kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本のアニメファン「みんなが選ぶベスト100」で腐女子大勝利www【台湾人の反応】

   

59 コメント
ユーリ!!! on ICE

東京アニメアワードの「アニメオブザイヤー」2017年版候補作を選ぶ「みんなが選ぶベスト100」初日の結果が台湾で紹介されていました。腐女子が大勝利した投票結果を見た台湾人の反応をまとめました。

腐女子大勝利★東京アニメアワードフェスティバル2017「みんなが選ぶベスト100」で『ユーリ!!! YURI ON ICE』がぶっちぎり暫定1位

q5iypqackj6xskq

2002年に始まった東京アニメアワードの「アニメオブザイヤー」2017年版候補作を選ぶ「みんなが選ぶベスト100」が始まりました。初日の投票結果が反映される11月22日でトップに躍り出たのは『ユーリ!!! YURI ON ICE』。2位以下を突き放してのぶっちぎりです。

○東京アニメアワード「みんなが選ぶベスト100」

q5iypqackkowskq

対象となるのは2015年10月18日から2016年10月15日までの間にテレビ放映、劇場公開されたアニメ544作品です。投票期間は12月25日までで、1日1回ツイッターを通して投票できます。この投票で選ばれたテレビアニメ90作品、劇場アニメ10作品が、アニメ オブ ザ イヤーの「アニメファン賞」「作品賞」「個人賞」の候補作となります。

11月22日付暫定ランキング

○10位:ワールドトリガー

q5iypqackkccr6q

○9位:ジョーカー・ゲーム

q5iypqackkcbraq

○8位:遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

q5iypqackkcaq6q

○7位:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

q5iypqackkczp6q

○6位:K RETURN OF KINGS

q5iypqackkcxp6q

○5位:映画 ハイ★スピード! Free! Starting Days

q5iypqackkcvr6q

○4位:銀魂

q5iypqackj_drqq

○3位:美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!

q5iypqackj_cp6q

○2位:名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

q5iypqackj_arkq

○1位:ユーリ!!! on ICE

q5iypqackj_zqkq

これはあくまで暫定ランキングで、最終結果はどうなるかわかりませんが、ランクインした作品を見ると腐ったみなさんの力を感じます。最終的に選ばれる100作品はなにか? これからにも注目しましょう。

現在(11月22日)『聲の形』が51位、『君の名は。』は54位、『リゼロ』は36位です。

投票はこちらから❤→ランキング及び投票ページ

なお投票にはツイッターアカウントが必要です。

台湾人の反応

  • 腐向けばっか…
  • 『黒執事』は?
    • 2015年10月から今年10月までの作品だって書いてあるでしょ
  • 腐ってやがる、はやすぎたんだ
  • 毎日投票するよ┌(┌^o^)┐ホモォ
  • 必ず毎日投票しよう
  • 百合百合百合
  • 毎日『鉄血のオルフェンズ』に投票する
  • オーマイガー
  • 『ジョーカー・ゲーム』がんばれ!!
  • ユーリ、万歳~!!>V<
  • yoooooooo
  • yuri 大好き❤
  • 投票しなきゃ

  • 真面目な話、これが腐女子の愛の力。
  • \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
  • 腐向作品全勝🎊🎊🎊🎊
  • 腐女子の力は凄いな…
日本で「あのアニメの円盤がバカ売れ」で台湾腐女子も大勝利を確信www
2015年秋アニメ円盤初動売り上げランキングで『おそ松さん』が2位の3倍も売り上げたことが台湾でも紹介されていまし…
引用元:腐女大勝利★《東京動畫獎初選首日戰報》YURI!!! on ICE遙遙領先, facebook

  関連する記事

鼻毛脱毛ワックス
日本人が「鼻毛脱毛ワックス」で大量の鼻毛を脱毛した結果www【台湾人の反応】
アイドルオタク
日本人の「絶対に付き合いたくない●●オタク第1位」が圧倒的すぎるwww【台湾人の反応】
るろうに剣心
日本人に評価の高い「アニメやマンガの実写化映画」を見た台湾人の反応
甲鉄城のカバネリ
日本の春アニメ「甲鉄城のカバネリ」が超期待できそう!【台湾人の反応】
銀魂
日本の漫画「銀魂」の空知先生「ジャンプの長期連載で前を走るのはルフィとゴンだけになって寂しい」→一人走ってないんじゃないかと話題にwww【台湾人の反応】
『DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流!』vol.21冨樫義博特集
日本の雑誌「ジャンプ流!冨樫義博特集」が豪華すぎる内容でベストセラーに!【台湾人の反応】
高中正妹
台湾人「日本の女子校での女子の実態が面白いwww幻滅したくない男子は閲覧注意www」
台湾女子高生
日本で「台湾の可愛い制服女子高生を集めた写真集」が発売!【台湾人の反応】
シャチ登場
台湾人「日本人がシャチで塗り絵しててワロタwww」
「ちはやふる」綾瀬千早
日本の実写映画版「ちはやふる」の出演者に複雑な台湾人の反応
言峰綺礼(中田譲治)
日本の男性が選ぶ「男が憧れるカッコ良くて渋い声の男性声優」を見た台湾人の反応
らーめん缶
台湾人「秋葉原にある自販機の警告文が怖すぎるwww」
おそ松さん
日本の腐ママが「息子におそ松さんのコスプレ」をさせた結果www【台湾人の反応】
枝垂ほたる(だがしかし)
日本のアニメの「紫髪のキャラ」が可愛すぎるwww【台湾人の反応】

 - Twitter, アニメ漫画, ランキング, 反応, 台湾, 腐女子

59 件のコメントがあります

  1. 一位を追い落としても、ベスト3には確実に残る投票数だね(; ̄ω ̄)ゞ

  2. 子どものための良質なアニメももっと作って欲しい。
    後、大人向けのものも。
    萌えや腐れはうんざり。

    • >対象となるのは2015年10月18日から2016年10月15日までの間にテレビ放映、劇場公開されたアニメ

      って書かれてるから、封切の時期は遅かったのでこの選考には入ってないだろうけど、今年公開した一番すごいアニメは「この世界の片隅に」だった・・・

      大人向けとか子供向けではなくただ全世代向けの傑作でとてつもない作品だったよ
      そういうすばらしいアニメが今年は本当にいっぱいある

      もちろん今年は突出して売れた作品もあったし、聲の形とかもある
      今年はアニメ豊作だと思うなあ

      • >今年は突出して売れた作品もあったし、聲の形とかもある
        今年はアニメ豊作だと思うなあ

        映画はともかく
        ほぼ日本放送と同時に
        公式の動画サイトで世界に発信できる時代になり
        アニメ業界が日本向けだけではなく
        日本の色を持ちながら
        世界に受け入れられるクオリティーの作品に挑戦し始めたのではないかと感じます。

        • その見方はあまりにアニメに無知で頓珍漢だし、海外とかまったく関係ないよ

          テレビアニメは昔の作品のほうが質の高い傑作は多いし、海外の話なら昔の製作側が日本国内だけしか見てない作品のほうがよほど評価されてる

          それにコメントにあげたのはどれも映画アニメ作品の話
          アニメ映画が映画史に残る傑作を多く作ってた時期も過去のほうが何度もあってジブリ創成期時代もあるし(ジブリは今も昔もずっと国内で売れてるけど)、アキラの時代もあったし、攻殻機動隊の時代もあった

          どう理屈こねくり回しても良作アニメと海外市場向け云々の関係はない
          単に最近までの底辺の作品は過剰に多く作られてそろそろ飽きられ儲けが出なくなったからもう一度方向転換してるだけ

          特に上に上げた「この世界の片隅に」は日本の目線での戦争映画だから、完全に海外の市場は度外視されてる
          日本で売れまくってるから海外でもそのうち知られることにはなるだろうけど、アメリカではほとんど儲けられると作るほうも思ってない

    • 人気が出ないだけで大人向けや萌要素のないアニメなんていくらでもあるだろ
      でもお前らはどうせ人気もないと見ないんだろ?
      結局そうやって廃れるんだよ

    • YOIは大人向けの良質なアニメだと思うよ
      熱い展開と美しい演技や良い音楽にハマった成人男女は多いと思う
      腐女子の方々がそれにブーストかけただけ

      ワールドトリガー(2期除く)は、子供向けの良質なアニメだと思う
      単純な道具を工夫し、あるいは状況に応じて使い分ける発想の大切さがよく描かれていると思う
      大人たちはそれぞれ思惑や裏があったりするけど、大人は大人で隊員(子供)を守ったりちゃんと責任をとるとか、最近のアニメには珍しいよ

    • なんかもうアニメ作品に「萌え向け」と「腐向け」をテイストとして入れなくてはいけないのかも知れない
      それはもうある意味仕方ないと言うか・・・自分がどこのラインまでだったら大丈夫か、ってのはあるけど
      ガンダムで言うなら種は楽しめたし大丈夫だったが、運命はイマイチだったし大丈夫じゃなかった(議長に抱きつきとか)なあ

      • そもそも腐向け、萌向けと認識される作品は深夜放送だからな?
        子どもに向けた作品出ないことは確か。それでも子どもが見ちゃうならそれはその家庭の教育方針が悪いだけ
        自分は昔のちょっとエッチな表現が多かったゴールデンタイムのアニメだって子どもの情操教育にある程度あっていたかなと思う時はあるし、変に作品を隔離して子どもに見せないという今の世の中の方がおかしいと感じるよ。
        確かに過度にエロ表現が多い作品は別にしたほうが良いと思うけど、なんでも作品の良いところをカットしてしまうのは良い作品を殺す結果になると思う。

        • パタリロとか普通にやってたもんなあ。
          子供って分からなければそこはスルーしながら楽しむもんだよね。
          そしてその意味が分かる子はそういうお年頃になったって事で別にいいと思うんだけどねえ。

  3. 腐女子大勝利なのにおそ松さんは入ってないんだ?

    • 実際、最初からこれは腐が投票したに違いないという前提をもって書かれてるからおかしくなる
      フィギアスケート自体、真央ちゃんもそれ以前もずっと日本で冬季オリンピック一番の花型種目なところに、近年は男子のフィギアスケートが金メダルで世界最高選手がいる
      なんでも腐と思い込みすぎなんだよね

      • アニメの内容も原案者含めて腐なのは間違いないけどな

        • ホモ臭いとは思っていたけどここまで直球ホモとは思ってなかった
          いいからお前ら結婚しろよが頭からはなれない

      • 実は男性視聴者も結構いるんだよな

        • 男性視聴者だけど、最近腐り展開が多すぎて見る気なくなってきた

          • そうなの?
            自分は女性だけど男性が大丈夫なら見てみようかと思ってたんだけどな
            やめとくか

    • 今ユーリユーリ言ってる奴らは去年の今頃おそ松
      おそ松言ってた奴らだから。

  4. 「この世界の片隅に」と思ったけど、2016年10月15日までに上映されてないといけないのか

    • 11月公開だったからね

      でも「この世界の片隅に」は、小規模なテアトルでしか上映してないからどこまで日本中で見てもらえるのかな
      ポストジブリといわれてもいいくらいに(個人的に片渕監督はジブリ超えたけど)歴史的な名作だと思う

  5. ユーリはまじで面白いからなあ

  6. ユーリは元々フィギュア好きで、且つキャラデザの平松さんと峰不二子という女の監督だった人が監督すると聞いて放送前から注目していた。同性愛的な表現になかなか慣れなかったが今は割り切ってストーリを楽しんで見ている。同性愛的な表現だけに食いついて、それ目的で見てワーキャー言ってる腐女子は嫌い。で・・・こういうランキング見る度に思うんだが、そろそろ性別分けしたランキングも作ればいいんじゃないか?

    • フィギュアスケートってカミングアウトしてる人が多いからか、あんまり違和感ないな
      中世的な衣装やイメージの人もいっぱい
      村主も両性愛者らしいしね

  7. ユーリ達にリップグロスはやり過ぎ。

  8. 百合的なものなら今までもあったのに、
    男同士だとなんであれこれ言われるのかね。
    ロシアは同性同士の挨拶で口でのキスがあったり、
    (ベルリンの壁崩壊関連で有名な写真もあって、ドイツには壁画でも描かれてたりする)
    フィギュアは一般人よりこの手の接触多めな印象あったりで、
    そういう情報事前に持ってたせいか、同性愛的な視点で見た事ないや。

  9. Kはあんまり面白くなかった
    お洒落なだけでwww
    音楽とかいいけどさ

    • あれはグラウンドゼロ(カグツクレーター)の時期から石版崩壊まで群像劇として各色のクランを描写する物語としてみると結構楽しめる
      やっぱり小説家が話作ってるだけに小説向きな気がする
      アニメは青いキラキラした画面や音楽は良かったね

  10. 腐女子だけどユーリはつまらん
    腐女子はこういうの好きだろって上から目線で
    ストーリーはたいして特徴はないし
    この投票毎日見てるけど男性は投票してなさそうだなって思ってたよ

    • 「公式が最大手」じゃ補完できなくて詰まんないですよね。
      制作陣はそれも狙って作ってるよ
      きっと。

    • 二次創作が好きなタイプの腐女子にとっては確かに萎えだな
      つまり自分で想像するのが好きで腐ってるタイプはそそらない
      逆に商業BLを好きな全部受け身タイプの腐女子は食いついてると思う

  11. ユーリはメイン3人もいいけど、各国選手もめっちゃいい味なんだよな
    嫌な奴が一人もいないし、観ていてなんか心が洗われる良作だと思う
    BL的演出に文句言う人は観ないほうがいい(もともと女性向けアニメだ)

  12. ユーリ!!!は表層的な描写で投げるにはもったいない作品
    スポーツを介して人間を深く掘り下げたドラマを真面目に作ろうとしていると思う
    たった1クールにこれでもかと詰めれるもの全て詰め込んで大丈夫か?
    と心配になるほど
    だからこそ男女や世界の人に受け入れられて二位を突き放しての一位なのでは?

  13. そういや台湾女子にやたら人気のある銀魂のジャンプ流が発売されてたけど何か反応ありました?

  14. ちょっと待って
    名探偵コナンの赤井さん、なんで帽子かぶって温泉にはいってるの!?
    目暮警部と同じ理由なの?

  15. ユーリは作中の振付が宮本賢二だったから見始めてはまってしまった。音楽が最高だし、主要人物以外の人物の掘り下げも程よくできているし。腐向けのような描写は殆どギャグとしてしか取ってなかったけど、別に作中に同性同士の恋愛があったとしても、それで三角関係のドロドロとかで1話費やしました、とかなけれ全然問題ないわ。大体多くの漫画やアニメには恋愛要素があるのに、何でその要素が同性同士だからってだけで、とやかく言われなあかんのか。過剰反応し過ぎだわ。

    • 日本で人気になる作品と、海外で人気になる作品が全く違うということは珍しくないけどユーリに関しては世界的に見てる人が大きくて中々びっくりしている。
      確かに恋愛をメインにした作品なら、三角関係で片思い辛い描写などが延々と続くから見てられないときがあるけど、何かユーリはキャラ同士の絡みも何か爽やかだし、最初は同性同士の演出などに驚いてたけど段々応援したくなってくる不思議な魅力がある。
      もうここまで言ったらスポーツ物としてもバディものとしても突き抜けていって欲しい。
      腐向けと呼ばれる演出はこの作品にとってキャラクターを魅力的に見せる為に必要な要素の一つでしかないので、これから見ようと思っている場合はそういうものだと割り切って見るか、見ずにスルーするのもありかと。
      ホモだなんだと文句言われるのは楽しんで見てる身としてはいい加減うざいし

      • ちょっとグッときた拾い物を置いときますね。

        >作品解釈は各自に委ねられるものなので余計かもしれませんが、
        原案の一人である久保ミツロウさんはかつてこんなツイートをしておられました
        「人との深い関係性を描こうとなったときに男女で描くと恋愛だと思われるから表現が遠回しになってしまう。
        ストレートに強い関係性を描きたくて同性を選ぶと今度は狙いすぎと言われる」
        ※文章だいぶ端折ってます

        製作サイドは「狙っている」「◯◯描写がなければ・・」と思われる事を百も承知で、
        強い関係性を描く為に必要な描写を入れる事を恐れずに突き進んでいるのでしょう
        このまま突き進んで描ききってくれたら傑作になると思う

        • 音楽がなんといっても素晴らしく、歌詞(日本語ではないけど)が物語とリンクしている。
          で、同性同士の絡みも、“イロモノ”扱いしていない。

          万人に支持される作品ってない(99%支持でも1%はケチつける)と思うので、制作サイドは自分たちの作りたいように作って↑上と同じく、突き進んでいってほしい。

    • 宮本賢二ってどうして人気あるのかな?
      SEIMEIあたりから羽生選手が最高得点たたき出した近年の振り付けはどれも海外の振り付け師のばかりなのに…

  16. 日本人の悪い習性
    一度突っ走ると崩壊するまで止まらない

  17. ホモアニメが覇権とは…アニメ業界はおかしな方向に進んでいくね

  18. 殆ど糞アニメじゃねぇか!

  19. 組織票やチートは何処にでも湧いてくるから仕方ないね

  20. 近くで書くとまた噛みつかれそうなので
    ちょっと離れて書きますね。

    言われていることはもっともだとも思います。
    確かに昔のアニメには多くの良作がありました
    のめり込むように見ていた「ハイジ」や「ガンバ」は今見ても色褪せませんし
    大人の視聴にも耐えられるでしょう
    挙げられていた90年代の作品もね
    ですがいつまでも過去の方
    そして日本だけを見ていたのでは
    それでなくとも厳しい業界は小さくなっていくパイを
    奪い合う為に
    衰退していくような気がしてなりません
    アニメと共に育ったので日本で成熟したこの表現の手段が殻を破ることで
    より素晴らしい作品を世に問うてくれたらと切望しているのです。

    それは、複雑な人間関係を題材にした大人のための作品であってほしい
    世界の人が身近に感じ共感できる題材で構成であってほしいと考えていました。
    ここしばらくそういった作品がチラホラ発表されて喜んでいたのですが
    この秋始まった「ユーリ!!! on ICE」こそ考えていた作品ではないかと思ったので
    「世界に受け入れられるクオリティー」と書いたのです。
    フィギュアスケートグランプリシリーズを題材に選ぶことで
    複数の国、人種を作中に登場させ間口を広げていますし
    現代の、情報が即座に共有される世界
    作中でキャラクターが撮った写真が即座に公式インスタに上げられ
    SNSでやり取りするリアルでは当たり前の世界が作品の中にある
    「ポケモンGO」と同じリアルと虚構の共存を作為的に
    作品世界に取り入れていること
    そして何よりギャラクターが立ち、脚本・構成がしっかりしていて
    作画も手を抜いてないどこに出しても恥ずかしくない
    世界に打って出るのに遜色ない出来栄えだと考えたからです。
    その証拠がアンケートの結果であり
    外国のフィギュア関係者がツイートしている現実です。

    無論これは突破口としての最初の一手でこれが成功することで
    世界を相手にできる新しいジャンルが生まれたらよいと望むのですがね。

    そういえば絶賛されていた「この世界の片隅に」は同じ制作会社さんの作品ですよね
    映画は日本向けに作られ
    TVシリーズは世界を視野に入れて作られる面白いですね。

    • 大きな世界を語るコメントをしつつ、同じサイト内で何行か下に離れてコソっと書くのに何の意味があるのかわからないのですが(どうせ読まれるのに同じページ内で離れて書く意味は・・・?)、狭い世界でその行動は正直さすがに変ですので・・・
      こちらのコメントに対して、返信でコメントして意見されたわけなので、開かれた世界の話をされるならなおさら意見や議論はお互いにわかりやすく堂々とオープンに話し合いましょう

      >アニメ業界が日本向けだけではなく~世界に受け入れられるクオリティーの作品に挑戦し始めたのではないかと感じます。

      これに対してアニメ映画の「この世界の片隅に」は日本向けでしょう、ということです
      そして制作者たちが主に日本人に見てもらいたいという気持ちで作られたこの作品が、現在日本の映画のレビューサイトなどではトップの評価ですし、個人的にも必ず日本のアニメ史に残る作品になる傑作だと思っています

      また、>外国のフィギュア関係者がツイートしている
      海外ではどんなに日本国内で内向きにつくられたアニメであっても、様々な作品が海外のかなり多くの人たちにだいぶ前から話題にされています

      ちなみに英語か日本語以外の言語でネットを読まれることはありますか?
      海外のネットをみてると、海外でどれほど多くの人にどんな作品が見られているかという情報は、日本で紹介されたりされなかったりしているだけです

      今、この「ユーリ!!! on ICE」はロシアで嫌ってる人たちも多く、批判や嫌がる人たちの割合に対して、そこまで特別に受け入れられてると思いません
      もちろん主な登場人物の中にロシア人がいるのでその部分で注目はされていますし、ロシアにも腐がいるので喜んでる人もたくさんいますが、他のアニメレビューより多くレビューされてるわけではありません

      フィギアという世界は羽生選手のオーサーコーチをはじめ、確かにゲイの方も多いので、そういう意味では一部の方に熱狂的に支持されているのかもしれません
      しかし最初から「ユーリ!!! on ICE」が社会的な問題意識をもってLGBTのマイノリティーの人たちを対象に「世界に受け入れられるクオリティー」を狙っていたのかどうか…はきわめてあやしいと思います

      世界各国の登場人物というならほぼ8年も前にアニメ化されたヘタリアのほうがはるかに世界的で受け入れらていました
      今に始まったことでもないし、当時アニメがそこまで世界を意識してつくられていたということでもないでしょう

      • 出来たらもう少し穏便な表現で返事を頂けたら
        警戒して離れようとは思わなかったのですが・・
        察して頂けるとありがたいです。

        ところで折角お返事を頂けたので自分の思うところを書きますね。
        そして自分の意見は決してあなたの言葉を否定するものではないことを言っておきます。

        LGBTといわゆるBLは重なる部分を持ちながら明らかに違う方向を目指すジャンル
        ではないかと考えています。
        なぜなら前者はその性向として恋愛を扱うわけでですが
        (男女が同性に変わった恋愛ものですよね)
        BLというジャンルの出自は70年代の少女マンガから派生した男同士の恋愛をテーマにした美少年及び耽美ものです。
        それは少女が自分の内面を語ること
        身近な関係性を考察するためにあえて自らの性を消すことで自分の内面を保護しつつ様々な境遇。立場。状態をシュミレーションするための
        システムを持ったジャンルだと理解するからです。
        「ヘタリア」もまた関係性をシュミレーションするという文脈の作品の一つであると考えます。

        そもそも「ユーリ!!! on ICE」に至っては登場人物が物語初期に恋愛ではない関係を主張していて恋愛を否定しているのです。
        ということはこちらの作品はBL
        的な関係性を語る物語ではありますが
        LGBTを扱った作品だとは全く思えないです。

        • 続き
          海外に対して能動的に発信できる理由として「ヘタリア」当時とちがい
          海外の方が同時に視聴してSNSで共感しあえるという環境が整えられたのが
          大きな違いではないでしょうか
          8年前だとスマホが普及し始めたばかりのころですしね。

          ご紹介の映画に関しては残念ながら視聴する機会に恵まれず評価出来ませんが
          そんなに熱く語られるからにはきっと良作なのでしょう
          機会があれば映画館に足を運ばせて頂きたいたと思います。

          羽生選手のゲイ疑惑に関してはご本人が結婚を希望されていたので
          誤解かと思います。
          我ながら文脈の乱れを感じる長文で申し訳ありませんがザックリ感じて頂けたらです。

          • 返信してこられて、さらに離れた場所に移して返信のコメントを残しておられるのですから、いろいろといいたいことが沢山あるのはちゃんと理解していますよ
            誰かにコメントすれば、相手からもレスポンスがあるのは当然なので、あまりそう内向きに<警戒>ばかりして、「こっちが内心望んでることを<察し>ろ」ではなく、堂々とオープンに意見の交換をするべきだと考えるしだいですのでどうぞ悪しからず
            <穏便な表現>はこちらからもお願いしたいです(笑)

            もちろん前のコメントにも書いたように「ユーリ!!! on ICE」はLGBTのマイノリティーの人たちを対象にして「世界に受け入れられるクオリティー」を狙っていたわけではありませんね
            世界で受けている作品は昔から沢山ありますが、ヘタリアはウクライナ人を怒らせ、「ユーリ!!! on ICE」はロシア人の多くの人に警戒され嫌がられてもいます

            制作側のしっかりした国際的な視点や戦略があったというよりは、snsの発達によって海外での評価が、逆に「日本国内の人に見えやすく」なっている、ということではないかと思います

            もちろん時流にのった必然であれ時流の偶然であれ、過去のアニメも現在の作品も国内外でアニメが受けてきたのは制作した側の実力のうちでしょう
            この作品も制作の意図とは無関係に、ロシアのLGBT弾圧に反発してる人たちがこの作品を支持してることもあるでしょうし、それに対してロシアの政治脳の人たちがさらに警戒している可能性もありますしね

            ところで羽生選手にゲイ疑惑があるのですか???
            こちらが知る限りでは、前に書いた通りオーサーコーチと他に羽生選手に振り付けされた方の一人についてはカミングアウトしてると思いますが、羽生選手本人については冗談の範囲でからかっているのは聞いたことありますが、そういう疑惑自体は個人的には聞いたことはありませんし、噂にのってさらに噂を広げてしまうような話はしないほうがいいのでは?・・・

  21. ユーリ毎週見てるけど言われるほど腐だと思ってない
    人間の表現力に根差したもののうえの愛とか憧れとか信頼とか
    そういったものなんだと思ってる

  22. コンテンツキラーまーん

  23. うわー見事に腐向けの作品ばっか(銀魂は素晴らしいと思うが)

    こんな組織票という毒に塗れた偏ったランキングに何の正義もない

    深夜アニメも腐向けが増えてきたし本当に迷惑だな

  24. 銀魂とコナン以外男がブサメンばっかで笑う。
    流行りの絵柄にはついていけない。

  25. ユーリはまあギリ期間内作品ではあるけどね
    ユーリは堂々とあの作風を貫いてほしい、嫌なら観なきゃい話なんだから
    「ホモアニメ」という罵倒や「もっとさりげなくしてくれた方がいい」とか腐女子の好み、そういう意見に流されたらそれこそ日寄ってぶれた作品になってしまう
    同性愛的表現が嫌いっていうのは仕方ないことだし、嫌いになるなというのも傲慢な話
    でも「こんなのが世に出るなんて間違ってる」的な意見は賛同できない
    じゃあ「世に出るのが正しい作品て何ね?」という話になる
    そんな基準でしかアニメを考えられなくなったらそれこそ日本のアニメの崩壊だと思う
    「君の名は」も「この世界の片隅に」も暴力からエロス、禁断の世界まで貪欲に触手を伸ばして表現しようとしてきたこれまでの日本アニメ界の結実だと思うので
    規制何それなドリフターズやユーリのような作品が出てきて個人的にはヒャッホウですよ
    テラフォみたいな「最大公約数の世間への配慮」はもう見たくない

    • 叩かれて規制され自粛した挙句の果てが
      ヒーローしかいない「アメコミ」ですしね
      最近は変わってきたそうだけど一旦廃れた文化を取り戻すことは難しいですよね。
      日本もそれを他山の石として自由奔放な表現を守ってほしいものです。

      • 表現の縛りに関してはアメリカの場合ウォルト・ディズニーさんもやっちゃったというかやり過ぎたのも一因なんですよね(もちろんあくまで「一因」でアメリカ社会の文化だのなんだの色々ありますが)
        日本の場合ディズニーさんと同じことやりそうなのが宮崎駿監督でそれが怖い・・・(彼の作品は素晴らしいものですが)
        「アニメは基本子供の為のモノ、大人になってまで見るな」という意見の方ですが、一理はあるのだけど、クリエイターがそれを言って欲しくなかった
        そんなある意味「高尚な」立ち位置にアニメを「堕落」させて欲しくない
        これまで現れた大衆文化がそういう「壁」に囲われたためにどれだけ老いて廃れてきたか
        ここ最近、何のためにアニメ化したのか分からないようなアニメ化作品が続いて「・・・( ̄д ̄)」となっていた所に、壁を乗り越えたりぶっ壊したりするような作品が出てきたので安心したのですわ
        批判も多々あれどユーリもドリフターズも海外で好いていてくれる人は多い
        もしかしたら海外でもそういう壁的な閉塞感とか鬱屈とした気分を抱えてて、作品を観てそれが少しでも払拭された気持ちになれた人が多いのだろうかと思ったり
        「世界を回せ、この世にあるべき形などない」
        ドリフターズにある一番好きな言葉です、いろんな分野に当てはまるなと思う
        投票の話やユーリの話からも逸れましたが、この手の話題の度に批評でもなく作品の存在自体を否定する意見をたびたび見て悲しかったので

        • >批評でもなく作品の存在自体を否定する意見をたびたび見て悲しかったので

          真っ当な意見にちょっと、(ノω・、)
          「ダメ」って言われると本当に凹んで次に進みようがありません
          肯定から話を進めなくては発展するはずの考察も頭打ちになりますよね。
          その中でこうであったら
          ああであったらと枝葉を伸ばしていくのが楽しいのに

          表現の世界が自由自在で様々な模索がされているってことは
          その社会(表現の世界が)が若く伸び代があるということじゃないかと思うのです。
          二次創作やpixivなどの創作物も含め
          有象無象が蠢く日本の創作物の世界はお宝の山ですよ!
          それは富士山の広大な裾野なのだと思っています。
          美しい八合目から上よりその下を支える存在こそが本体なのだとね。

  26. ジョーカーゲーム、オルフェンズ、ハイスピード、ユーリ は納得。
    あと昭和元禄落語心中が入ってほしかったけど、地味すぎたかな?

    • 昭和元禄落語心中はシナリオの構造自体が、チェンカイゴー監督の作品の映画「覇王別姫」にあまりに似ているので、国際的には有名になってほしくはない気が・・・

      映画原作の小説があるのでそっちに似てるともいえますが、映画のほうは本当に歴史に残る傑作でカンヌや他の映画祭で最高賞を受賞した作品ですし、日本でもコアなファンのいる有名な作品で、世界の世界三大映画祭で受賞してきたチェンカイゴー監督の作品なので小説よりは映画のほうがたぶん世界的には有名なので・・・

コメントする