kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本の「美しすぎる漫画家」の画力が異次元レベルで跳ね上がるwww【台湾人の反応】

   

23 コメント

日本で美しすぎる漫画家として話題になった福田健太郎先生の新連載『シニギワ』のことが台湾で紹介されていました。打ち切りを乗り越えた『デビリーマン』作者の新作を見た台湾人の反応をまとめました。

打ち切りがショックすぎて《イケメン漫画家の画風が監獄学園みたいに》みんなの意見を聞いて改善すればヒット作に?

q5iXpKabkKGcqKQ

ジャンプでデビューしたばかりの漫画家・福田健太郎先生は『探検バクモン』に出演した際、「イケメンすぎる」ということで話題になりました。ドラマ『重版出来』で要潤、永山絢斗、中川大志が漫画家を演じているのも納得です。しかし、いくらイケメンでもそれとマンガの人気は別でした。デビュー作『デビリーマン』は打ち切りの憂き目にあってしまいます…。その打ち切りがよほどショックだったのか、今月から始まる新連載では本来の画風を完全に捨て、『監獄学園』のような画風になっています。今回はうまくいくでしょうか?

・2015年にデビューし、美しすぎるということで注目されている漫画家さんです

q5iXpKabkKKaq6U

q5iXpKabkKKaq6Q

『デビリーマン』は凶悪な外見に反して善良な心を持った悪魔商社のサラリーマンのマドギワーが社長に首にされるピンチを何とかしようと奮闘するお話です。彼の仕事は悪い心を持った人間と契約し、契約者に「握手した相手の罪が見える」という能力を貸与する代わりに、報酬として年収の50%をもらうというものです。マドギワーが悪賢い天才少年・和くん(7歳)と出会い、協力して大金を稼ぐというストーリーです。ここまで聞くと天才少年がデスノートを拾うというあの漫画を思い出しますが、『デビリーマン』の悪魔の描写はそれには遠く及びません…。しかし、キャラ設定やストーリーはかなり面白いです! 打ち切りはされましたが、一度読んでみることをオススメします。

q5iXpKabkKOeqKQ

大々的に宣伝されて始まった新連載の受けが悪くて打ち切りにされる…イケメン漫画家が受けた衝撃はかなりのものでした。ストーリーはそんなに悪くなかったと思うのですが、イケメンや美女がいなくては秒殺必至、読者を引き付ける魅力にやや欠けました。現代の読者は非常に現実的で現金なところがあるので、人間性を題材にした作品を作ったのでしょうか? しかし、それだけでは打ち切りから逃れる確率は絶望的に低そうです。

編集者とイケメン漫画家は『デビリーマン』の画風がまずかったと思ったのでしょう。

q5iXpKabkKObsKQ

新作『シニギワ』の紹介文では「画力が異次元レベルで跳ね上がってます。悪魔に命でも売ったのかな…と思うほど。」というコメントが載せられています。

q5iXpKabkKWdsKQ

「ストーリーは一級のサスペンス」ということで、また悪魔と契約する話でも描いたのかと想像してしまいますよね! ですが、今回の代償はお金ではなく、命です! 画力が異次元レベルで跳ね上がったうえにイケメン、ヒロイン、ダークなサスペンスの雰囲気とすべて揃っています! 昔の画風はどこへやら、本当にカッコいいです!

・画風が大幅に変わった新作を見たネット民の感想

q5iXpKabkKebq6Q

「『監獄学園』のパクリ?」

「『監獄学園』に似ている」

千代ちゃんでしょうか? 確かに読者はこういう絵が好きですものね…。売上を見れば分かります。そういうのは要らないと言いつつも実はそういうのが好き…私たち読者はそういう生き物です。

「ちょっと90年代っぽくない?」

『デビリーマン』でも作者の懐古趣味が分かります。服装だけでなくキャラ設定もそうですね。原点回帰の姿勢は試す価値ありとジャンプ編集部も認めたのでしょうか?

「ヒロインがちょっとありきたり」

二次元でも三次元でもヒロインと言うものは、大きな瞳に長いまつ毛、高い鼻に小さい口にピンクのほっぺ、長い足でスタイルもよく、「視線をめぐらせて微笑めば百の媚態が生まれる(訳注:白居易の長恨歌の一節)」のような色っぽさを兼ね備えているのが定番です。

「『デビリーマン』を読んだ後に『シニギワ』を見たら、『シニギワ』は微妙だと思った!」

どれほどいるかは分かりませんが、『デビリーマン』には熱烈な支持者がいるようです。好きな漫画が打ち切られたら布団をかぶって泣きましょう。ただし、漫画家のほうがずっと泣きたい気分だということをお忘れなく!

「エロ漫画の覇者となるだろう!」

大量にあるエロ漫画の中で生き残るのは容易ではありませんが…でも頑張って下さい!

作品をヒットさせたかったら頭を使うことです! もしエロ漫画を描くのが嫌なら、漫画家自身がエロくなればいいのです(逮捕されそう)…単行本買いますね。

台湾人の反応

  • こういうストーリーなら青年誌で連載した方がいい。
    青年誌は少年誌より色々と寛容だから。
  • 昔のジャンプとはもはや別物
  • ジャンプは大衆受けする作品を探してるんだろうけど、読者の好みが変わればすぐ方向転換して、また別の作品を探す。
  • 可哀想な漫画家…。こういう記事を見るたびに、なんで入れたくないお色気要素を入れてまで連載するの?って思う╮(╯▽╰)╭
  • 端的に言えば売れ線ではなかったし、掲載する雑誌も間違えたということ。
    みんなジャンプで早くヒットしたいだろうけど、ジャンプでは難しい。ベテランも新人も生き残るのは難しい場所だ。
  • どんな作品が打ち切りになるか理解して、読者を増やし、長期連載して編集に実力を認められ支持されれば、そこでやっと自分の描きたいものが描けるんだろうな…
    • だとしても難しい。みんながみんな冨樫みたいに勝手じゃないしな。
    • お前いつも冨樫先生についてあれこれ言うのなw
      才能があれば身勝手でもいいじゃないか~~
  • お~!! こんなにイケメンだったとは!!
  • 売り上げが全て。どれだけエロ要素を入れたとしても、買う人がいなければ打ち切られる。
  • エロ漫画かどうかのみに注目するのって嫌いだわ
  • ジャンプじゃなかったらもう少しもったかも
    • ジャンプは良作を結構潰してるよなぁ…
  • 以前描いてたこどもの絵も可愛くて良かったけどなあ…
日本の「美人すぎる女性漫画家」を見た台湾人の反応
日本の美人すぎる女性漫画家の写真や作品が台湾で紹介されていました。読んだことのある漫画の作者の素顔に驚く台湾…
引用元:被腰斬刺激太大《帥哥漫畫家改為監獄學園畫風》聽我話腦洞開了就會紅了…

  関連する記事

 - Twitter, アニメ漫画, 反応, 台湾

23 件のコメントがあります

  1. 手っ取り早く売れたいからエロを出すって、
    漫画家としての誇りはないのかね?
    売れないグラビアアイドルのヌードと同じ。

    • 誇りじゃ飯は食えんのです。
      世の中のニートはそれがわからんとですよ。
      客の要求をリサーチして、如何にすれば儲けられるか?
      それが考えられん馬鹿なんです。

      誇りを持って芸術家として売れない漫画家より、
      エロ描いて少しでも売れて、連載続いて、知名度上がった方がいいに決まってるだろ。
      その誇りで売れない間はどうやって生活するつもりだ?
      漫画家の誇りを持って何年間もバイトしてるとか本末転倒だろ。
      世に出なきゃ誇りとかのたまう前に作品が評価もされないんだよ。

    • アイドル声優なんかでもそうだけど、せっかく声優として才能があっても
      本人の見た目を事務所に大々的にアイドルビジネスにされると
      各作品のファンからは『アイドル志望で声優業は二の次』扱いされたりして
      2~3年経ってアイドルとしての旬が過ぎると
      本業の声優としての需要がなくなって消えてしまうパターンが多い気がする。

      漫画家としてパッとしなくて何でもいいから切っ掛けが欲しいなら
      話題を作るためにやってみる価値はあるかもしれないけど
      そっちが選考しすぎると作品そのもののイメージよりも
      『ああ、あのイケメンが描いてる作品ね』って感じで薄くなってしまう気がする。
      荒木なんかも容姿がネタになったりするけど
      アレは本業のジョジョの実績とイメージがあって、ジャンプ恒例の新年号の表紙に
      毎年顔出ししてたから意味があるんだしね。

      • 昔はジャンプに限らず漫画家は普通に自分の単行本に顔写真出してたなあ
        ジャンプ新年号は漫画家全員の顔写真表紙になってたからね
        少女漫画家でも単行本に顔写真出してる人は結構いた
        今は時代の流れと共に顔出さないのが普通に。当然と言えば当然だけど

        声優は本当に下手な人が増えたなあ、って印象
        声優も漫画家も売る側(編集)の質も落ちてるのかねえ
        この漫画家さんは元々画は上手いと思うけどなあ。キャッツアイとかコブラとかもっと青年誌っぽい絵柄でジャンプ連載してたんだし

    • 北斎だって春画かいてるし

  2. パーティグッズの透明マスクつけたみたいな顔。ドコガイケメソ?

  3. 確かに整ってはいるが、
    俺たちには仮面ダブルソード持ちで「う○こ」連呼な
    漢前しってるからなぁ…イラストレーターだけど。

  4. 月刊な雑誌に移してやって、
    じっくり描かせたらいいのに。

  5. 「監獄学園ってそんなに絵上手いか?」とか言ってる人間には同じ作者の描いた「アゴなしゲンとオレ物語」読めと言いたい。

    アノマロカリスからホモサピエンスくらい進化してるから。

  6. 監獄学園の人はアゴなしの時からうまいでしょ
    作品によって画風変えてるだけだと思う

    • アゴゲンの一巻見てから言え。
      アゴゲンだけで進化の歴史が見られるぞ。
      絶句するぞ。

  7. 俺と悪魔のブルーズ・・・

  8. 売れない作品に誇りもってても誰も相手にしないからな
    誇りに共感するやつが作品を買うわけでもないし
    判断基準がストーリー、絵、読みやすさとかに絞られるから、どれか変えるしかない

  9. リア充は二次の才能に限りがあるよ
    現実で上手くいかない鬱憤で、理想の世界の構築に人生全て捧げるわけだから
    芸術方面で大成するやつは容姿や性格がアレだったり心が病んでるのが普通

  10. 美しすぎる漫画家って男かよ・・・

  11. キャラデザが糞ダサかっただけで、画力は元からあるやん

  12. ぶっちゃけ内容なんて出版社にとってはどーでもいい。倫理的に問題がなくて雑誌が売れるなら。

  13. 買ってる奴らが小学生脳でうんこちんこ大好きで難しい物は理解できなかったらうんこちんこばっか溢れるだろうね
    それで発展するか他の国に追い越されてくかはわからないけど
    そう考えると愚民迎合ってのも考えものだね

  14. よく分からんがピクピクンとかいうやつは今でも仕事してるんか

  15. 並々ならぬ努力はしたんだろうけどもともと画力はあったんだろう。
    自身が若手って事で下積み時代が短かったから
    長い付き合いのあるベテランアシスタントがつかなかったり
    週間連載って事でペースアップの為にキャラのデザインを簡略したり
    そういったことがデビリーマンは裏目に出たんじゃないかな。

    週間少年ジャンプって少年誌っていうわりに購読者の年齢層が
    昔みたいに男子の小中学生中心ではなくて、成人した男女が中心だし
    キャラの性質が分かりやすい(いかにも善玉・悪玉など一目で分かる)
    キャッチーな絵柄よりも監獄学園やGANTZやデスノートみたいな
    リアル寄りの絵柄の方がウケがいいんだろう。

  16. 魔闘家鈴木を思い出した

コメントする