kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本の漫画編集者に「作家に本気でムカついたことある?」と聞いた結果www【台湾人の反応】

   

79 コメント

日本のTwitterで話題になっていた「漫画や小説の編集者が作家に本気でムカついたこと」が台湾でも紹介されていました。どうしても冨樫先生のことを話したくなる台湾人の反応をまとめました。

漫画編集者「締め切りやばいのにTwitterやってる奴は本気で腹が立つ」干渉しすぎでしょうか…

漫画家が原稿の締め切りに間に合わない時、一番大変なのは「編集者」です。しかも漫画家がその状況を自覚せずお気楽な様子だった日にはもう大変…。先日、日本の漫画家・カメントツ先生が「編集者に投げかけた質問」がネット民の間で大きな話題になりました。編集者が一番腹が立つのは「締め切りがヤバイのにTwitterをやってる奴」だそうです。これを見た日本のネット民からは「漫画家にとっては辛い時に弱音吐いてるみたいなこと」「書き込むのは数十秒でも、手が止まってる時間は数十秒ではきかない」と賛否両論の意見がありました。

日本のラノベ作家が「若い編集者から指摘された言葉」が衝撃的すぎる!【台湾人の反応】
日本のTwitterで話題になっていたラノベ作家の宮澤伊織先生が若い編集さんから指摘されたことが台湾でも紹介されてい…

「締め切りやばいのにTwitterやってる奴は本気で腹が立つ」

日本の漫画家・カメントツ先生は、漫画や小説の編集者さんが集う会に参加した時に、こんな質問を投げかけてみたそうです。

「作家に本気でムカついたことある?」

するとその答えはほぼ満場一致で…

「たいがいの事は許せるが、締め切りやばいのにTwitterやってる奴は本気で腹が立つ」

原稿がやばいのに、Twitter?

これを見たツイッター民は他の漫画家さんやラノベ作家さんを例に出して反論していましたw

「鎌池和馬を見習えッッ!w」

冨樫先生「ガタッ」

とはいえ、他のネット民からは「干渉しすぎではないか?」「原稿をちゃんと締め切り通りに描けていれば、そもそも問題にならないよね」など…賛否両論の意見が出ています。

「漫画家や小説家業界は休憩取るのは許せないブラック企業とお墨付きになるわけですね!」

「ずっと休憩していたから締め切り間際なわけで……もう休憩は充分だな」

「社会人のくせに締め切り破る方が納得できないでしょ。宿題と一緒でやるべきことやってから遊べってことでしょ」

「締切は守る。契約だから当然ですね。でもそれをどうやって達成するかは任されているわけだから、Twitterまで編集が管理する問題ではない」

「編集者側に迷惑かけないで毎回締め切り守る漫画家さんが、締め切り間際にツイッターしてたって腹は立たないのではないでしょうか? 自分でスケジュール管理できる漫画家に編集はキレませんよ。」

(゚д゚)みなさんは編集者が干渉しすぎだと思いますか? それとも締め切りを守らない作家が悪いと思いますか?

台湾人の反応

  • 作家がしっかり締め切りを守ってるなら何も言う必要がないよね〜。取材のために休刊しても、体調不良で休刊しても、年をとって身体が痛くても、1日中同じ姿勢で身体が痛くても…とにかく期限に間に合っていれば、ツイッターしても構わないと思う
  • 人気があればこんな風に急かされたりしない。人気が無ければどんな理由であっても締め切りを落としたらアウトだね。
  • プロの漫画家は一番睡眠時間の短い職業のひとつだけど、アルバイトをしなきゃやっていけないような漫画家は更に少ない…私も月曜日から6日間、毎日2.5時間しか寝てないです…
  • これは脅迫でしょ。疑問に思う人はいないのかな? 人気のない漫画家はプレッシャーが多くて給料は少ない。逆に人気のある漫画家は休載しても給料は高い。漫画家として大成していない人は、夢を叶えるために無理をするしかない。日本は紙の原稿を使っているのは良いことだよね。中国の電子漫画なんかを見るとそう思う。カラー25P、何話かは無料、続きを読みたければ課金。高い掲載手数料も引かれる。アマチュア漫画家はもっと大変で、自分の能力を低く売ってる人が多いと思う。
  • 忙しい中でちょっと休むくらいは良いとして、ずっと遊んでいるという問題の方は大きいよね
  • 冨樫先生なら、こんな問題にはならない
  • 冨樫先生「ツイッター? 俺はドラゴンクエストしてるぜ!」
  • 立場が違えばまた違う。
  • 編集者は文句が言える口実を探しているだけだよ。Twitterを使うのは悪いことじゃなくて、結局、根本の問題は作者のスケジュール管理。編集者が困るのはそこだよ。
  • 漫画家のTwitterなんて編集者しか見ないんじゃない?
  • 締め切りに間に合わなかったら原稿ってどうなるの?
  • 冨樫先生を目指すんだ! 未来は明るいぞ!
日本のラノベ編集者「ライトノベル業界の噂話がヤバすぎるwww」【台湾人の反応】
日本のTwitterで話題になっていた「ラノベ業界の噂話」が台湾で紹介されていました。日本のヤバイ編集さんネタを見た…
引用元:漫畫編輯說《漫畫家趕不上截稿還玩推特最火大》算不算是管太多了呢……

  関連する記事

日本の「東京都観光ボランティアのユニフォームが韓国のパクリ」でダサすぎる!!【台湾人の反応】
日本のジャンプ連載漫画「食戟のソーマ」の掲載順がヤバすぎてファンが危惧!?【台湾人の反応】
日本の密室脱出漫画「百万畳ラビリンス」が面白い!【台湾人の反応】
台湾人「現代の韓国は服も顔も進化しすぎwww」15年前のソウルの流行ファッション
日本の少年ジャンプで「最速で打ち切りになった漫画」が逆に面白そうwww【台湾人の反応】
日本の映画「君の名は。」を中国人が「海賊版を見てもなお劇場で見たい最高傑作」と絶賛!【台湾人の反応】
台湾人「日本の感動CMが写真と説明だけでも超泣けてヤバいwww」
台湾人「韓国の女子高生のスカートが短すぎてけしからん!」
日本の腐女子が「ラブライブ!」を男体化! 台湾人も「すごくいい!」と絶賛?
日本の漫画『競女』が海外で正式なスポーツ団体まで発足する超展開にwww【台湾人の反応】
日本の声優「杉田智和」のツイッターアイコンが合法ロリ声優になってるwww【台湾人の反応】
日本のテレビの「台湾旅行の新常識9連発」に台湾人が思わずツッコミ!【台湾人の反応】
日本人が「福山雅治と吹石一恵の結婚」に阿鼻叫喚www【台湾人の反応】
『タイの同人誌が面白過ぎるw』に日本好き台湾人もすかさず反応

 - Twitter, アニメ漫画, 反応, 台湾

79 件のコメントがあります

  1. 作家が出版社側の無理難題に応えて睡眠時間削って無理してんのに
    口だけしか出してない編集が担当漫画がヒットしたら
    さも自分の手柄のようにでかい顔するのが嫌い

  2. あくまで編集者は心情を語っただけで干渉しているわけじゃないでしょ
    本来ここだけの話で笑って終わるものを拡散させるから厄介を招く

    • ですよね。それにこれって締め切り間際ではなく、締め切りがヤバイ時、つまり守れそうにない時の話でしょ?
      そんな時に遊んでるの見せられたらハァ?って思うのは普通の感覚ですし。
      とはいえどんな切羽詰まった状況でも適度な休憩は必要ですからね。
      けど、気分転換なら少し散歩するとかコーヒー飲むとか、愚痴りたければ友達に電話やラインするとかやり方は色々あるでしょうに、わざわざ今サボってますって公言するような方法で休憩しなくてもいいんじゃないって思いますね・・・

    • 単にそういうのを見ると腹が立つと言ってるだけなのに
      管理とか言い出す馬鹿って面倒くさいわ~

  3. その締切が何度目の締切なのかによる

  4. 漫画家はダメ人間の社会不適合者が多いからな
    それを無理矢理社会に参加させようとするからこうなる
    だけど社会に参加しないと発行すらされないから仕方ないね(ニッコリ)

    • 以前に読んだ生物の話なんだけど、ダメなアリさんは働き者のアリさんより寄り道が多いらしいよ
      だけど、ダメなありさんは他のアリが見つけられないような面白いものを発見しやすいらしいーそれでアリ社会にいい影響も与えるらしい

      なので生物的に言うと、表現する人の属性はダメなありさんはなんじゃないかな
      逆にダメなありさんじゃないと表現者として成り立ってない可能性もある

      なぜなら働き者のありさんは合理的で寄り道なんてしないから変わったものを発見する確率は低いんだって
      絶対ではないけど、さもありなんって気もする話かなと

      • 寄り道する蟻さんは捕食される可能性も高い
        そうせない為の編集蟻さんだったりするのでしょう

        • しかし寄り道しないと、餌の発見率は確実に下がるようです
          餌はみんなで共有しますからそのアリさん集団の繁栄のために誰かが寄り道するのは必要だそうですよ
          ということは、アリ社会全体で彼を見守りつつ寄り道させなければならないのかもしれません
          \(^o^)/

    • 画家や音楽家のエピソードや伝記見ても個性的でマイルールな人多いし、アーティストってそういものなのかもしれませんね

  5. 結局締切が守られたのかどうかがポイントだろ

    間に合わなかったら編集が正しい
    間に合ってたら締め切り間際のTwitterもOK

  6. 締切間に合わなかったら編集者だけじゃなく会社に迷惑かけることになるしそら腹立つやろな

  7. 漫画家のツイッターをどうこう言う前に、ネタバレ画像アップとかやめろよな

  8. いつも思うけど、企業は過剰に叱咤して追い詰めて働かせて過労死させたり、学校では教師が圧力かけて自殺に追いやったり、漫画家の尻を叩いて追い込んだり腹を立てたり…
    その逆で、生徒が先生をいじめたりもあるけど、

    そういうのはやめて、単にできないとか遅れるならお互いに圧力かけるのではなく怒ってあげる必要さえなく契約の基づいて何でもバッサリと切るほうがいいとおもう

    そりゃ連載始めてしまってから切ったら損失は出るけど、ストレス与え合ったりせずに損失の拡大を防いでとっとと切っていくべきだよ

    ブラックなことが多い業界は結局は無理の押し付け合いからできてるんだから

  9. 知り合いの漫画家さんは編集使えねえ奴多過ぎって愚痴ってる
    売れっ子になれば優秀な奴が担当になるけど、知り合いはそんなに売れてなくw
    でもベテランだから、無駄に学歴だけ高いコミュ障がOJTのように送り込まれてくるんだって
    やっと使えるようになるとまた使えない新人があてがわれるという

    • 使えないってどういう感じなんだろう・・・
      そもそも漫画家の人が編集者にどういうことを期待するのかなあ?

      • ・前回打ち合わせをした内容を覚えていない(メモも取っていない)
        ・打ち合わせに行ったら居ない(担「別の用が入っちゃいまして」)
        ・「資料を送ります」と言ったまま送ってこない
         催促すると「分かりました」と言ってやっぱり送ってこない
        ・原稿送ったのに返事が無い
        全てが同一人物では無いけど自分が当たった使えない人はこんな感じ

        • なるほどそれは凄いw
          編集の人も大概な気がするw
          使えないというレベルでは無く、結構な基本ができてないレベルなんですねw

  10. 効率的に仕事する作業と、インスピレーションを得るプロセスって、実際はほとんど相容れない道をたどるものだから、もの作る人ってすごいなあと思う
    急いで描けと言われた時に何のアイディアも浮かんでこない時ってどうしてるんだろうね
    最初から全部考え抜かれた上で連載始めれたらいいけど、プロットは別として細かいところが詰めてない場合も多そう

    • 帰結法で描いててなおかつ矜持を強く持ってる漫画家は
      大抵土壇場のパワーがあって売れてるよな
      ただ相当漫画に人生注いでるんだろうけど。まあ幸せなんて人それぞれか。

  11. 締め切り破られたら編集者だって上司に怒られるだろ
    「管理ができてない」ってね
    Twitter禁止だったら行き過ぎた管理だとは思うが、腹が立つのは当たり前だと思う

  12. 編集って漫画家の小間使いもやってるからなあ
    あれこれ買い物や資料探しを頼んでおいて、
    たまに休日も潰して対応してるっていうのに
    のんびりツイッターでやられたらイラッとなる

  13. ぶっちゃけtwitterでキレてんのは頭悪い。クリエイティブな仕事は時間をかければできるってもんでもないしな。人月で単純におき返れる「銀の弾などない」。ひたすら個人技で何したらよく出来る分からんような得体の知れない代物。恐らく作者本人だってどうすれば良い話になるかなんて法則性は分かってないだろう。PCや机に向かってたら話が進むならむしろ誰でもかけるじゃんそんなん。単純な努力量で勝負が決まるなら富樫はもう人気ないからね。

  14. コンビニも何もなかった昭和30年代、O.手塚先生は締め切りが迫ったりアイデアが出てこなかったりすると、真夜中に「チョコレート買って来て!あれ食べないと描けない!」と駄々こねて編集者を困らせたとか。神様も意外と人間くさかったって事やねw

  15. 納期前のヤバい状況でツイッターやってたらブラックとか関係なく非難されるだろうに。
    バカじゃないの

    • ほんとにそう思う
      これを擁護するのは駄目な作家本人かものを知らない子供

    • ただ漫画家さんって個人事業主だと聞いたから、締め切りに間に合うなら誰かから怒られる立場でもないだろうなと
      間に合わないなら発注元から契約を解除されても仕方ないけど、契約を切らないで相変わらず発注し続けて、しかもまた怒ってるってのも代りがいっぱいいそうでいないって話なんだろうなと

  16. 締め切りの無い漫画家
    普通は無職の漫画家を意味するんだけどね
    冨樫は凄いわ

  17. 手塚の編集者は切れて壁に穴開けたらしいね

  18. 逃避で息抜きに熱中してしまうことはよくありますね、作家じゃありませんが

  19. 漫画家のタイプによる。ギャグ漫画に多い天才タイプは締め切り守れなくても仕方ない。

  20. この手の締め切りがある仕事してるからわかるわw
    試験前に手紙が書きたくなるというのと同じ
    でもアカンと思う
    自分の作業のあとを引き継ぐ人にやっぱり迷惑かけるから
    お尻は決まってる仕事なので、自分が無駄に使った時間は後の人の時間を奪ったのと同じ

  21. 平松伸二がグランドジャンプで連載している『そしてボクは外道マンになる』が面白い
    平松伸二がドーベルマン刑事連載してた頃の話。締め切りを守らなかった某漫画家先生が誓約書を書かされ血判を押したとか、ジャンプ編集部がヤクザの事務所のように描かれてるw

  22. なんか、テスト勉強のために部活を休んだら部活熱心のアホに休んだ事に関して敵意をもたれる感覚だなぁw

  23. この前のジャンプのラジオで黒子のバスケの作者のトーク、座って原稿書いてる後ろで編集がカッターカチカチ鳴らしてプレッシャーをかけてる話面白かったなあ

  24. そりゃ締め切り守らすのも担当の仕事の内なんだから干渉するの当たり前
    その上で締め切り迫ったんで「そろそろですけど大丈夫ですか?」とか連絡してるのに
    「あーはいはい、今やってます」とか言っといて1時間おきにツイートしてたら
    「ほんまコイツ(イラッ」ってことだろ

    • 干渉しすぎて作業遅らせて本末転倒になることを懸念してるのに気づかないアホ

      • 10分おきに電話するわけでもあるまいに
        馬鹿じゃねぇの

  25. プロなのだから閉め切り守れば問題ないと思うが閉め切りがギリギリだと後の作業に大きく響くっ!w
    プロが大変でプロとして、約束事が守れなければ、同人誌でも描いていればいいっ!!www(笑)
    年二三回の簡単なお仕事だっ!?wwwwwwwww(苦笑)

  26. 創作物に厳密な締め切りのある方が異常だと思うわ。

    • 商売ですから
      関わってる人はそれで生活してるわけですから
      趣味の創作なら延々と気が済むまで描いていてもいいんですよ

    • 別に漫画家にならんでもええんやで

    • TV番組も広告もすべて締め切りありきですよ。
      創作物が商業ベースに乗るっていう事はそういう事。
      画家とイラストレーターとは違うのですよ。

  27. デスマーチ中のプログラマに対して「おまえが今キツイのはおまえが今まで怠けていたからだ」と言い募るチーフ
    工期の終了が差し迫ってる時に作業員たちに「仕事が終わらないのはおまえたちが今までサボってたから」と責める現場監督
    そもそもその作品を仕上げるのに製作期間が足りてるのか?
    担当編集者ってのは作家が超人かなにかと思い込んでるのか?

    • 週刊や月刊とかなら始めから期間が決まってるだろ
      足りるとか足りないとかの問題じゃねぇよ

    • できなきゃなんで引き受けるの?
      作家って馬鹿なのか
      それともあなたがかな

    • 超人的な仕事をする為にアシ雇うし、アシが雇い易い東京に住むんや。
      新人の時の製作期間に対するアシの人数や原稿料に対する家賃生活費、材料費などの計画は担当編集者がサポートするんやで。少なくとも小学館はそうやった。小さい出版社はしらん。

  28. ブラックと言っている奴勘違いしているぞ(^^)漫画家は自由業(^^)つまり個人事業主だよ(^^)分かりやすく言えば社長だよ(^^)仕事の量や時間の配分は個人の裁量なんだよ(^^)

  29. 小説界隈は知らんが こと漫画雑誌に関して言えば大手になればなるほど
    編集者のほうがゴミクズしかいねぇから 若手の人生壊したり可愛いアシを手当たり次第食っちまったりやりたい放題 
    社会経験の浅い馬鹿に権力持たせるとこうなりますという典型的な職業

    • ニートの妄想ですか。笑

    • 若手の人生を壊すってのは、正しいかも。デビュー目前みたいな空気出して、何年もほったらかし。知人は25歳で見切りをつけた。まぁ、売れそうなレベルまで達してないだけだったのかもしれないけど。

      • 漫画賞の佳作で半年後にはデビューしてた知人はいた。
        出版社からは辛口のコメントばかりだったからデビューは無いと思っていたらしいけど。関西人だし持ち込みはしていなかった。

  30. 漫画家じゃないけど今日納品なんだが全然終わらんので息抜き

    • がんばってー
      終わったら光が差すから(たぶん

    • 工場系ですか^^気持ちはわかります。無理な納期以上に、納期が3日前の注文票が届きますwwしかも、電話で急がせてくるwそれが10年も続いてます。注文票を出す奴がアホなのか、うちをなめてるのかどっちかでしょうね。

  31. 娘のピアノの発表会行けなかったんだよ!
    みたいなの予想してたが、さすが日本人はクソ真面目だな

  32. ちなみに、締め切りは多少は伸ばせる。印刷会社の中の人の多大な犠牲によって…。
    金曜朝一が締め切りだったけど、夜まで待たされた上、今日はムリって事になって
    休日出勤した事があった…

    • 営業、進行、製版、刷版、印刷、製本、加工、物流、etc…
      一体何人待機すればいいのよって話だよね

  33. 一回作ったら次も同じ面白いの物が出来る訳じゃ無い著作物を
    普通の納期と一緒にするのは違う

  34. トリガーオン!!

  35. アニメーターはこんなのばっかだけど…

  36. 編集者が作家のスケジュールにずっと合わせられている地獄の仕事だって知ってる人は何人居るんだろうか

  37. 〆切りぶっちぎるのは編集一人が困って済むわけじゃないからなぁ
    いや編集一人でも大概だけども

  38. 漫画家に描いて貰ったおこぼれで飯食ってる分際なのに強気だな

  39. 売れっ子じゃなきゃ、こういうこと続けてると普通に仕事来なくなるよ

  40. 現役の漫画家として言わせて貰うけど、編集者ってのは、どこの出版社も今は殆どが
    外注の編集プロダクション出身。大手少年誌でさえそう。
    社員編集者の場合は最悪異動になる位なので、屁でもないです。
    元々彼らの殆どはマンガの編集をやりたくて入社した訳じゃないからです。
    故に、流行のマンガやアニメの知識もなく、入社時に教わるマニュアルにそって作家に接近してきますw
    彼らは基本的には自分の出世が第一なので、締めきり守らず作品を落とされると、自分の出世に
    響くから怒るのです。原稿を落とすと、世間からすると紙面に穴を開けることになるって思われがちですが、
    穴を開けても、新人の特別読み切りなどで、埋めるのは可能です。
    特に大手は腐るほど原稿はありますから。
    つまり編集者が作家が締めきりを守らないことににいらだつのは自分のため。
    ちなみに作家は読者のために締めきりを守っていますが、編集者のために守ってる人は稀です。

    • そんな堂々と納期遅延を正当化されてもですね…
      つーか自分の生活のためじゃないの?

      • 自分のために描いてたら連載やってられないんだよね。
        同人でやってるよ。読者がいるからやっていける。もっと楽しませたいし。
        納期遅延って言うけどね、マンガってまずネームというのがあるんだ。
        絵だけ描いてるわけじゃないんですよ。
        週刊連載の作家でも、編集のダメ出しがあればネームリテイクになる。
        このネームが締めきりギリギリの最大の理由になる作家はかなり多いよ。
        リテイク無しのネーム描けよwって言われたらそれまでなんだけど、
        作家と編集の相性で必ずぶつかる。ここで編集との信頼関係が出てくるんだが、マンガも知らないアニメも知らない、そんな奴がこうしたほうが面白いとか色々リテイク出してくると、こっちもふざけんなって思うよね。
        しかも、編集の言うように描き直して人気落ちたりするとさ。
        セオリー通り、鉄板の展開で待ってました!を期待するシーンに、「うーんありきたりっすね」
        と言われて描き直して、アンケートで、鉄板の展開期待してたのにってw
        で、編集さんはその事にはスルーってのが自分はあったw
        つまらんリテイク出して描く時間削っておいて、ツイッターで2,3分時間使ったくらいで
        イラつくってのはどうかと思うわ。
        ちなみにオレは落としたことないです。

        • そりゃあんたが読者に見てもらいたいから書いてんであってそれはあんたの為でしょ
          そしてそれで金貰ってんだから尚更自分の為でしょ
          加えて言えば編集の能力が足りないのは今回の話とは別問題だ
          好きにやれば間に合うなんてのはどの業界でも同じでクライアントと方向性を擦り合わせてモノ作るのはモノ作りしてる人間からすれば当たり前だ

  41. 編集は締め切りを守らせることも業務のひとつだから余裕もないのに遊びに興じる作家を注意するのも仕事でしょう。
    仕事だからやっているのであってそれが好きとか嫌いとかましてや漫画家や読者のためにやってないからと批判される筋合いはないでしょう。
    漫画家が読者のために書くなんて詭弁を言うならウェブで無料公開でもしてれば良いのである。

  42. 「腹が立つかどうか」の話と「やってはいけない行動」とが
    混同される現代日本人の国語力について…(号泣

  43. ツイッターぐらいでこんなに怒られるなら富樫なんて高次の存在、概念か何かとかそういうレベルじゃねえか

  44. 如何にも厨房の質問だな
    営業と工場、下請けと親会社等々、利害の衝突はあって当たり前なんだよ

  45. 漫画は受注産業なので、編集から仕事もらっているのが漫画家
    締め切り間際って事は、追い上げの頃だろうからそこで作品に集中していないってのは発注元から嫌われるのは道理
    自分は偉大な作家先生様だって向きは、編集など頼らずにご自分で出版すればよろしい
    反面、
    編集子に漫画解っている人はおそらく1割もいない
    というか、編集という仕事が判っている人間がどれだけいる事やら
    編集ってのは編集営業なんだよな
    発注>受け取り、ってだけのガキのお使いじゃないんだよ
    約束忘れるとか、担当作品のキャラも把握していないとか(もう死んじゃったキャラクターをもう一度出せとか)、そんな話も多い
    おまえ本当に社会人?ってのも多いから「おまえが言うな」って事も多いわ

コメントする