kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本の同人作家の「初めての同人誌即売会でのトラウマ」が感動の展開に!【台湾人の反応】

   

21 コメント

日本の同人作家さんが初めて同人誌即売会に参加したものの、200部のオリジナル同人誌が全くさばけずに残ってしまったという経験が台湾で紹介されていました。そのトラウマがどのように感動的な経験に変わったかを見た台湾人の反応をまとめました。

初めて参加した同人誌即売会で売れないのは普通のこと

qpmXnqaVk6adq6Q

成功の陰には失敗あり。様々な試行錯誤を経てこそ、成果を得られるというものなのです。それは同人作家にとっても同じこと。いま人気の作家だって、かつてはまったく売れなかったという経験があるものです。あの蒼樹うめ先生ですら、中学時代には本が売れ残ったそうですよ。そんな見向きもされなかった同人誌が、その後日の目を見ることはあるのでしょうか? 同人作家の「がい子くじん」さんは、売れ残った同人誌の後日談をマンガで紹介しました。

○艦これの4コママンガ同人を創作しているがい子くじんさん

qpmXnqaVk6OcsKQ

qpmXnqaVk6OcsKU

qpmXnqaVk6Odp6Y

がい子くじんさんが初めて参加した同人誌即売会はコミティア。92ページのオリジナル本を200部用意していました。

qpmXnqaVlJ6dsKQ

…ところが結果は1冊も売れず。初めて参加するときは50部以内程度におさえておいたほうがいいかもしれませんね…。

(コミティアはオリジナル作品限定即売会で、運営は「自主制作漫画誌展示即売会」と定義しています)

残った200部は、トラウマになる前に処分しようと、東京に住むお姉さんに捨ててもらうことにして、がい子くじんさん本人は自宅がある鹿児島へ帰りました。

qpmXnqaVlJ6dsKU

がい子くじんさんはその後2014年に初めて夏コミに参加します。

qpmXnqaVlJ6dsKY

そのために東京のお姉さんの家を訪れると、なんと捨ててもらうように預けた200部の同人誌をそのままとっておいてくれていたのです。

そこでがい子くじんさんは、そのオリジナル本を夏コミで無料配布することに。

qpmXnqaVlKeZq6Q

その結果、200部すべて受け取ってもらえました。好きな同人作家の初期の作品をもらえるのはファンにとっても嬉しいことですよね。

苦い思いをした初めての同人誌のこの結末に、がい子くじんさんも様々な思いが去来したことでしょう。

台湾人の反応

  • 夢を捨てるって難しいことだよね
    お姉さんがとっておいてくれたのはただの同人誌じゃなく、弟の夢と希望だよ
    お姉さんナイス
  • お姉さんには先を見通す目があったんだねw
  • わたしも50セットぐらい作ったバッジやカードが売れなかったことある
    カードはマットコート紙に印刷したから装飾文字の練習にちょうどいいけどね
    これもある意味リサイクルだよね…(;ω;)
  • 私がこの人のお姉さんでも捨てられなかったな。弟の苦労の結晶だもんね。
    売れなくてがっかりしたろうけど、作品は子供みたいなものだから泣いちゃうよね。
  • まるゆさん〜〜〜
    この人の作品はなかなか教育的意義がある
  • おねえちゃんはいつか人にあげる機会があるだろうと思って捨てなかったんだな
  • トップ画像なに?
    • デンキ街の本屋さん
日本の漫画「モンスター娘のいる日常」の作者がコミケで夢を叶える!【台湾人の反応】
マンガ「モンスター娘のいる日常」の作者オカヤド先生がコミケで「ずっとやってみたかったこと」を叶えたというツイ…
引用元:《第一次參加同人即售會》賣不出去是家常便飯……

  関連する記事

 - Twitter, アニメ漫画, 反応, 台湾

21 件のコメントがあります

  1. よくわからんし理解はできんが、なんか泣けた。

  2. 人気のある世界は、ものすごい階層があってどこも大変よね(´・ω・`)
    音楽・スポーツ・漫画・小説・映画・・・

  3. 継続は力なり でいいのか?

  4. 無料で貰ってくれただけで感謝感激なの?
    お姉さんに対して感謝感激なら分かるけど
    でもこれ切欠で人気になったんだったら良かったね

    • 単純計算で200人のファンが必要(多分買いに来てくれた人にあげたと思う)
      それまで続けてたことも、そんな数の購買者ができたことも、それまで姉ちゃんが持っててくれたことも、全部すごいんだよ

      手間と金かけて92Pも書いて、製本した初めての作品本(200冊)が日の目を見ずに廃棄(有料)されるのは
      めちゃくちゃ切ないがままあることらしい
      同人書いてる人は金掛けて漫画描いて金掛けて製本して金掛けて処分してもらうって訳わからん、と空しくなる時があるようだ

  5. コミティア初参加で200部はチャレンジャー過ぎる…
    しかしお姉さんが捨てないでくれて良かったね

  6. 見本誌回収やってるとなんとなく売れるか売れないかがわかるで
    ついでに上手くなるかならないかもわかるようになる
    最期に自分の本当の好みがわかるようになる

  7. つまり艦これ同人のおまけに見向きもされなかったオリジナルを付けてさばいたと。
    艦これは偉大だなあ

  8. コミティアってオリジナル限定で時期によっては来場する人が少ないから一番敷居高そう
    知名度がないと大体このパターンなんじゃないの
    オリジナル出すならともかく艦これだすなら艦これオンリーに出るべきだっただけかと
    コミケやオンリーは突発で買うパターンが多いからな
    ある程度知名度高くなった場合やまったり何度も挑戦して実力を試すという場ならコミティアはいいんだろうけど

  9. 一冊毎の単価を下げるには冊数多く刷った方が良いからな。
    俺も最初の同人誌はエヴァの二次小説だったが100冊完売するまで数年は掛かった。

  10. 無料配布すればサバけるんじゃないですかねぇ

  11. 良いねぇちゃんだったな

  12. 作品って自分の子供みたいなもんだもんね
    特にマイナージャンルやオリジナルは、売れるために作ってるんじゃないから作品への愛情も深いしね
    捌けたのが嬉しいんじゃなくて、たとえオマケで読んでくれないかもしれないけど、作品が読んでもらえる可能性のあるところへ旅立って行ってくれたことが嬉しいんだよね\(*T▽T*)/
    売れなくて在庫になると、俺が不甲斐ないばっかりにゴメンな〜って気持ちになるもんなぁ

  13. ダンジョン飯の作者もコミティア初参加で全然捌けなかったらしいしな
    オリは茨の道やで

  14. なんかひねくれたコメント多くてワロタ

  15. 本200冊なんてそう簡単には捨てられない
    面倒で放置してただけだと思う

  16. コミケでは結構出るのに別のイベントだと全然はけないみたいなことも結構あるから初イベントは持ち込み数読むのが難しいんだよね。同時期のイベントかぶりで人がバラけちゃったりも多いし

  17. 教養的意義とな

  18. 昔虹裏のイベント行った時参加サークルが3つしかなくて吹いた
    人は多かったから本は即完売だったけどあれは伝説級だったわ
    あとコミックルネッサンスも酷かったw
    ビッグサイト東館123ホール借りてるのにサークルが30ぐらいしかなかったわw

  19. 偽りの愛は堕落を招くからやめろ
    ttp://moomii.jp/kosodate/excessivecare-check.html

コメントする