kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本の漫画「いいね!光源氏くん」現代でヒモニートになる光源氏が面白いwww【台湾人の反応】

   

36 コメント
いいね!光源氏くん

日本の爆笑タイムスリップ漫画『いいね! 光源氏くん』が台湾でも紹介されていました。光源氏が現代でヒモニートになるコメディ漫画を見た台湾人の反応をまとめました。

爆笑タイムスリップストーリー『いいね! 光源氏くん』現代に暮らす平安貴族の優雅なニート生活

qpmyoz2yl6swqaq

日本の漫画家・えすとえむ先生は漫画『うどんの女』で2012年版『このマンガがすごい!』第3位を受賞した経歴を持っています。そんなえすとえむ先生が挑戦している最新作は「古人が現代にタイムスリップしてしまう作品」です。しかも、その古人というのがあの有名な古典文学『源氏物語』の主人公である「光源氏」なのです! 彼が現代にやって来たことで起こるジェネレーションギャップはあまりにも壮大で、その価値観の違いに読者は思わず爆笑してしまうことでしょうwww

『うどんの女』

うどんの女 (Feelコミックス)

『いいね! 光源氏くん』

qpmyoz2yl6cxrkq

コレ、最近の話なんですけどー、部屋に突然現れた男が〝光源氏〟らしいんです。

qpmyoz2yl6gaqay

そう、平安時代のアレです、モテまくり貴公子のお話『源氏物語』の主人公。

最初、コスプレ不審男だと思って金属バッドでブン殴っちゃった手前、しばらく面倒みることにしたんです。

もし家の中に見知らぬ人間が現れたら、正当防衛として身を守るのは当然ですよね?w

qpmyoz2zkaeeqkq

それからほぼヒモ状態なんですけど、すごく優雅で悪びれなくて……。なんか毎日楽しそうにしてますよ。

qpmyoz2yl6gaqaq

qpmyoz2yl6gaqau

ツイッターに和歌とかあげてて、フォロワーもそこそこいるみたい。女の人はホント好きですねー、彼。だけど私には手を出してこないんですよね。あっ でも手を出されたいとかじゃないんですよ(汗) まあ、なんかワケが分かんないまんま、美形のニートに住み着かれちゃったなぁ、みたいな…?

初めての抹茶フラペチーノに光源氏は感動!

qpmyoz2yl6ozrkq

思わず和歌を詠んで賞賛しますw

qpmyoz2yl6ozrku

「え…俳句ですか?」

qpmyoz2yl6ozrky

この漫画を読む時は抹茶フラペチーノを忘れずに!

qpmyoz2yl6ozrkc

でも、現代人が昔にタイムスリップするより、昔の人が現代にタイムスリップする方が幸せだと思いませんか?

だって、昔の人の生活は不便ですものね…トイレに行くことすら一苦労なんですよ (;´д`)

台湾人の反応

  • この時代の貴族の仕事が楽なんてことはないよ。
    公務員として相当な苦労があったはず。
    政治闘争のことを除いても、
    この時代の日本はまだ完全に統一されてなかったし、
    多くの部族が存在して各々争っていた。
    中世ヨーロッパともあまり変わらない。

    • 勉強になりました!
  • これでアイドルドラマ撮ればいいのに。
    • 撮って欲しい~、ありがちなネタかもしれないけどw
  • なんだ聖徳太子(『ギャグマンガ日和』のキャラ)じゃん、妹子は?
  • 古代の人が現代にタイムスリップすると面倒だよ。
    身分証明書や保険証もないから病院に行くのも仕事を探すのも大変www
  • 画風も好みだし、話も面白いwww
    抹茶フラペチーノ吹いたwww

    • 読みたい!
    • 同意!
      でも、この間の『深夜のダメ恋図鑑』も気になるw

    日本のダメ男をぶった斬る漫画「深夜のダメ恋図鑑」がスカッとして面白いwww【台湾人の反応】
    Twitterで話題になっていた尾崎衣良先生の漫画『深夜のダメ恋図鑑』が台湾で紹介されていました。ダメな彼氏をぶった…
  • わたしは『屋根裏の王子』(訳注:韓流ドラマ)を思い出したw
  • 平安時代が好きなんだ。
    貴族って優雅!
  • おもしろいマンガwww
  • もし私の家にも現れたら、きっと…!www
  • 抹茶フラペチーノ美味しい!
日本の漫画「織田シナモン信長」が斬新で面白いwww【台湾人の反応】
戦国武将がわんこに転生する漫画「織田シナモン信長」が台湾で紹介されていました。武将と犬を好きな人には堪らない…
引用元:爆笑穿越劇《不錯喔!光源氏君》平安貴族就只是比較優雅的尼特

  関連する記事

 - Twitter, おもしろ, アニメ漫画, 反応, 台湾

36 件のコメントがあります

  1. ドラマ化しそう

  2. 出会いのコマが実写で脳内再生された。効果音付きで。

  3. 和歌が平安貴族が詠んだものとは思われないwつたないww

    • 歴史を踏襲したif物語って、作者の知識量がモロに出るよね。
      下手したらSFより大変なんじゃないかな。

    • それ思ったwでも平安貴族が詠んでた風の和歌を作れるなら
      歌人として文壇デビューだわ。

  4. 平安貴族にだって、エリート官僚としてバリバリ働いてたひともいれば、
    まったくヒモ生活を謳歌してたひともいるんじゃないの光源氏は架空の人だけど

    • 原作ではバリバリ勤め人で政界を席巻。
      息子もわざわざエリートコースを歩ませず、学問と実績から始めさせ苦労させている。
      多分作者は(ネット上で『源氏物語』を論じる人間の大半もそうだが)原作を読んでない。
      でも歌は面白いと思った。

  5. 光源氏はモデルはいたが実在の人物じゃなく架空の人物じゃねっけ

    • 実在してたらさすがに式部もただでは済まされんよな。
      ようするに、「当時のいろんな人がやったゴシップを物語風にまとめたもの」だと思う。

  6. 真面目に突っ込むと、まず現代人と意思疎通できるか甚だ疑問w
    でも本当にタイムスリップしてきたら昔の日本語の発音とか分かって面白そうだよね。

  7. 現代に光源氏が来たら真っ先に児童ポルノ容疑で逮捕

  8. 光源氏が架空の人とかいうツッコミはどうかと思うぞ
    源氏物語はそもそも歴史モノではないのに、史実をベースに描かれている平家物語の弊害かねえ?

  9. クロムクロの剣之介もスマホを使いこなしてたからなぁw

  10. ちょんまげプリンみたいな感じ?

    • あれ、あんまり話題にならないけどそこそこ面白かった

  11. 光源氏は若紫が子供の時に攫いはしたけど手は出してはいないよね

  12. まず先に風呂入れ!って言ってやりたいw

  13. >だって、昔の人の生活は不便ですものね…トイレに行くことすら一苦労なんですよ (;´д`)

    平安時代は縄で拭いてましたとか、具体的なほどきっついからのう。
    わかってるつもりの昔の日本とは別世界と思ったほうがいい。

    • 30~40年前でも肥だめバキュームカーバリバリで
      日本中がンコ臭かったしなぁ

  14. タイムスリップもの流行ってるの?次は誰かしら?

  15. 確かに和歌が拙い……というか現代人の和歌にしか見えないな
    俳句という単語自体近代の言葉だし、俳諧と言っても平安時代の人には通じないだろうし
    光源氏へのツッコミ以前のアレコレがもう駄目だ

  16. 歴史的な有名人が現代にタイムスリップ漫画多いね

  17. そこまで大昔の人が現代に来ると現代の病原菌に耐性が無くて簡単にポックリと逝きそう

  18. 長期間入院で病院食しか食っていない状態で久しぶりに外食した時、一口目が塩辛くて吐きそうになったけどな
    缶ジュースは砂糖を直接飲んでいるみたいに吐きそうなほど甘く感じたし
    昔のように砂糖や塩があまりなかった時代の食生活をしていた人が、現代の日本の食事を美味しいと感じるだろうか?

    • 砂糖が贅沢品だった時代の甘い物はより楽しもうと惜し気もなく使うし、冷凍技術も発達してないから味だって濃いよ(何百年、千数百年レベルじゃないけど、ネクターとかロングセラーなジュースは昔と今じゃ甘さ変えてる)
      あと、平安貴族は味醂を酒代わりに飲んでたから抹茶フラペチーノ、下手したら甘く感じない可能性もある

    • 平安貴族はかなり甘いもん食ってる
      藤原道長も糖尿で死んだ

  19. 聖おにいさんならぬ源氏おにいさん

  20. 聖おにいさんやテルマエロマエみたいなんかじ?

  21. 貴種流離譚のコメディはもういいよ…

  22. 架空の人物だけど平安時代が舞台だし時代考証はもっとしっかりした方が面白いと思う

  23. 架空だけど皇室の人だから皇居に連れていったらいいのではと思ってしまった

  24. 光源氏ってマザコンでロリコンで
    老婆やブスも分け隔てなく抱いた男って認識なんだ

    • 紫式部センセーが宮中/貴族の女達に向けて書いた超人気の同人誌=源氏物語 ってイメージ
      女たちのいろんな理想がごった煮になって出来た男が光源氏なんだろうね

    • そういう言い方だと藤原竜也みたいなネアカあんちゃんだけどな
      実際はなんだ・・・こじらせてるというか面倒というか・・・

  25. ギャグ物にあまり正確さは求めないわ
    フィクションの光源氏だとなおさら

コメントする