想像力の足りない読者には読みやすい。

  21. こりゃ学芸会の素人芝居が楽しめるか否かみたいなもんだと思うがね。

    >僕は異世界にポテトがあるぐらいは許せるけど、シャワーは許せない。

    気になると、ポテトやトマトや煙草があって唐辛子まであったりする異世界は許せないと思うがね。実世界でも新大陸発見以前は南アメリカにしか存在しなかったんだし。
    鉄が在るか、蒸留酒が造れるか否か、車輪は、一神教は存在するかとか異世界ものは、世界史の知識が、無駄にあると素直に楽しめないかも。

    • パワーワード
      「その昔異世界から来た勇者がこの作物(製法)を広めて行ったんだよ」

      • 製法広めようが実際に製作運用するには社会基盤いると思うよ

    • なんとなく、「新世界発見まで世界には存在しなかったのに、新世界に存在する理由が説明されてないか、不条理だ」って言ってる人を幻視してしまうw

      異世界において新世界的な場所だったとか裏設定があったとして、作品的にはその場所だけで話が完結するなら、いちいち描写もされない必要もない異世界の他の大陸や国の設定を書く必要もないわなぁ。

  22. 異世界が地球同等かそれ以上ならシャワーあっても可笑しくないし、以下でも別に可笑しくもない、表紙見るにクソ文明でもなさそうだし

    • それなら異世界でなくてても
      拉致られて東南アジアの何処かに売られたって設定でも同じだと思うが?

      • それだと東南アジア地域の批評になりかねないし地域的な価値観も描かないといけなくなるし
        異世界は誰のものでもないから、自由に決めれるという利点

        • おっと重要なポイント。実在する民族や文化や宗教出すとメンド臭いことになって作者から出版社まで顔出して謝る羽目になったりするからね。これだけ特定のジャンルが流行るのは、ウケル以外の理由もあるわな。

          • 後、編集側で読者が取っ付きやすいように既存の(エルフとかドワーフとかの)もの以外の異種族を出さない様に制限かけたりしてるらしい

        • じゃあ最初から架空の世界で架空の集団に拉致られたで良いなw
          きっと問題はそこじゃなくて、異世界要素の必要性でしょ。
          作者が異世界に主人公をぶっ飛ばして何をしたかったのか、何をさせたいのかって所が判らない、存在しない=異世界要素が蛇足になるってこと。

    • 水はどこに貯めて誰が配管して管理し費用はどこが出しているのだろう。
      王宮の高級娼婦になった設定ならともかく中世っぽい異世界の
      普通の街娼婦が桶の水で体拭く以上のことができたら
      俺も読んでてふつうに驚愕すると思う。温水シャワーでたら即死できる。
      「この世界はどういう世界なのだろう?」という思考の視野視界の問題なんだよ…

      • 結局、疑問に思って考えたときに説明できるようなのを書いてくれって言ってるんだよねぇ
        昨今の作品はオーパーツが多すぎて辻褄が合わないのが多すぎる

      • 蛇口の構造や美術一つ取っても、それを作り出した生き物の文化が色濃く出てるんだよなぁ。

  23. >「異世界は現実世界と変わらない世界でなくてはならない」という不思議な信念

    それ信念じゃなくて作者の能力の限界なだけだよw
    異世界どころか外国を舞台にできるかどうかさえ怪しいレベルのポンコツ作者ばかり

    • 遠回しな皮肉かもね
      個人の変なこだわりを「それってどういう宗教?」って聞くような

  24. 読んでないけどシャワーの件は、魔法がある世界観なら火や水の魔法を扱える
    奴隷が裏でお風呂番として働いているとか、
    シャワーの設備も過去に転生者が居て広めたとしたら100%あり得ない設定ではないと思う。
    ネット通販が出来る作品もあるくらいだし、気にしたら負けだと思う。

    • いや、それむしろその火と水の魔法使えるお風呂番の奴隷を主人公にした方が面白い話書けそうw

    • 読んでないけどその設定が書いてあるなら山本弘もそこまで文句言ってないと思う
      書いてないし他でも説明されてないんじゃないかな

    • 冷水の魔法使えるようなのがシャワー役にされるくらい数いる社会なら相当生産性ありそうだな
      中世すっ飛ばして近世近代余裕でしたってレベルになりそう

      • 異世界食堂だったかな。
        砂漠にすむ民が、必要から水を作るためにも魔法を習得していて、国民のほとんどがちょっとした魔法を使える国とかあったな。
        普通にラクダ乗ってたり、現代料理食って驚いたりする昔風の砂漠の民だったけれど。

  25. 異世界転移もの?の作者は体感型ファンタジーRPGから出られなくなった話のパロディを書いてるんじゃないの?
    異世界を書くつもりはさらさらないんだと思ってた

  26. 異世界の人間の価値観も海外の人と話した時よりカルチャーショックを受けないぐらいだしね

  27. 要するに異世界転生という設定に可能性を感じていて、それが極端な商業主義に潰されている現状を勿体ないと言ってるわけでしょ。
    ラノベ作家の資質はいろいろだろうけど、出版社サイドが「この程度の読者にはこの程度の小説で十分。」と考えてるのが見え見えでちょっと悲しくなるな。

  28. 世界観の構成はたしかに大事だし、そこが面白さでもあると思う
    昨今の陳腐化したラノベは圧倒的に知識が足りない
    しかし、だからといってリアリティにこだわった作品が面白いかというとそうでもない
    作者の自己満足でしかない

    • それでも異世界に転生してチートして現地民転がして美少女ゲットだぜ!な自己満よりはマシだと思うのよ

      • 哲学的映画を見るか、ハリウッドB級アクション映画を見るかの違いじゃね?

  29. 異世界物の言語は一体どうなってるんだろうとは思う
    なんか共通言語しゃべってるの多いよな

    • まず最初にそれが気になるよね。当たり前のようにでてくる亜人だの集団をつくるモンスターとか言語が同じになるはず無いし。

    • 神様に逆らわなかった世界なんだろう
      バベルの塔は作られなかったのだ

    • 神さま(作者)が言葉を与えているから、かな?

    • 神様が作者に言葉(知恵)を与えなかったんだろw

    • それ描写すると、言語習得を長々と書くか、言語習得部分をすっ飛ばして世界に馴染んだ後の話を書くかになっちゃうんじゃね
      そもそも異世界に飛ぶってコト自体が極めて不条理な妄想なんだから、ある程度すっ飛ばすのは合理的だと思う

  30. はあ・・・
    案の定、シャワーの仕組みがどうこうとか
    ズレたこと言ってる人達が出てくるな

  31. とりあえず、異世界が中世的なのから変えてくれ。
    例えば、スタートレックのボーグみたく、
    ワープまでする地球の科学力でも太刀打ちできない技術差がある世界でも異世界だろ???

    • こういうのは俺TUeeee(見下しプレイ)できなきゃ面白くないんだろね

    • 紺碧の艦隊の後世世界だって、立派な異世界だしな

    • それ別のトコでも話したが
      「平成生まれを60~70年代に連れて行っても異世界以上に理解不能」
      だとw

  32. シャワー、銃、刀、せっけんとかそういうのなら
    別に構わないと私は思うけど他の作品をそのまま 
    例えばドラ●ンボールの界王拳やドラ●モンの四次元ポケット
    とかこれをそのまま自分の小説に書いている人がいるのが受け付けない
    見つけたらどうしても読む気が失せてしまう

    • そういう時は通報すれば良いよ

    • >ドラ●ンボールの界王拳

      レイズナー「それとスカウター、私んトコのパクリなんですがそれは」

  33. 現実逃避が云々は置いとくとして
    異世界モノで唯一作者のオリジナリティが出せる世界の構築すら手放したら
    何が楽しくて書いてるのかね?って感じだわね
    単に手っ取り早く金を稼ぎたいだけなんだろなきっと

    • そうそう、山本氏にとっては冷蔵庫に材料たっぷり、使い放題のシステムキッチンでカップめん食べてる人みるような気分なんじゃないのかね。

      • そんな考えの人がシャワーなんて小道具に言及するかね?

        • 割りにハード寄りのSF畑のヒトだから、シャワーを成立させてる潤沢な水資源と燃料供給、衛生観念の発達してる社会が描けてるかは気になるんじゃね?昔の売春は性病媒介元だし。

          ちょっと尼見てきたら、中世風の社会が舞台らしい・・・シャワーはよほど上手い理屈考えないときっつくないか?

          • 「中世といっても何年?」って話にもなっちゃうけどw
            シャワーはマリーアントワネットが「自分のためにベルサイユ宮殿に(後付けで)作らせた」って話がわざわざ残ってるレベル(当時のフランスには存在しなかった&温水が出るシャワーはオーストリアの王族は使ってた)なので…
            場末の娼婦がシャワー使える中世って…正直想像できないw(現実の中世欧州のような疫病の大流行がなければ街中に公衆浴場が普通にある…とは思うけどね…)

    • なろう作家の根っこはyoutuberとかと一緒なんじゃないかと思ってるわ
      金ってよりは自己顕示とか承認欲求とかの方じゃないかと

      無論、書きたいものを書いてる人もいっぱいいるけどね

  34. むしろシャワーなら許せる

  35. 山本弘のソードワールドも凄いくだらない駄作だけど、他の作品は
    SFでこの人はSF畑の人だからね~
    ラノベは消耗品、ほとんどはテンプレの約束であまり設定とか
    指摘しても仕方ないと思いますよ  日本刀で何人切れるかとか
    実際はなんだろうみたいなことなので

    • swでもリアタイで見てたサーラの冒険は個人的に名作。
      逆にSFはうけつけなかった
      でもこの人の出すヒロインは毎回似たり寄ったりなんだよねー

      • サーラの冒険は2巻までは好きだったな-
        SW短編集でもジェライラの鎧とか俺はかなり好きだよ

  36. まぁ現実味のある内容だと暗くなっちゃうな
    中世あたりだと階級制度、民族主義で仕事ないし、迫害されるし
    治療薬なんてのもないから感染症ですぐ死んじゃうだろし、逆に持ちこんだ地球の細菌で
    パンデミック起こすだろし
    リアリズムを追求すると異世界モノは書けないだろな

    • (異世界ものじゃなくてタイムスリップものだろそれ)
      異世界ものを描きたい人が書きたい部分を考えろ。

    • それって変にリアルなだけで小説に必要な部分のリアリティじゃないと思うよ
      シャワーがあるならこれだけの社会資本があって、生活はこんな感じになるって部分が必要なリアリティじゃない?

  37. アニメもマイクール複数の異世界ものがあるあし。もう食傷気味。
    この冬アニメは、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」「メルヘン・メドヘン」か。

  38. 異世界に行ったのは主人公だけではないし、その人達が現代風の文化を伝えていてなにが悪いのか

    オーバーロードでも800年前や600年前に出現したものたちが広めた文化が根づいてるという設定だ

    • 異世界設定に意味なんてねぇなwww

    • だからその設定を理屈がつくように作品内で出せってことだろ
      水道があるなら関連技術があるはずだし街中の描写なりなんだりで書いてりゃ良いだけ

    • オーバーロードは設定がしっかりしてるし、異世界であることを生かしてる。ここで持ち出すのは不適当だろ。

  39. 確かにたまにはハイファンタジーに振り切った作品もいいと思うけどね
    どうにも主題がブレるし作者に力量がないからおなじみの世界になってしまう

  40. なろうでの転生は主人公だけじゃないってのはよくある話
    いまやっているデスマーチでも勇者は定期的に召喚され続けてるし転生者もいる
    頭の固いジジイたちがこんなの認めないとか言うのって薄ら寒いだけ

    • よくある話しか書けないのね
      知恵無し経験無し実力無しのクソラノベ作家では他人の真似事しか出来んわな・・・・

    • 作者の力量が低いんじゃね?
      うまく説明できないから「過去に転生した人間が広めたことにしよう!!」
      ってだけだと思う。もちろん他に転生者がいることで話の幅も広がるから
      悪いとわ思わないけど。世界観を構築するためには相応の知識も求められるからね。

  41. 作者がって言うけど
    出版社や編集の段階で口挟んでくるから
    これはだめあれはだめ
    だからどんどん縛りがきつくなって
    しょうもないものにしかならない
    っていうおち
    作者だけが悪いわけじゃないよ

    • だったら同人で商業越えるの書いてみろよ。甘ったれた事を言ってないでさ。

      • 同人と商業じゃ、広告力や資本力で違いがでるからなぁ。
        たとえ凄い面白いのを書いたとしても知名度で負けるのよ、悲しいね……。
        しかも小説の同人とか、まず手にとって貰える事が無いしね。

    • ちゃんと面白くてオリジナリティのあるものをわざわざ潰して
      凡庸なものに直させる編集者なんてそんなにいないよ
      (ゼロとは言わんがよそ行けばいい)
      編集者に直されるのは「つまらない」からでしょ
      ごちゃごちゃして分かりにくい一人よがりの設定がNGになるのは
      そりゃ当然だ

  42. ハイファンタジーって十二国記並じゃ無いと認めないぞ
    中世ヨーロッパの歴史をそのままもちこんでちょっとアレンジした
    めちゃくちゃ退屈な戦記物とかやめろよ
    あれ歴史の教科書よりつまんないから

    • そういえば皆がこれはしっかりしていると言える
      異世界ファンタジー教えてくれんか?
      皇国の守護者とベルガリアードしかまともによんだことないんだけど

      • 漫画ですまないが、『メイドインアビス』読んどけ。

      • 皇国の守護者はもう続き絶対でないのが悲しいわ

        有名所ですまんが国内だと精霊の守り人と上でも出てるけど十二国記は鉄板やな
        これはマジで読んどかないと人生損するレベル
        ちなみに、2作品ともNHKでアニメ化されてるけどどっちも名作に仕上がってるよ
        アニメ見ない人でもオススメ

      • 皇国の守護者や十二国記に比べるとちょっとゆるいけど、妹尾ゆふ子の翼の帰る処も結構好き

    • 精霊の守り人も混ぜて。

    • 中世ヨーロッパを、例えばホイジンガや阿部謹也などを読んで構築した世界観のライトノベルなんて存在するの?
      小説で言えば、ウンベルト・エーコの薔薇の名前とか(修道院内だけの話だけど)
      そこまでいかんでも、歴史小説としての佐藤賢一のフランス中世ものくらいの
      中世ヨーロッパ風のJRPGゲーム世界の模倣が、ライトノベルの中世ヨーロッパってかんじに見えるのだけど

      • 傭兵ピエールって面白そうンゴねぇ ありがとう

        • 佐藤健一だと傭兵ピエールもいいけど直木賞取った王妃の離婚や中年になった三銃士のダルタニャンとシラノ・ド・ベルジュラックが出てくる二人のガスコンもオススメ
          おっさんの胸が熱くなるいい作品やで

          山之口洋のわれはフランソワも良かった
          ならずもの詩人の小説だけど、詩のオリジナル役が挟まれるタイミングと訳が素晴らしい出来

  43. タイトルが生々しいなww

  44. 異世界であって発展途上国じゃねぇんだが
    タイムトラベルで原始時代に行ってシャワーあるのおかしいとかなら分かるがこの批判は無理矢理過ぎだろう

    • 川水汲んでる連中の隣で「特に理由もなく」蛇口ひねってたらおかしいだろって話

  45. モンムスの風俗レビューのやつは面白かったで

    • あの人が書いてる「貞操逆転世界」もおすすめやで。
      天原はホントああ言うのうまい

      • 世界設定というか、作品世界の雰囲気や空気を作品内で伝えるのがうまい感じ。

        山本的に言えば、性関係の逆転だけでそのほかの世界設定ガバガバすぎとか言われるだろうけれど。

  46. 現実的?客の名前がマエカワキヘイとか?

  47. 話が逆なんじゃないの?ライトノベルって読者の知識に合わせて話しつくってんだろ。
    この人こそラノベ読者の知識レベルに合わせた縛りで面白い話し書いてみたらどうか。

    • そんな高尚なレベルの作者なんていません

      • >そんな高尚なレベルの作者なんていません
        まあ要するにこの山本某がラノベ作家に対してそう煽ったという事なんだろうけど。
        じゃあ逆に高尚な作家が実際に縛りありでラノベ読者層の心を掴む作品が書けるのか、という興味。

    • ラノベ作者読者:図書館技能5%以下=Wikiまでは使うが裏取りはしないレベル

      なろう作者読者:図書館技能1%以下=しらべものって何?レベル

      チンパンジーに通貨教える方が可能性ある

      • 調べるには時間がかかるからな。
        副業作家はそんなことに時間をかけたくないのさ

        • 検索一発5秒でわかるようなのも多いけどな

          • 実はそういうのって、気になるか気にならないかの問題だと思うわ。

            重箱の隅とかいう表現もあるし、気になった人からすれば検索数秒で出る答えだとしても、書いてる本人やファンからすれば「初めからそこが気にならない」から、検索することさえあり得ない。

            専業だったら資料確保とか言って経費申請とか編集の協力とかも得て、色々網の目の細かい調査やその必要性に至るかもしれんけど、もともとがネットの素人個人発表の場所に出してる作品だしな。

  48. ラノベってオリジナルのモンスターや独特の設定作って出そうとしたら担当編集からそういうめんどくさいのは禁止って言われちゃうんだそうだぜ
    もっと自由にしろなんて山本弘くらいベテランだから言えることで、ペーペーにはそんな自由は許されていないんだよ
    制限された設定のツマラン作品ばかりだと思うならたぶんそれは作家ではなく出版社のせいだと思う

    • 小説家になろうって担当編集とか付くの?

      • 出版前に一応校正作業とか言って、作品のリメイクとか要請する場合もあるし、内容的に個人がネットに上げた作品なら問題ないけれど、出版作品としては問題のある個所とかの訂正指示とかはあるらしいよ。

        該当作品が完結してりゃその程度だろうけれど、完結してなくて人気作なら、その後の続編について編集とかが口出ししてくることもあるだろう。
        編集側からすれば、自分たちの売り込む作品になるわけだし、丸ごと全部作者に丸投げみたいな印刷作業員みたいな編集はあまりいないだろう。
        編集にしてみてもなろうで拾ってきた一発屋切り捨て候補だとしても、爆死されては社に損害出るし、うまくやって人気シリーズになれば大儲けできるんだし。

  49. もし、不思議な力で召喚された先が、地球よりも重力の高い惑星で、気温も高く、周りにはたこみたいな異星人しかおらず、言葉も通じなかったら、全く共感できないし、パニックを起こしそうね。そんな過酷な環境で主人公はどう生き抜くのか。主人公の苦難の道のりが今、始まる――結構面白いかも(あれ?)

    • ラヴクラフト作品みたいになるかもな

      • その場合は
        「主人公の脳みそは鉄の缶詰に封入された状態です、がんばれ超がんばれ」
        になるんだがw

  50. まあ、異世界のリアリティをどれだけ読者に実感させられるかは、作者の創造力・力量次第だわな。

    ただ流行に乗りたかったり、多少の目新しさを付与したいが為に異世界モノを書いてる様な人達に、創造力なんて期待してもしょうがない訳だけど^_^

  51. 作者が考えた都合の良い世界が異世界なんだからほっとけよって言うか
    それはそれでちゃんと異世界だろ

  52. 何を批判されてるのかさえ理解できず、的外れななろう擁護始めちゃう人は知能程度が知れるな

  53. パヨチンの、
    パヨチンによる、
    パヨチンのための社会になっている異世界に
    女性憎悪に燃える好戦的国粋主義の発狂保守者たちが
    転送されて、
    そこで様々な差別と迫害を受けながらも
    和菓子屋として大成するラノベが読みたいんだが。

    • 「ハ-レー乗ってて調子にも乗ってた和菓子屋の息子の俺とダチらの
      戦地に送られた師団は1週間で10倍の敵戦力を打ち破ります」

      それ俺のじーさんやーん

  54. JKハルは途中しんどい場面もあったけど、独自の持ち味があるよい作品だった。
    そもそも一度も異世界に行ったことがない人間にリアルな異世界を書けを要求するのは無理があるだろう。
    異世界は現実とはかけ離れていなくてはならないという固定概念こそが作品の幅を狭めているのでは。
    現実にはあるけど、異世界にシャワー(的なもの)があるはずがない!ってバカにし過ぎ。
    異世界はピンキリ。丸っきりアリエナイ世界も現実のようでいてほんの少しだけおかしい世界も「異」世界ですよ。
    SF作家さんなら、もっと自由で寛容な発想で新しい世界を開拓してくださいな。

    • 言ってること訳わからんぞwww

    • SF作家だからこそ辻褄、理屈が合わないのが許せないんですよ

      • 海外の名作SF作品じゃ、宇宙人の子供は生まれた時からすでに頭だけが成人していて、体は赤ん坊っていう設定もあるぞ。
        腹を痛めて生んだのか試験管ベイビーなのか、宇宙人的なアナザーなのかは知らんけれど、その辺理屈とか整合性、辻褄とかあるのかな。
        地球人が宇宙に行って宇宙人相手に無双したりする作品だけど。

    • >>現実のようでいてほんの少しだけおかしい世界も「異」世界ですよ。

      それならほんの少しだけおかしいところにフィーチャーして話を作らないと、異世界ものとしての個性が出ませんよって話だろ

    • >一度も異世界に行ったことがない人間にリアルな異世界を書けを要求するのは無理があるだろう

      野球やってない人には野球小説や漫画はかけないとでも言いたいの?
      あるいは殺し合いしたことない人には殺し合いの機微みたいなものがかけるはずがないと?
      一生童貞処女でも素晴らしい恋愛小説書く人だって当然いるし江戸時代に言ったことなくても素晴らしい時代小説だって書ける人はいるよ
      当然リアルな異世界に言ったことなくても書ける人はいると思うわ、実際十二国記とか設定は結構突飛だけど世界設定にきっちり人間がのってて説得力あるしね

      この手の経験至上主義的な考え方はあまり好みではないな-

      >異世界は現実とはかけ離れていなくてはならないという固定概念こそが作品の幅を狭めているのでは。
      現実にはあるけど、異世界にシャワー(的なもの)があるはずがない!ってバカにし過ぎ。

      シャワーがあるはずがないなんて話ではないような
      シャワーが使われてる背景にあるはずの社会(経済規模や生産力)みたいなものが感じられないからこういう批判が出てるんじゃないの?
      この作品は読んでないからよく知らんけども、例えば首都や大都市が人口が精々数万から10万規模の世界で理由もなくインフラが無駄に発達してたらなんで人口こんなレベルなん? って疑問湧くでしょ?

      魔法が使われてようが説得力あるならこんな言い方はされないと思うんだけどな

      • シャワーそのものはそれ相応の技術があればできるが、そもそも水道があって一般人でも利用できるレベルなのかとか、なんか魔法で都合よくやったとしても娼館レベルごときにもあるほど普及してるの?とかそういう背景があるべきところを考えてもないってことだわな

  55. シャワーは単なる例えでしか無いでしょ。
    そこに拘っても本質が見えなくなるだけだよ。

  56. 別にまあ異世界だからシャワーがあったらおかしいってのも変な批判だとは思うが娼婦ネタメインでってんなら確かにわざわざ異世界行く必要ねえだろって話になるのも分からんではないわな
    これ要はシャワーが悪いんじゃ無くて話の内容が現実世界で十分なモノを流行りに載せて無理やり異世界混ぜようとするなって話じゃない?
    何だかんだ異世界モノでもヒットするのは舞台がちゃんと異世界である必要のある物語であって単純な不条理モノならぶっちゃけ現実舞台で十分作れる代物だからシャワーに反応しちゃうんじゃないかな?

  57. 昔好きだった作品書いてた人だからしばらくツイッター見てたんだけど
    政治ネタ多すぎてフォロー切ったわ

    • 自分はトンデモ本で南京の「虐殺」数とか語り始めた頃から敬遠してたけど、ツイッターはそんな感じなんか。

      SW短編集(ジェライラの鎧ほか)、サーラ、サイバーナイト、フェブラリー、ギャラクシートリッパー、ラプラス、パラケルスス、昔はちょこちょこ読んでたな。

  58. 山本弘が老害になったことの証拠だな。
    異世界モノが非現実的すぎることに対する
    アンチテーゼというか相対化というか自己批判というか自虐というかパロディというか、
    そういうニュアンスでやってんでしょ。

  59. リゼロ(アニメ)を見た時にこれはすごく思った。
    異世界の設定が適当すぎて、なんか都合良い所だけ異世界ぶってるけど殆ど現実世界の常識で動いてるよなって感じ。キャラもそう。
    そういう「軽さ」が無料のweb小説では気軽に読めて良いのかもしれんがアニメになると気になってしまう。

    • 世界設定以前にキャラ設定がお粗末過ぎ 
      主人公=ガイジ ヒロイン=テンプレ

  60. 異世界=ご都合主義
    ディテールに必要な教養が必要なくなるので書き手のハードルは下がる
    ただ、これは作者だけの問題ではなく、読み手のレベルに適応した結果
    映画、音楽も同様。消費者の程度が低ければ市場の程度も低くなる

  61. と、ここまで山本弘の老害をたたきまくってきたボクですが、
    JKシャワーはクソラノベっていうか、
    「お前の頭の中、宮台の円光ワールドかよ。90年代でもそれ頭イッテるファンタジーだよ。
     おっさんが無理してJKのこと知ってるよアピールすんの、もうキツいからやめて」
    って感じであって、現実世界がどうたらこうたらっていう、そんな話じゃないんだよ。

  62. その設定にこだわった結果がSFの衰退だよ・・・。
    独自世界観は面白さと全く関係無い処か、逆に読みたく無くなる要素でしかない。

    • 結局客がバカになったから売る方もそれに合わせてるってだけだわな

  63. 根本はSFやファンタジーではなくシンデレラストーリーなんだろ
    だけど現実で這い上がるのはあり得ないとか無駄な現実主義が働いた結果、異世界ならってことになったのが異世界転生
    肥大した他力本願と無駄なプライドと人目を気にする小心さがせめぎあう典型的な卑屈キモオタ専用ジャンルってだけ
    むしろ現実と近い世界が求められてるんだから、一般人の目線でツッコミ入れても無意味

  64. 手放しで賛同したいけど先生の「プラスチックの恋人」も結構おもんなかったッス……

  65. タイトルで偏見かと思ったが、言いたいことは分かる。
    異世界物として描く意味がないんだよね。

  66. でも異世界への逃避でランキング上位が最強主人公、ハーレム小説ばかり

  67. 需要があるから出てるんだろ
    母数を減らして読者に得があるか?
    ハズレを引きたくないなら評価の高い奴だけ読んでろ

  68. いや論点そこじゃないっていうか
    シャワーがある理由も読めばわかるのに
    名指しで批判した理由が「同じ早川で同時発売の僕チンの作品より
    JKハルばっかり早川は力入れて宣伝してる!こんな作品が僕チンのより
    売れる日本はおかしい!こんな作品ありきたり!100Pまでしか読んでないから
    舞台がハル以外の地球人が過去すでに何人も行ってる世界だとか
    植物系だからファンタジーぽいけどそっちのテクノロジーが凄い世界とか
    知らないもん!」

    だったから総フルボッコされたわけで…
    つーか同時発売で売れなかったからって、同じ出版社から出た
    作品の営業妨害するとか頭おかしすぎるだろ

  69. 異世界転生物が嫌いで、現実逃避してもいいことなんか無い、って意味で書いてたりして
    読んでないから判らんけど

  70. 読者の大きなパイが理解しやすい言葉で、共感、支持される作品を書こうとすると、テンプレのようなものが出来上がる
    その下地の上に作ると、現状のような作品群になる

    だから、色々なことを知っている識者(母数が少ない)がその辺にダメ出ししても、大多数の読者にとっては「そんなことどうでもいいポイント」で、むしろ省略したほうがよかったりする
    なろうも、ランキング上位となるとそういう多数の読者の支持を得ないといけないわけで、どうでもいいポイントに拘った作品とか容赦なく見向きもされないで埋もれる

    制作発表の場であるなろうでの採点システムにのっとって、現在のテンプレが形作られたわけだが、なろう上位の作品が商業化に際し実際に金になるのだから、読者参加型の真っ当なシステムなんだろう
    識者が書くそれなりの設定の作品は、それなりのレベル以下の大多数の読者は解読不能な異国後の書物であり、なろうでは決してランキング上位になることは無い
    プロだったらなろうで作品を発表して、ランキング1位を取って作品で範を示してほしいものだ

    • なるほど、筋の通る説明だ。
      良くも悪くも現代人に適応した市場なんだろうね。
      自分は最近の異世界系があまり肌に合わないが、売れてるって事は長所があるわけで、そこは認めないといけないと思った。
      大衆文化はいわゆる完成度の高さよりも流行り(今旬なポイントを抑えているか)の方が重要で、異世界系はそこを抑えた構造なんだろう。
      もちろん流行りも完成度も備えているのが理想だけど、どちらかを取るなら流行りの方が重要なんだろうな。
      このJKハル〜とかいうタイトルも明らかにトレンドを意識した感じだし、実際それは購入者を惹き付けるパワーがあるからね。

    • 結局「そういうのが売れてるから乱発する」って事なんだよね。
      そう考えると職業作家としては中々辛い面もあると思うわ。
      なろうを見ていると思うのは『物語が読みたい』というより『超カッチョイイ主人公の追体験してカタルシスを得たい』という感じなんだろうなーって思う。
      ただもう、異世界モノも終りが見えてきてる感じ、次のトレンドはなんだろうなー。

      >>識者が書くそれなりの設定の作品は、それなりのレベル以下の大多数の読者は解読不能な異国後の書物であり、なろうでは決してランキング上位になることは無い
      >>プロだったらなろうで作品を発表して、ランキング1位を取って作品で

      答え出てんじゃんw

      • 今の似たような粗製乱造っぷりは間違いなく崩壊への道のりだわな
        なんちゃって異世界ものの巻き添えで本格的な志向のものまで消えなきゃいいけど…

        • カルチャーの勃興としては、よくある衰退期ってやつか?
          誰かが面白いものを見つけて騒ぎ、才能あるやつが面白いって思って再生産したりして広がり、大勢が集まって人気が高まり、やがて集まった中から二番煎じや自己中心だったりする奴が「俺こそが」と質の悪い模倣をはじめ、才能あるやつが遠のき、やがて騒いでいた奴らも去って行って、あとには質の悪い出来損ない二次創作だけが残る…みたいな。

  71. 素人作品を碌に審査もせず書籍化する出版業界が悪い

    • 育てる苦労や手間が無いから楽なのかもね。
      人気が出てるのだけ選別して出版して、金を産まなくなって来たら棄てりゃ良いだけだし。
      大手企業が『安価かつ即戦力で会社を一気に盛り上げる事の出来る超人材
      (ただし、いつでも首を切れる)』を求める様なもん。

  72. ご都合主義の異世界転生って本当に下らないから早く廃れてほしいな

  73. 読んで無いから何とも言えないけども、どこまで地球世界の技術を異世界に持ち込むかは作者の裁量だからなぁ。
    フォークとナイフとか刀剣とか普遍的なものでも、気にし始めれば、なんでこっちと同じ形状のものなの?って気になってくるもんだし。
    それに関わる所作や礼儀なんかも気になってくる。
    読み手は自分の好きな異世界観からかけ離れてて許容できないなら、読まなきゃいいだけの話で、異世界である必要がないって批判しちゃうのは違うんじゃないかねぇ。そんなの読む人の好みそれぞれでしょう。
    いいや、異世界はこうあるべきだってなら、文化や風俗で、異世界にあっていいものダメなものの線引きを、公にきっちり決めなきゃならないわけで。異世界原理主義者みたいになる。
    技術が地球世界に限りなく近い異世界だけど、文明のレベルがいびつってのも、理由があれば別にいいと思うよ。

    • ぶっちゃけ、読み手はキャラクターが織りなすドラマを楽しみたいのであって、世界設定なんてテンプレでも良いって人がほとんどじゃないかね。
      そりゃ書き手としてみれば、そこにプラスアルファでオリジナリティーを足す努力をするべきだとは思うけども。
      異世界でJK娼婦ってだけで、当たればやったもん勝ちだと思うわ。

    • 残念ながらその理由が無い(考えてすらない)のが今のラノベの現状なんだよなぁ

  74. 異世界でもお辞儀や土下座が通用するもんな。
    現実世界じゃ、西洋人に日本人ペコペコして何やってんのって言われてるのに。

    • 現実は小説より奇なり。現実の方が異世界味があるよね

  75. しかし、これは出版編集も悪いけど、買う奴が最も愚民で間抜けな話を生き延びさせてるんだよな。

    そういうのが半端に売れる事でレベルが低い物が売れる環境が形成されて、それがスタンダードになるっていう悪手。少しまともな目がある奴が意見を言っても、半端に売れるもんだから何が悪いってなって反発、退化し続ける。
    少しでも進歩しようとか退化したくないと思うなら、腐った思考停止の脳死状態を脱するには、多くの人間がキッパリ買わなくして、別ジャンルか、同じ異世界でもちゃんと細部まで徹底した異世界にしかない日本じゃ考えられない設定がされてるものを選べる選定力をつけて脱しなきゃならないな。

  76. JKハルはなろう小説で唯一最後まで楽しく読めた話だったからちょっと悲しい
    でもあのストーリー男性読者でも楽しめたのかな…
    ハーレムもの好きな男の子だと結構ショッキングな描写が幾つかあったような気がする

    • トランスジェンダー願望の人に需要あったりするからそういうの

      • ほー…そういう読み方の層もあるのね
        勉強になったありがとう

        • 18禁は勿論、ラノベのメジャータイトルでも幼女戦記とかSAO、ナイツマみたく男が可愛い男の娘・女の子になりたいオートガイネフィリアってのは、ある種何かのジャンルになりつつある感あるけど、
          女性で趣味としての男性化願望はあまりきかないンゴね、不思議よ
          男の友情が好きとかはきくけど、なりたいとかはきかない・・・

          • 幼女戦記ってオートガイネフィリアとかそういうのとは一線画してる気がするが
            アレは露骨に自分の趣味のゴリゴリに政治的、軍事的なものが書きたくて、また読んでほしくて戦略的にああいう風にやってるでしょ
            あまりにもニッチな分野のとっかかりにキャッチーなタイトルと見た目加えただけじゃないか?

          • 15巻までしか読んでないんだがSAOって女体化ってあったっけ?

          • >15巻までしか読んでないんだがSAOって女体化ってあったっけ?

            ファントムバレットのあたりで、ガンゲイルで設定した主人公キリトのアバターが女性設定になってたはず。
            本人は男性だけど、そのせいで見た目は女性化。

          • いやあれは女っぽい顔なだけで男アバターだよ
            許可なく女性に触れるとハラスメント警告が出るし。

    • そもそもなろうっていうかなろうグループの
      「ムーンライトノベルズ」っていう、女性向け18禁コーナーの作品なんだよねえ

      • 女性向けか・・・なら共感さえできれば理屈はうっちゃっててもヒットしちゃうのもわかるな
        ただでさえラノベだしね

  77. >もともと現実逃避のはずの異世界転生小説が、
    >なぜ現実から逃避しようとしないのか?
    まじでこれ
    結局、作者の知識や経験の限界が大きいんだろうね

    あと、デスマは異世界物の初期作品じゃねーぞ?
    中堅寄りの新しい方だぞアレ

  78. 言いたいことはわかるんだけど

    流行っているものの良さがわからない場合、まず
    疑うべきは自分の持論とセンスが古くないか
    なんだよなあ

    • その批判も昨今のラノベ並にテンプレですねw

  79. あと、変な反論を入れている連中がいるけど

    「異世界物の作品なのに、舞台背景(世界観)がまんま現実じゃん」
    ってツッコミだぞ?
    異世界物がダメって言ってるんじゃなくて
    せっかくの異世界物なのにリアルの慣習・文化そのままで
    「異世界物」が安っぽい扱いにされているって苦言だよ

  80. なんで異世界にするかっていうと、取材に行かなくていいから。
    クソみたいな作家はとにかく取材が嫌い。
    すべてをネットで検索した知識とパクリだけで構成したがる。

    あとはツッコミを異常に恐れているせい。
    異世界なら「ここはおかしい」って言われても異世界だからって言い訳できるからな。

    要はサボりと逃げの集大成が今のラノベだよ。
    想像力とかどこにもない。

    • まあ業界自体の構造として、文芸と違ってラノベはスピードを要求されるから緻密な取材をしてるヒマがないってのもあるけどな、売れに売れたあとなら別かも知れないが

    • 宮崎監督とか、富野監督とかも最近のアニメ業界やアニメーターにそんな感じの苦言だしてたな。

      と言っても結構昔から面々と世代ごとにそういう苦言とかは繰り返されてきたもんなんだよね。
      昔は小説なんかも私小説とか言って、個人の日記みたいなものを本にして売るだなんて、とかいう文壇の時代もあったみたいよ。
      結局はのちの世の評価見ないと、その辺ある程度の断言みたいなのは出来ないってことで。

  81. 確かに
    異世界でも現実世界と同じリアリティを追求したらファンタジーの意味がないよな
    東京もんがど田舎に転生とか北海道民が沖縄に転生するのと変わんねー

    • 世界観、社会にリアリティがないって話やろ
      シャワーあるのに中世レベルってどんな社会やねん

      • SF作品とかにはたまに見かけるような世界だけどな。
        マッドマックスとかの終末世界や、古代文明が滅んで文化再興中の黎明のころとか。

        現実でも中世とか文化レベルの後退が認められる時代もあって、そういう中でいくつかの技術や技法がロストテクノロジーや半ブラックボックス的に生き残って、世界的に利用されているとかさ。

        作品世界のすべての設定を文章にするなんて不可能に近いので、そういう読者側のやさしさ起因の解釈とかも、作品を楽しむうえでは重要かもね。
        それこそ個人レベルの問題になるけれど。

  82. 異世界は現実世界と全く違う異文化でなければならないと
    決めつけるほうこそ想像力が欠如している
    「現実世界に近い異世界」というのも含めていろんな形の異世界があっていい

    老害によるただの言いがかりでしかない

    • そういう事を言っているのではなくて、最近の作家の想像力の欠如を嘆いているんだろ
      異世界物をするだけの知識を持っていないが流行りに乗って異世界物はしたい
      結果、異世界物の皮をかぶせただけの現実世界になってしまっている
      世界観の構築と言う重要な部分を作れない、または調べてでも作ろうとしない
      そういうお手軽に「ハイ、こういうのが今の流行なんでしょ?」とやっている
      そう思われても仕方がないよ

    • 現実と固有名詞が違うだけで、後は全て同じな異世界物を読みたい?

    • 現代日本を忠実に再現した異世界物語です!

      もう哲学じゃんかw

  83. よくも悪くも耽美的なんだろうな。面白ければいいじゃんってことか。

  84. 角川は、以前スニーカー文庫で『異次元騎士カズマ』とかやってたやんw

    • あれは結構エンタメ性に富んで面白かったぞ。
      作者も結構大御所の別名とか聞くし。
      ちゃんとその当時的な風潮も混ぜてはいたし。

      自己判断で未来世界を設定するSFとは違って、元にした時代や場所がある作品だったので結構綿密に調べて描写に生かしてたろ。

      今回のJK慰安婦作品に対するつぃーととは別件過ぎるかと。

  85. 読んでないから何とも言えないけどJKが娼婦やるのは現実世界だと犯罪だからじゃないの?
    異世界物でも現実と完全に違う世界を好む層もいれば現実とちょっとだけ違う世界を好む層も
    いるので一概にどっちがいいとも悪いとも言えないと思う
    自分に合う小説を上手く取捨選択して読んでくださいとしか言いようがない

    • パラレルワールドにすればいいんじゃ。
      犯罪が犯罪じゃない世界・・・って普通にエロゲの設定だわ

    • そういう話じゃなくてさ、シャワーを運用できるような社会基盤と言うか、世界背景にに説得力ないからこういう批判されるんじゃないのか?
      社会構成や生産力がまんま中世世界っぽいのにとってつけたようにシャワーや通信機やらの革命的なアイテム出てきたらそら浮いてるようにも感じるだろうさ

      ファンタジーにだってリアリティが必要な部分は多々あるよ

  86. 売れてすまんな

  87. 所詮ラノベだもん
    本物の小説なんかと比べると、描写も雑で、ツッコミどころ満載だからねw
    大体、作者だけが悪者にされるけど、それを直させないばかりかもっと悪くさせてるからね
    面倒くさい設定や描写を省いて、可愛い女の子さえ出しとけば良いって風潮の編集
    もっと言えば業界がそんなレベルだから、2番煎じ3番煎じのカスばかりなのは、しゃーないよ。

  88. 世界観を重視する人と全くこだわりがない人もいるからね
    前者の場合はここ最近のラノベを見て仰天することは避けられないよw

  89. で、フェブラリーの続編はいつ出るんだ?

  90. 日常会話的に使う「現実逃避」っていうのは、「『現実世界』からの逃避」じゃないぞ。
    普通は、単に「『自分の現実』からの逃避」のことを指している。

    「新しいセカイを描き出したい」という意思より、そういう意味での「現実逃避」の方が強過ぎると、極端なハナシ、「異世界への転生」が、「宝くじで1億円当たる」とあまり変わりがなくなってしまう。そのぐらいなら、例えば超能力獲得系なんかの方がむしろストレートな気がするなあ。あるいはパラレルワールドとして提出するとか。

    • パラレルなんかも種類的には異世界ものだぜ。

      例えば異世界要素を省いて、海外にJKが身一つで放り出されたって設定でやったとして、きっと山本みたいな人は「そこに送られた理由は良しとしても、日本の家族や警察、政府が何もしないのは不自然」とかいうかもね。
      特に現代においてはネットにおいてかなり世界的に情報を広めたり、バイラルにつながっていたりするし。

      その辺のことをワンクッションおいて、読者に「まぁそういう話なんだ」と防衛線引かせれるのが異世界とか、ファンタジーとか、SFだったりするわけよ。
      拡大的には「フィクションだから」っていう読むときの心がまえみたいなもんで。

      あとはどこまで許容するのかは、作者の見せたり引き込んだり設定しタイルする作家としての技量だったり、読者側のどこまで許容するかの線引きの問題だわな。
      実際には名探偵が警察に協力なんて、日本じゃ昔からほぼ皆無だけど、金田一は許せても明智は許せないとか。そんな感じ。

      山本が提示した「ポテトとシャワー」の境界線。
      その個人的線引きで、個人的趣向(もっと世界設定に凝ってくれ)っていう主張しつつ、他人の作品を「駄目だ、最後まで読み切れなかった」とディスってる。

  91. ルグィンが同業者に言ってたことと大体同じだな

  92. レベルやスキルがある異世界物は、大体がRPGゲームっぽい設定で、いわゆるゲームで表記されてない部分は作者の日常と同じレベルの環境があるか、NAISEIでそれを開発するってのがほとんどだろ
    そういう話は、スキルがあればそれに関することが勝手にできるようになるし、レベルが上がればなんか勝手に強くなるし、「RPGゲーム」以外の世界観なんてないも同然だね

    まあ、それでも小説化される奴はまだマシなやつなんだが・・・

  93. なろう系の異世界ってのは作者が新しい設定とか何も考えなくてもいい
    テンプレみたいなもんだからなあ

    別に作者は「「異世界は現実世界と変わらない世界でなくてはならない」という
    不思議な信念に捕らわれて」なんかいないんだよなあ
    ただ、ちゃんとした異世界の設定とか面倒だからやらないか、それを書く力量がないか、
    っていうそれだけのこと

    • ちょい修正がいるなソレ
      なろう系は「黒歴史ノートをそのまま出版しました!」って形態だから
      ラノベにする際は「もう一寸他人に見られる前提で1回フィルター通しましょう」って
      事をやるべきだ!てーのがピロシ側のいーたい事じゃね?

      んでJK作者読者は「その<見られる他人>とか知らないですけど?」て立場

      • その他人ってのが、山本個人の好みでの設定だからな。
        ポテトは許せてもシャワーは駄目だわっていう。

  94. 甲竜伝説ヴィルガストさんは出る時代が25年ほど早すぎたみたいだな

  95. ×異世界
    ◯ファンタジー系RPG風ゲーム世界

    だからな

    • その前はVRMMOだったねw
      異世界転生って言ってるけど、VRMMOモノの延長線上でしかない気がするわ

  96. なんやね、この作家さんの作品は登場人物が資料からのコピペみたいに語りはじめる小説しか知らんけど、ええんとちゃうのん?

  97. 2000年前のローマ帝国を知るとこんなの中世設定でありえねーwってことを古代にバンバンやってんだよなあローマ帝国を忘れた暗黒時代の中世ヨーロッパは本当に愚かだ

    • まあローマは水道あったけど、個人邸宅に引くには随分金かかったみたいだから(庶民は公共の水場を利用する)普通レベルの娼館で使えるかは疑問だね、貴族向け高級店とかならともかく

  98. 異世界というかファンタジーワールドの魅力に乏しい作品が多いということなんだろうか
    現代社会より劣った世界で最強能力を手に入れた主人公が俺tueeをするための舞台でしかないから
    せっかくの異世界なのに想像力を膨らませることなく現実世界の劣化コピー的な適当な世界を書いてるだけじゃもったいないみたいな
    まぁ全てをいちから作れと言われたら大変だから現実世界を参考にすることもたくさんあるだろうし
    異世界ものでリアリティを追求するというのも別に悪いということでもないだろうけど

  99. 戦争で世界が大打撃を受けた社会を描いてるはずなのに、学校があり、制服があり、学食があり、コンビニがあり、流通がちゃんとしてて、ちょっと違うのは魔法を教えているところです。みたいなのも多いよな。

  100. ラノベ作家じゃなくて、素人が書きたいものを書きたいように書いてなぐってるだけだから。、別に好きにやらせりゃ良いんじゃねと思うがな。
    なろうなんてそもそも小説の体をなしてないどころかエッセイとか日記とか個人のただの覚え書きとか下にはもっといろいろあるんだぞ。

    • 続き
      原稿料貰って商業誌に連載小説として載せてる訳じゃないんだから、そのジャンルやめろとか他人に言われる筋合いないだろうに。公表してるから感想や評価を貰うには仕方ないにしても。

  101. 異世界って言うけど、結局ファンタジーなんで。
    別にオークとかいなくても、水道があってもいいんだろ。
    スペースオペラ好きなんだけど、馬を宇宙船にしたから読まれたわけだし。

    • そういうこと言ってるんじゃないと思うけどな
      水道があっても別にいいけど、水道あるなら普通それなりの関連技術や規模、経済力はあるやろ、それが全く考えられてないよねって話やん
      例えば魔法動くで戦車やロボット量産できるのに社会は中世レベルのままってのはよほどの理由がないと厳しくない?

  102. でも現実世界と違うようにするとリアリティが無いって批判するんでしょ?

    • なんでそんな決めつけをする?
      山本弘はリアリティはなくても着想が面白い作品は認めてるし
      行き過ぎたリアリティの要求には苦言を呈する発言をしてるぞ
      求めているのはリアリティじゃなくて想像力だ

      • いや山本弘さんは良くても読者がねえ

        • だわな。
          ある特定の作家の好みに合致するからって、名作だったり傑作だったりするわけでもないし。

          個人の好みを理由に、古参の作家が同じ出版社の新進作品を否定してこき下ろしたってだけの事実だし。

  103. 異世界物の大半はタイムスリップ物ができるほどの脳みそがない作者が、
    時代考証なんかをすっとばして俺つええしたいだけだから

  104. 異世界=現実逃避、っていうのが既に間違った認識だと思うのですが
    特にこの作品の場合「何も知らない場所に、身1つのまま放り出される」という絶望として異世界使ってるし

    根本は、読みきってもいないのに何かを語れるはずないだろうに、だけど

  105. スペースファンタジーも少し不思議もサイエンスフィクションもSFとして好きな人間にしたら
    謎文明が舞台でも問題ないんだけど、なにがなんでもタイトルに異世界をねじ込む今の風潮は好きじゃない。
    幼女戦記でもドリフターズでも異世界が入らない異世界作品はいっぱいある、ネーミングセンスだとも思う。

  106. っていうか今は「異世界」という枕詞が付いているだけで読む層がいるからな

  107. 問題児2期はよ

  108. 売る側「山本が売れる本出せばもっといいんだけどね」

  109. このラノベはどうでもいいが
    山本弘がご意見番づらしてしゃしゃり出てくるのは許せない
    昔は高千穂が性格最悪の糞野郎だったが
    山本弘は性格の悪さだけは高千穂レベル、実力はもっと下だけど

  110. ゲームとかの異世界系って中世ヨーロッパ程度の文明に魔法が都合良く絡み合って設定されてるイメージ。
    当然シャワーは違和感あるかなあ。
    でもいくらファンタジーとは言え、SFだって科学的整合性を問われることは多いわけだし
    ファンタジーなんだから現実逃避しろってのは違うんじゃ。

  111. 新しい舞台設定の中で試行錯誤を繰り返すというブームなだけだろ
    時が過ぎるのを待ってろよ
    わざわざ自分から読むな

  112. 内政系がこの作品のメイン所なら確かに気になるけど、そうじゃ無いなら別に良いんじゃないかな。細かい事を気にしだしたラノベじゃなくても異世界じゃなくても幾らでも指摘出来る事は出てくるしきりが無いでしょ。
    要するには同時期に同じ出版社から出た自分の作品より話題に成ってってイライラするんだよって事なんだろ。

  113. 現実世界とすると薄っぺらくて粗が目立つから異世界ってことでごまかしてるんでしょ

  114. SF小説に必要なのはセンスオブワンダーな読後感なんだがな

    せめて小松左京の 青い宇宙の冒険とか氷の下の暗い顔とか
    センスオブワンダーを感じさせる異世界構築で在ってほしいわ

  115. タイトルにセンスなさすぎ
    タイトルからしてつまらなそうな内容

    • なろう系の作品は作者からして既存の作品にインスピレーションを受けたり、流行りに染まってそういうセンスの傾向とか持ってたりもするけれど、実は拾い上げた編集部や編集者が「そういうタイトル作品が売れているから」って理由でタイトル改題して、そういうタイトル増産してたりもするんよ。

  116. そもそも異世界が現実と近似してて何が悪い
    『地球ではないどこか』が明文化されてれば良いだけだろよ

  117. 肯定的な意見が多いんで否定意見を
    この人、自分で現実世界と離れたオリジナルワールド書いてないからな。
    主にSF・現代(+α)の作品を執筆。
    サーラ位か?ファンタジー小説
    それすらもSWの世界(西方諸国は山本設定だが)使っているだけだし。

    んで、記事にある発言だと異世界では現実世界と同じ部分があってはいかんのかね?
    ポテトは良くてシャワーが駄目とか、完全に個人の意見じゃねぇか。
    そんなら作者(又は出版・編集)の意見でシャワーがあって何の不都合があんだ?
    異世界が現実世界と【世界観的に】違わねばならん、って考えが間違っているとは思わないんだろうか。

  118. 山田悠介批判だな?

  119. 単に同じ出版社から同じ月に作品出したからケチつけてるだけの糞老害の話は聞く必要ないわ
    同じ月に出た山本のヤツ試し読みできるけど、よくあの出来で人様の作品にどうこう言えるもんだと逆に感心する。

  120. 日本においてシャワーは戦後アメリカから入ってきた比較的新しいもののイメージがあるのかもしれないが、
    古くは古代ローマ時代に既にあったものなのであった。
    なら異世界にシャワーがあっても何の問題もないだろう。どちらかというと水道とかの方が過ぎものだと思うのだが。

  121. この作品読んだけど、かなり世知辛い話なんだよね
    けっこう読んでてつらいのは、わかる。
    けど、そういう世知辛さ、いくら力を持っていても世間の常識はなかなか変えられない
    地道に生きるしかない、ってのを表現したい作品だと思うから、現実的過ぎて打ちのめされたら作者ガッツポーズだと思う。
    そもそも、女向けに書かれた作品。男向けはファンタジーすぎる。女は現実路線の方が色々のめり込みやすくていいんだよ。あんまりファンタジーだと、逆に萎える人も多い。

  122. 同じネタでエロ漫画描いているドバト先生の方が偉いとかそういう話?

コメントする