kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本のグルメ漫画「ゴールデンカムイ」が面白いと台湾人も絶賛!

   

81 コメント
ゴールデンカムイ

日本でも人気のある漫画『ゴールデンカムイ』が面白いと台湾で紹介されていました。冒険やグルメ、サバイバルの詰まったストーリーを見た台湾人の反応をまとめました。

推薦マンガ『ゴールデンカムイ』極寒の地の黄金伝説をめぐる物語

qpyWoKCcmKKZp6Q

今回の推薦マンガは『ゴールデンカムイ』です。わたしはこの作品をはっきりとはカテゴライズできません(冒険?グルメ?サバイバル?) ただ、時間泥棒であることは間違いないです。この推薦記事を書こうとしているときに、折よく「マンガ大賞2016」にノミネートされました(2015年のコミックナタリー大賞2位にもなっています)。業界人にも人気の作品であるといえるでしょう。

○『ゴールデンカムイ』作:野田サトル

qpyWoKCcmKKZp6U

主人公の杉元佐一は日露戦争からの帰還兵。その鬼神のごとき戦いと、強烈な生きる意思から「不死身の杉元」と呼ばれていました。

杉元はある目的から大金を必要としており、金を稼ぐために北海道に来ていました。

qpyWoKCcmKKZp6Y

ある日、酔漢から金塊の在り処を脱獄囚の体に暗号として入れ墨に描いたという噂話を聞きます。最初は信じなかった杉元でしたが、口封じのために殺されそうになったことで、それが真実だと確信するのでした。

その後、山に入った杉元はクマに襲われます。その危機を救ってくれたアイヌの少女アシㇼパさんをパートナーにした杉元は、その金塊の背後に大きな秘密があることを知るのです…

○金塊のありかの暗号を刺青された囚人

qpyWoKCcmKKZp6c

この暗号は、人間の皮をはいでつなげることで完成するという恐ろしいものです。

qpyWoKCcmKKZp6g

○少女は父を殺した犯人を追うため、男は金のため、二人は手を組みます

qpyWoKCcmKKZp6k

この作品は、北海道で金塊を求めて冒険する過程で、アイヌ文化の考証に基づいた狩猟方法や野生動物の調理法などが詳細に描かれています。時にはグルメマンガのように思えることも…

○ウサギ料理のしかたや、アイヌの伝説も教えてくれます

qpyWoKCcmKKZp6o

○時にはカルチャーショックも…

qpyWoKCcmKKZp6s

○食べる時の描写はグルメマンガっぽいwww

qpyWoKCcmKKZp6w

料理シーンを見るとお腹がへりますねwww ちょっと野生料理を試してみたいですw

○バトルシーンも迫力がありますよ〜

qpyWoKCcmKKZp6SX

『ゴールデンカムイ』は週刊ヤングジャンプで連載中。単行本は現在5巻まで発売中です。

qpyWoKCcmKKZp6SY

台湾人の反応

  • バトルシーンの描写も素晴らしいし、同時にアイヌ文化も知ることができる。読み出したら止まらない宝探しサバイバル漫画!
  •  これはグルメマンガと呼ぶのがふさわしい!!!
    • グルメマンガで間違いない。冒険は野性味を付け加える調味料に過ぎない。(オソマうまい)
    • ヒンナヒンナ
  • これは近いうちにアニメ化されるはずだ!!!
  • ここで推薦されるマンガはみんな面白い。ライターは見る目があるな。
  • 退役軍人がアイヌの少女に無理やりうんこ(味噌)を食わせる話(違
日本の漫画「寄宿学校のジュリエット」が面白いと台湾人もオススメ!
日本のラブコメ漫画「寄宿学校のジュリエット」が面白いと台湾で紹介されていました。ロミオとジュリエットのような…
引用元:宅漫畫推薦《黃金神威》圍繞在北國嚴酷環境的黃金傳說

  関連する記事

川越シェフがかぐや姫だった時の画像
台湾人「日本人の日常生活で起こる奇跡の瞬間&超爆笑の写真を集めたwww」
大道寺知世
日本のアニメ「CCさくら」知世ちゃんのバリエーション豊富な髪型が可愛いすぎるwww【台湾人の反応】
薔薇王の葬列
日本の漫画「薔薇王の葬列」のシリアスシーンがアシのイタズラで台無しにwww【台湾人の反応】
ざるそば(かわいい)
日本のラノベ「ざるそば(かわいい)」がタイトルも内容も意味不明すぎるwww【台湾人の反応】
君のいる町・御島明日香
日本のアニメや漫画で「ショートカットのヒロインは報われない」を見た台湾人の反応
大江戸慕情猫びーえる物語『きゃっつ-~四畳半ぶらぶら節~』
台湾腐女子「日本でネコのボーイズラブ漫画を発見したwww」
ゲゲゲの鬼太郎
台湾人「日本の鬼太郎と猫娘が現代風に進化しすぎwww」
セーラー服おじさん
台湾人「日本のセーラー服おじさんとレディビアードの共演が超可愛いwww萌えるwww」
東京
日本人「上京して東京は怖い、冷たいって思った瞬間」【台湾人の反応】
岡倫之
台湾人「日本の痛レスラー岡倫之がアニメTシャツを着るために作り上げた肉体が凄いwww」
張立蓁1
【画像あり】「美人すぎるコンピューターゲーマー」が登場。すでに1万人以上のネットユーザのファンがいる模様
ブラックジャック「正義か。そんなもんはこの世の中にありはしない」
日本の「#人生で大切なことは全てマンガが教えてくれた」が深すぎるwww【台湾人の反応】
harddisk
日本男児の「彼女に見られたらヤバイもの」を見た台湾人の反応
中国の本屋
台湾人「日本の中国語教科書が真実を突きすぎてるwww」

 - アニメ漫画, グルメ, 反応, 台湾

81 件のコメントがあります

  1. アシリパの顔いいよな

    • 最近の漫画のヒロインの中で一番好きだわ
      勇ましい、強い、賢い、くよくよしない、でも可愛い、っていそうでいないキャラ

    • 初期と比べてアシリパさんの外見年齢が
      どんどん退行していってるのが気になる
      今はもう下手したら幼稚園児やでw

  2. 未読だけど興味が湧いた。

  3. グルメマンガ?
    まあめっちゃ面白いけど

    • 荒川弘といい佐々木倫子といい北海道出身の漫画家が北海道を舞台にした漫画を描くと何故だかグルメマンガになっちまうんだよな

      • 食べることは生きることだからかねw
        試される大地

      • 最終兵器彼女・・・

      • ゆうきまさみの『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』にも、実用的で妙にうまそうなレンジ料理のレシピがあったな…。『銀の匙』はかなりいろんな部分があのマンガとかぶる、別にパクリとかいうことじゃないんだが。

  4. 左翼のアイヌ利権に利用されない事を望む。

    • 「殺されるくらいなら躊躇せず殺す」
      「弱い奴は殺される」
      「それはどこの世界でも同じだろ」
      これらのセリフがあるから利用できないんじゃね?特に9条教信者はw

      • 引用間違えてしまった……orz
        ✖「弱い奴は殺される」
        ◯「弱い奴は食われる」ね

  5. ギャグの間が最高

  6. 2巻と3巻の表紙がすんばらしい

  7. ガチで殺しに行くバトルがいい

  8. 真似して作ってみるには無理がある調理解説

  9. とりあえず、いまノリノリの漫画のひとつである。
    面白い漫画に共通する条件「脇役が非常に濃い」

  10. 最高に面白い。台湾人にもばれちまったか・・・。

  11. うまいか?
    ヒンナか?

  12. 脱獄名人の人がいい味だしてる

      

    • もう白石が好きすぎてヤバイい・・
      死なないで欲しいわ

  13. マンガとしては、つまらない

  14. 最初の登場シーン美少女だった欠片も無くなってきたアシリパさん
    白石と同じネタ担当役に走りすぎだろ
    マンガ自体は面白いんだけど話としてはほぼ進んでいない気がする

  15. ウンコと聞いて飛んで来たニダ

  16. 話が進まなくて5巻くらいであきた

  17. グルメ漫画じゃねーよw

  18. ヒンナヒンナ

  19. けっこうグロが多いからアニメ向きじゃないと思うが

    • 人の皮剥いで集める漫画だしね
      アニメ化は難しいかと

  20. 脱獄囚の刺青を集めるストーリーで、現状もずっと刺青が絡んでいる話なのに
    なぜか「話が進んでいない」と言うバカが絶えない。
    これ以上話を進める展開って、じゃあもう金塊見つければ良いのか?
    金塊見つけるのがゴールなのに。

  21. うん
    順調に刺青囚人出てきてるし黒幕も出たのに話進んでないって本当に読んでるの?って感じ

  22. おもしろいけど手塚治虫のシュマリのオマージュ多すぎなんだよなー

  23. (;ФωФ)アイヌと沖縄の漫画が同時期にやってたんでヤンジャン警戒してたんだよぬ(汗)おもろい思たけど

  24. 味噌のことウンコっていうのやめろ

  25. 今最高に面白いマンガだと言えるね、でもアニメ化には
    残酷なシーンとアイヌ語の発音のハードルは
    低くは無いだろうね

  26. (ジャンル) 顔芸

  27. ウサギの目玉とかカワウソの脳ミソとか食うグルメマンガだろw
    でも序盤の怒涛の展開に比べるとかなりスローペースにはなってると思う

  28. 本誌で1話を見たときから名作になる予感を感じた
    そうそう無い体験だったな

  29. アイヌの同化政策の加担者として一時は叩かれた金田一京助氏だが、彼が居なかったらアイヌの風俗や文化や言語が研究されず消えていったかもしてないという……

  30. 自称アイヌの人は今の文明の利器を一切捨てて、原始的な生活に戻ってほしいわ

  31. >これは近いうちにアニメ化されるはずだ!!!

    まじで待ってます。

  32. 面白いよなぁ
    これでもっとアイヌに興味持つ人増えてくれればと思うな

    山の中でヒグマに威嚇で吠えられたことあるけど
    足ガクガクなったわ

  33. オソマ、ヒンナヒンナ

  34. 背中の入れ墨を合わせて財宝の地図になるっていうと、
    コブラを思い出すw

    ドミニクのケツに小学生ながら、ムラムラしておっきしてたわw

  35. グルメ?サバイバル?アクション?冒険?
    いえいえ、恋愛小説ですよ。┌(┌^o^)┐ ホモー
    毎回毎回ホモが現れるw

  36. 脱獄王って実在の人だよな?

    • 名前は違うよ
      モデルではあると思うけど

      • 不死身の主人公も、船坂弘がモデルだと思うんだよね
        他にも登場人物のモデルになった人結構いる

  37. 面白いのは確かだけど、グルメ漫画じゃないよな?www

    • でも今週号では熊がうまそうにガツガツ食ってたぞ

  38. 面白いけど何となく本筋が弱い。
    まあドキドキハラハラの連続じゃなくても、最後に作品として良ければ良いんだけど。
    今のところ続きが楽しみでしょうがないって感じは無いな。

  39. 展開が速いのはいい。
    嘘食いも見習ってほしい

  40. 確かに、この漫画に出てくるアイヌグルメのほとんどは真似する気が起きないw
    毎週楽しませてもらってる漫画だな。
    それにしても、妙に動物の生態や狩猟に関して詳しい描写が出るなと思ったら、書いてる人も実際に狩猟してるんだな。
    山賊ダイアリーと言い、実体験を漫画に生かしてるのが面白いw

  41. アシリパはアイヌ+ロシアの血のクォーターくらいで、多分今の基準だとアイドル級美少女だよな。
    でもこの時代の基準だとそこまで超美少女でも無いのかも。「めんこい娘」くらいの扱い。

  42. 漫画の可能性は無限大だなと。

  43. 土方歳三が出てきてから
    少し方向性が変わってきた感じがする

  44. 主人公が躊躇無く敵を殺すのがいい。戦場帰りの凄みがある。

  45. アシリパはクチャクチャな表情をすると、おばあちゃんそっくりの顔になるのが良いな。
    50年後はああいう顔のおばあちゃんになるんだろうなというのがちゃんと描かれているキャラというのは珍しいかも。
    澄まし顔してると整った美少女だけど。

    あと明治大正の文化である「意外とホモに寛容」「ホモがいてもあんまり気にしない」というのがきっちり描かれてるのが面白い。

  46. あぁ、グルメシーンのインパクトの強さと尺の長さで本筋の印象が薄れてるのか、、、コメ欄で気づいた。

    緩急つけるのは良いんだけど、作者が書いてて楽しいシーン(グルメ、狩猟など)の魅力が強すぎて話がその度に逸れて身に入らないんだな。

  47. 登場人物がちんちくりんばかりなことがずっと不思議だったけど
    最近になってようやく、当時の日本人のリアルな体型を描いているんだと気付いた

  48. 南極では犬たちが人間の野糞食いたがってなあ
    もちろんあったかいうちがいいんで下手をすると玉がやばい、冷気でヤバい犬でヤバい、前門の虎後門の狼だ!(犬)

  49. この漫画、顔芸の第一人者と言っても過言ではない

  50. ぜひ…スピナマラダの再販を…

  51. 連載当初はすぐ打ち切りになるだろうなって思ってたが、読んでみると意外と面白い。ちゃんとアイヌの風習について書いてるから読み応えがある

  52. もうアイヌや明治期の料理解説漫画になっちゃってるんだよな

  53. ふざけた乳首しやがって

  54. 冬眠中の羆もうなされる 悪夢の熊撃ち 二瓶鉄造…これ好きw

  55. 主人公が敵を認識するや否や瞬時に戦闘モードに切り替わるのが心地いい。
    変な情があってオタオタしてたりするとイライラするので。

  56. 主人公と殺人の関係は、作品の方向性そのものを決定するよね。
    *相手がどんな人間のクズでも正当防衛でも絶対に殺せないという、異世界出身ですらなぜか日本の戦後平和主義バリバリな主人公
    *平和な日本で生まれ育ったのに、いきなり躊躇無く殺人して一片の後悔も無い主人公
    どちらも違和感がある。
    ゴールデンカムイの杉元さんは、ふだんはむしろ心優しい青年で動物を殺傷するのすら好まないのに、戦闘モードになると一瞬で目つきさえ変わって殺人マシン化するのが「戦前の日本人」なのかなあという感じはする。

  57. 「上手い鍋食って仲直りしようぜっ!」バチッ
    「こいつが一番おっかねぇ・・・」

  58. 作品中で、驚くべき「アイヌの知恵」が次々と披露されるが、
    中でも秀逸だったのは、「雪山の斜面を棒切れ一本に乗ってスベリ降りる」テクニックだ。
    アレを見て、「アイヌは、只者じゃない」と思ったね。

  59. 変な料理食わされてる時って台詞が無い場面が多いんだけど目で一生懸命訴えててそれが何を言ってるのか大体理解出来る
    しかも不味そうとか苦そうみたいなステレオタイプの表情じゃないんだよね

    民俗学的な側面も凄いんだけど表現者としても実力のある漫画家だと思ったよ

  60. プロアイヌに利用されなければ良いが。

  61. 珍しく最近はまった漫画。

  62. 北海道アウトドアグルメ漫画
    腹ごなしに戦闘
    だがそれがいい

コメントする