kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本人のほとんどが「間違って使っている日本語」を見た台湾人の反応

   

69 コメント
みそ卵うどん

ほとんどの日本人が「よく間違って使っていた日本語ランキング」が台湾で紹介されていました。日本人が普段間違って使ってしまうことの多い日本語を見た台湾人の反応をまとめました。

「日本人がよく間違って使っている日本語トップ10」間違って使われている言葉、1位はなんと…

pJyXoZ2bkaeeqaQ

大丈夫です、我々だって中国語を乱用しまくってるんですからw(オイ) でもホント、スマートフォンが生活必需品になってから、中国語が下手になってるなあと痛感させられています。特に手で書かないといけない時なんて、過去に国語を教えてくれた先生方全員に対してひどく申し訳ない気持ちになってしまいます…。当然、同じようなことは我々以外の国でも起こっています。言葉の使い方や意味などは時代と共に変化していくもの。以前、みなさんに紹介した「さようなら問題」のように。そこで、最近日本のサイトでは、この「日本人がよく間違って使っている日本語」について調査をしました。間違って使われるのがもっとも多かったこの1位の言葉、あなたも間違って使ったことがあるかもしれませんよ。

9位 割愛

pJyXoZ2bkp_araQ

中国語で考えると、この単語の意味は間違いなく、「割愛(惜しいと思うものを手放す)」で正しいのですが、多くの日本人は「不必要な物を単に省略する」という意味だと思ってしまっていたようです。

9位 複雑骨折

日本語のもともとの意味は「骨が折れて皮膚を突き破った状態」なのですが、よく「複雑に骨折して骨が粉々になったりつぶれた状態」だと勘違いされているようです。

8位 辛党

pJyXoZ2bk6OcqqQ

なるほど、私も間違えていましたw 字面だけ見ると、確かに「辛い食べ物が好きな人」のように思えちゃいますが、しかし実は「酒を飲むのが好きな人」という意味なのです。

7位 性癖

我々が思っていた「性癖」じゃなかったとは(⊙o⊙)!!! 本来の意味は、いわゆる「習性」に近いと言ってイイでしょう。

6位 姑息

pJyXoZ2bkqCWrKQ

我々の使う中国語の姑息の意味とは違い、本来は「一時しのぎ」という意味だったのです。しかし現在多くの日本人は「卑怯」という意味にしてしまっています。

5位 微妙

近年では習慣的に「よくもなく悪くもなくイマイチ」なことを形容するのに使われる「微妙」ですが、日本語の本来の意味は、「趣深くなんともいえない美しさがある様子」なのだそうです。

4位 元旦

現代日本人が思っている「元旦」と、我々の認識する「元日、1月1日」とでは違いはないのですが、日本語のもともとの意味はなんと、「元日の夜明けから明け方」なのだそうですよ。

3位 敷居が高い

pJyXoZ2bkaKdsKQ

よく、「高級すぎたり上品すぎて入りにくい」という意味だと勘違いされるのですが、正確には「相手に不義理などをしてしまって行きにくい」という意味だそうです。

2位 フレンチキス

pJyXoZ2blaGWq6Q

フレンチキスとは、つまりいわゆる「フランス式のキス」、本来は「舌を使った熱烈なキス」のはずなのですが、なぜか日本人はよく「軽い唇だけのキス」と勘違いしちゃうみたいです。

1位 爆笑

pJyXoZ2blaadq6Q

めちゃくちゃよく使われる「爆笑」というこの言葉、実は本来「大勢が笑う」という意味なのです。しかし最近では「大笑いする」の意味と間違えて使われています。一家全員でテレビを見ている時などであれば「爆笑」という言葉も使えますが、一人で見ているのだとしたら、この「爆笑」という言葉はふさわしくありませんね。

日本人でもみんな間違って使っちゃうんだから、「我々外国人が間違って使ってて」も許してもらえますよねwww(オイ)

台湾人の反応

  • 日本人も間違った意味の日本語を使うのか~
  • 「旦」って、太陽が大地から登り始めたときの様子を意味してるから、元旦が1月1日の朝って言うのは合ってるね
  • 姑息
    無原則に寛容な対応をすること:自分のミスに対してはやっちゃいけないな~
  • ずっと元旦は一月一日だと思ってた。逆に台湾の元旦の日付の方がおかしな感じがする。
    でも、やっぱり僕の勘違いかな?
    台湾の元旦って三日間? それとも一日だけ?

    • 台湾の元旦は一月一日で間違いないよ
    • 元旦と元旦の休みは別のことだよ、清明と春休みみたいなもん
    • 台湾の元旦は1/1、あなたの勘違いだよ
    • ホントだ、間違えてたw みんなありがとう!!!
  • コトバの意味って言うのはよく変わるものだよ…
  • 勉強した!なるほと….. ( ・O・)(訳注:原文ママ)
  • 「爆笑」って中国の成語の「哄堂大笑」(訳注:「その場にいる者がどっと笑う」ことを意味する。)の意味なんだね。
    主体が「人」、しかも「みんな」か「大勢の人」(だって、一人だと「爆発できない」からね)になってる。
    でも、言葉の使い方って知らず知らずの間に「事/物」が主体に変わっていくから、いまは「何かで人を笑い転げさせること」という感じがする
日本人が「日本語で会話する台湾人とポーランド人」を見て感動!【台湾人の反応】
日本語でプラモ談義する台湾人とポーランド人のツイートが日本で話題になっていたと台湾で紹介されていました。日本…
引用元:《日本人最常用錯的10句日文》大家最常用錯的第一名竟然是…

  関連する記事

 - ランキング, 反応, 台湾

69 件のコメントがあります

  1. ま、言葉の意味なんて変わっていくもんやしええか(適当)

  2. 言葉は生き物じゃないからなあ
    ネットの普及以降は、誤用が定着せず、誤用例として定着する時代になってしまった

  3. 麻呂もそう思ふでごじゃるよ

  4. 一所懸命より定着してしまった一生懸命

  5. どれもこれも正しく理解していた。

    • 自分は「複雑骨折」だけ間違っていた。他の単語はまぁ、正誤の両方を認識してる。
      そうか…骨が突き出てる状態なのか…複雑骨折こわい。

  6. 「全然」がない!?
    日本人の大半が間違って使ってるだろ?
    「全然」は本来否定的な意味で使うのに、「全然大丈夫」とか肯定的に使うようになってきている。

    • なぜ広まった? 「『全然いい』は誤用」という迷信
      http://style.nikkei.com/article/DGXBZO37057770W1A201C1000000

    • 全然って漢字を見れば解るが、全く然りなんだから肯定的な意味として使うのが本来正しいんだよ
      回り回って元に戻っただけだ

      • 結局は、昭和以降は全然=否定で、それ以前は文献が無いから分からないってことでしょ?
        結局は「全然」は否定形なんだよ。

        • 語源は知らないが、何方でもない派だな。
          全く然りって意味だから、相手の要求や質問に込められた相手の願望に対して、そうですねと相槌を打つようなもので、その後の肯定や否定とは直接的な繋がりがないと解釈している。

          N氏「大丈夫?
          肯定:F氏「そうですね、大丈夫です
          否定:F氏「そうですね、無理です

          だから、口語で「全然」って言葉を単体で使う際、その後の言葉を省略して態度で相手に伝えている。

        • 文献あるじゃん
          明治時代のものが残ってないと思う方が不思議

        • 何で文献が無い事になってんだ?残ってるだろ普通に

    • なんかの本で読んだけど、著者の生徒が卒論で「全然~肯定」について書いてたらしいんだけど、その内容がなるほどって思った。
      「全然~肯定」は相手が否定的な感情を持っていると推察される場合にのみ使われる。
      つまり、例えば「あそこのレストラン、おいしいから行ってみて!」
      と言われた場合「全然おいしかったよ~!」とは言わない。
      「あそこのレストラン、口に合わないかもしれないけど雰囲気良かったよ。」
      なんて言われたら「全然おいしかったよ~。」と答える。
      使い方が間違ってるって言われる昨今だけど、その変化も規則性を持ってるんだなーと感心した。
      「全然(そんなことないよ。)おいしかったよ。」と否定文が省略されてるってことなのかな。

    • 「勉強してきた?」
      「全然」

      この場合の「全然」の意味は?「全然やってきた」?ちがうよね?「全然やってない」だよね。
      「全然」という言葉を使ったとき、「~ない」が期待されてる。
      だから、「全然」を肯定につかうと変なんだよ。

      • 君らが話してるのは「言葉の問題」では無くて、単に「ハイコンテクスト」の問題でしょう。
        簡単に言えば「空気を読む」ってレベルの話。
        下でも書いたけど、全然は「全く」と同意だから
        「勉強してきた?」
        「全く」
        と言えば、否定形「全くしてない」を「空気を読んで察した」って事。

        だからと言って
        「最近の親は躾が悪いね」
        「全く」
        と言えば、肯定形「全くその通り」を「空気を読んで察した」事になる。

        「全く」には否定も肯定も無い。ただ後に続く言葉が否定か肯定を決める。
        そして日本人は後に続く言葉を端折ってハイコンテクスト化する事が多いってだけ。
        省略された言葉が否定形が期待されるか肯定形が期待されるかは、言葉の問題では無く「会話習慣の問題」なんだよ。

        「全然」も然り。

    • いや、そもそも「全然」に否定も肯定も無いからw
      「余す所無く全て」と言う意味で、それ以上でもそれ以下でもない。
      「全く」と同意で「全くけしからん」「全く健康である」と否定、肯定共に使うのと同じ様に「全然良くない」「全然大丈夫」どちらもOK。
      おれの辞書の例文にも
      「全然知らない」
      「全然素敵だ」
      の否定、肯定の両例が書かれている。

  7. 間違えても実害の少ない言葉ならいいけど
    逆の意味だと困るね
    やぶさかでない、とか役不足とか気の置けないとか・・・

  8. 実に微妙なスレだ

  9. 言葉の誤用は一般人なら意味が通じていれば問題ない
    文章家なら基本誤用は気をつけるべきだが、一般人の中で当たり前になってる言葉なら使っていい
    純文学ならともかく、娯楽小説で正しい用法だからといっても一般人の読者と認識に隔たりがあると小説として良し悪し
    絶対に間違えてはいけないのは専門家

  10. 言葉は変わるし意味も人通りとは限らない
    特に日本語は読み方も意味も何通りもある場合が多い

  11. 自分は「性癖」を本来の意味の方でよく使ってたんだけど
    その度に「性癖って!(笑)」と意図していないツッこみを受けるので使うのやめた。

  12. 時代が変わると意味も変ってしまうのは仕方のないこと。ただ、なるべく変わらないようにすることは必要だ。英国やフランスでは発音と表記を一致させようとする考え方もあるが、文化的連続性を断絶する(古い本が専門家以外には読めなくなる)という理由で見送られてきた。日本が敗戦のどさくさに紛れてカナ表記や漢字の字体、字数の実質的制限を行ってしまったことは大きな間違いだと思う。今、新刊で出版される本は、憲法の条文などを含め、明治期から終戦直後までの文物はほとんどすべて新假名・新漢字に書きなおされている。アメリカのように自然に行われる場合は仕方が無いが、政府や官庁が告示や通達で事実上強制したり、メディアが自主規制で行うようなことはしない方がよい。そうでなくても江戸時代には仮名遣いは間違いだらけだったし(民間の国学者がガイドラインのようなものを作ったりしたが幕府や大名領家中は関与しなかった)、漢字の略体も事実上使用されていたが、別に大きな問題は起きていなかったのだ。

  13. 元旦は普通に解るやろ
    地平線、水平線(―)から昇る朝日(日)やろ
    知らない人はおらんやろ

  14. ん〜
    意味が通じていれば問題ない、と、発言者が独り決めしていなければね。
    国語辞典の存在を否定するようなことを宣言されてもなあ。
    それじゃあ、一般的な誤用の良し悪しについても専門家の判断に任せれば?

  15. 辛党は、本来の意味は「辛い物好き」だよ。
    甘党が「甘い物好き」なのだから辛党は辛い物好きという意味があるに決まっている。
    酒好きは、酒呑みが辛い物好きという所から派生した意味なんだけど、なぜか本来の意味がある時から辞書から抜けてしまって、誤用扱いされているらしい。

    「敷居が高い」も誤用ではなくて、本来の意味から転じていって意味が拡張されたもので、誤用では無いという意見もある。
    「確信犯」とかも誤用扱いされているけど、他に同じ意味の適切な言葉が無いのだから、新しい意味を持った言葉でいいと思うんだけどね。

    • 「確信犯」の誤用、新しい意味の方は、単語を作った方が良いな。「理解犯」とか。そもそも、日常においてその意味で使う場面なんて無いんだけどね。

      • 法律用語と日常用語でちょっと意味が違ったりするから
        確信犯もその範疇に入れればいいのにと思う。

      • 故意犯って言葉があるね

      • 「故意犯」っていうのが一応ある
        けど、前使ってる人が突っ込まれてるのを見たなぁ
        一般的に広まってないと正しい言葉を正しく使っても必ずしも相手に正しく伝わるわけじゃないんだよね

      • 確かに故意犯という言葉はあるけど、これはもろに犯罪に対する言葉で、「確信犯」で使われているニュアンスとはかなり違うんだよね。いわゆる誤用と言われている「確信犯」は、悪い結果を予測していながら何かをした、あるいはしなかった、という意味で使われていて、故意犯ではとても置き換えられない気がする。

  16. テレビで使われている間違った日本語は、こんなレベルじゃ無いけどね。
    ひどいのが、「におう」という言葉。
    「ちょっと、におわせて」という発言を聞いて初め何を言っているのかわからなかったけど、「においを嗅がせて」という意味だとわかって唖然とした。
    「におう」という言葉は自動詞だから「においを発している」という意味であり、「においを嗅ぐ」という意味は全く無い。文法的に間違いであり誤用というより日本語の破壊に近い。
    初めてこの使い方をしていたのは確かベッキーだったと思うけど、テレビで使う人間が増えてきたように思う。

  17. うん、ほとんど知らんかった・・・

    >「趣深くなんともいえない美しさがある様子」

    なるほどwこれは転用されていった経緯が想像つくw
    「いかがでしょう」「・・・・微妙ですなあ」

  18. フレンチキスは芸能人、特に芸人がほぼ全員勘違いしてる
    今までテレビやラジオで正しい意味で使われているのは聞いたことがない
    女性アイドルなんかが「フレンチキスとかぁ憧れますね~」なんて言ってたりすると誰かちゃんと教えてやれと思う
    言葉を生業としてる秋元康氏すら「清純派」コンセプトのユニット名につけてしまうくらいだしねw

  19. 「爆笑」って正式な日本語だったのかぁ。
    隠語が一般的になっただけだと思ってた。

    そうしたら
    「葬儀で遺族が『爆鳴』『爆泣』」
    なんて語もあるんか?

  20. どれも間違って使ってたけど、フレンチ・キスは衝撃だった。
    正反対だな。

  21. 清純そうなアイドルグループの名前が「フレンチキス」なのを
    見た時は失笑させられたよ

  22. 「性癖」を性的な意味で使うようになったのって、ほんの数年前から。
    急速に誤用が広まって、一般に通用するようになってしまった。
    本来の意味での使い方も一般的に通用していた単語だけに本当にイライラする。

  23. 誤用が定着してそれが正しい使い方になってしまえばそれはそれですっきりするんだけど、過渡期がめんどくさいよね。
    今では「新しい」を「あらたしい」が正しいだろ!って言う人がいないように。

  24. 爆笑は笑い転げるとかお腹が捩れるほど笑うって感じだと思ってた。
    これは勉強になった。管理人さんありがとう。

  25. 敷居が高いの誤用はあんま聞かない

  26. もし勘違いしてる人の割合が過半数を超えてたら、いっそ
    そっちの意味に変えたほうが使い勝手よくなるんじゃない?
    感覚的にしっくりくる ってことだろうから

  27. 複雑骨折はあってるやん開放骨折とまちごてないか?

    • 医療用語の複雑骨折とは骨の形状のことではなく、
      骨が皮膚を破って飛び出した状態で、
      感染症予防も必要になるなど治療が「複雑」という意味。
      勘違いされるので開放骨折とか開放性骨折と呼ぶ場合も多い。

  28. 言葉が時代と共に変化するのは確かにその通りなのだけれど、
    それを理由に言葉の乱れを肯定するのは違うと思う。
    過渡期に於いては批判されて当然である。

    • "言葉が時代と共に変化するのは確かにその通りなのだけれど、
      それを理由に言葉の乱れを肯定するのは違うと思う。"

      よくぞ言ってくれた。本当にその通り

    • 本来目上の人に尊敬を込めていう「貴様」が、いつの間にか上から目線で使う言葉になったする
      上のランキングの「割愛」や「微妙」もそうだが、漢字を見れば見当くらいつくはずなのに、誤用が広まるって何なんだろうな

  29. フレンチキスは本当に勘違いしてる人が多いね〜

  30. 間違って使ってるなんて、これは定番中の定番、マンション(屋敷)だろ・・・

  31. 契約等で意図的にミスリードを誘う目的で使われるようにならないといいね

  32. ステレオタイプが正しいのに、昭和初期にステロタイプって流行ったからそっちが正しいと勘違いしてるのもいるねえ。

  33. 意味が変わって定着してるものまで誤用にしちゃうのは言語学者の悪い癖だね

  34. 政治家が「せいぜいがんばって」とかエールを送ったら
    日本中、大バッシングになった事例が頭に浮かびました

  35. 「間違った日本語」がないのなら、どうやって外国人に「正しい日本語」を教えることができるんだろう?

  36. 英語とフランス語はお互い英語でフレンチ~、フランス語のアングレ~はエロい意味を付与してる
    フレンチメイドはエロメイド
    フレンチレターはコンドーム、ちなみに仏語ではアングレーズ・シャポー(帽子)と呼ぶw
    ってわけで英語でフレンチ~って言われたらエロを疑うといいよ
    >ステレオタイプが正しいのに
    正しい発音はステーリアタイプやね

    ↓以下ゆとり世代以降の半数近くが知らないか、間違うやつだって
    おもむろ、やおら、破天荒、雨模様、さわり、憮然、ぞっとしない、檄を飛ばす
    にやける、失笑する、気がおけない、流れに掉さす、穿った見方をする、すべからく
    世間ずれ、潮時、吝かではない、噴飯もの……
    みんな当然わかってるよな?w

  37. ここまで真逆が出てないね。
    読みは「まさか」
    「まぎゃく」なんて読みは無い

    • 新語
      としてすでに認知されている。

      [名・形動]
      《「逆」を強調した俗語》
      まったく逆であること。正反対なこと。また、そのさま。
      「前作とは性格が―の人物を演じる」
      ソース:デジタル大辞泉

  38. フレンチキスは女はほとんど知らんよな
    女に「ベロチューどころか、唾液の交換までする下品なフランス人のことを、アメリカ人が揶揄した言葉」だと教えると「それ絶対違う!」と半ギレされたことあるわ
    女はフレンチキスという言葉にある種思い入れがあるみたいだ

  39. でも自分は間違いに気付いてて正しく使っていたとしても、話相手が間違って認識してた場合「何コイツ日本語間違えてるw」って逆に馬鹿だと思われたら嫌だな…それに話をしていて相手が間違った日本語を使っていたとしても、何が言いたいのかさえ分かればスルーしますね。指摘すると偉そうとかインテリぶってるとか、空気読めよって感じで何故かこちらが非難を受ける場合がありますから…

    • 全く同じことを書こうと思ってた。
      これ、反対に誤解している言葉は最も困る。
      役不足と役者不足の間違いは相手が怒っても仕方ない。

  40. 複雑骨折はもう骨バラバラでいいやん
    開放骨折って言葉もあるんやし

  41. 近頃「あざとい」が気になっております

    • [形][文]あざと・し
      1 やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。
      「―・い商法」
      2 小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。
      「考え方が―・い」
      ソース:デジタル大辞泉

  42. 学校で習わないから、つい先輩や友人、同僚の間違った言い回しで覚えてしまうよね。

    それと昔は書籍で文豪の作品から的確な表現を読んで誤認することも少なかったけど、今はマスコミどころか、作家やエッセイスト、知識人といわれる輩が間違った引用をするのでそれが定着するケースが後を絶たない。

    言葉は生き物だけど、今の時代に間違った発信をされて拡散すると、言い方を変えてしまうから生き物ってより10年後には使われなくなる産廃って感じなんだよなぁ・・・
    敷居→ハードルみたいに

  43. 「憮然」は小説などで正しく使われているのを見たことがない

  44. 情報拡散の規模とスピードが、昔とは段違いだからねえ
    しかし、全体の何%が誤用すると「新しい意味」に昇格するんだろうか
    両方わかってればいいけど、誤用が広まってるのを知らないと結構びっくりする
    以前仕事の合間に、「だいぶ煮詰まってきた」と言ったら「じゃあ気分転換に飲むか」と返されたときは、本気で意味不明だった

  45. 号泣

    大声で泣き叫ぶさま

    大声で泣いてないのに号泣って言葉使ってない?特にテレビ番組とか雑誌で

  46. 少なくとも単語に関しては現代国語として認知されてる意味で使う分は良いと思う。
    例えば微妙は、辞書によると
    [物事の状態や関係などが、言い表せないほど細かく複雑なこと。「微妙なニュアンスの違い」]
    と書かれているから、現代日本人として間違って使ってる人は余りいないでしょう。

    あと、辛党も、本来は甘い菓子よりも辛い酒の方が好きって所から来てるから、甘党の対語としての意義がそもそも有るんで、辛い食べ物を含めても良いと思う。

    あと日本人が良く間違って使ってると言えば「役不足」とかも有ると思う。

コメントする