kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

日本人のトラウマ合唱曲「チコタン」が超展開すぎるwww【台湾人の反応】

   

59 コメント
チコタン

日本のテレビ番組で特集されていた歌詞の内容が怖い児童合唱曲「チコタン」のことが台湾でも紹介されていました。急展開ストーリーの合唱曲を見た台湾人の反応をまとめました。

「恐ろしい童謡」前半と後半の落差が大きすぎて恐ろしい歌詞は、きっと心に影を…。

o5_ToaSXkKOXp6OY

この児童合唱曲は関西弁の歌詞で、後半では怒りが表現されています。以前ご紹介した「恐ろしい絵本」もそうですが、子どもと関連ある絵本や童謡などの多くに「恐怖」という2文字と密接に関わったものがあるようです。大人が見てもこんなに恐ろしいのに、はたして子どもに影響はないのでしょうか? 先日、放送された『月曜から夜ふかし』で「小学校の頃の合唱曲『チコタン』の歌詞がすごく怖いんですが、一体どういった意味が込められているのでしょう?」という視聴者からの質問を調査しました。放送後、多くの視聴者が身の毛もよだつと感じた歌詞の内容は、どれほど恐ろしいのでしょうか?

関西弁の童謡『チコタン』の「チコタン」とは、歌詞の主人公の初恋の相手のニックネームです。

o5_ToaSXkKOW26qal5_lxsM

1960年代に誕生した合唱曲で、関西地区の小中学校では合唱曲として、よく歌われています。しかし前半と後半の歌詞の落差が大きく、恐ろしい印象の曲なのです!?

児童合唱曲『チコタン』の歌詞は5部に分かれています。

o5_Uo6GakKOX7OPT0M7RysM

第1部「なんでかな?」では主人公は、自分はどうしてチコタンが好きなんだろう?と困惑しています。

o5_Uo6GakKOYp6OZ

第2部「プロポーズ」では、主人公がチコタンにプロポーズする内容が歌詞になっています。

o5_Uo6GakKOZp6Oa

第3部「ほっといてんか」では、一人っ子である主人公は家業の魚屋を継がなければなりませんが、なんとチコタンは魚が嫌いだと知って失恋します。

o5_Uo6GakKOap6Ob

第4部「こんやく」では、主人公がチコタンは魚は嫌いだけどエビやカニ、タコは好きだと知り、大きくなったら「エビ、カニ、タコ」だけを売る魚屋をしようと決めて、チコタンと結婚の約束をします。

o5_Uo6GakKObp6Oc

ここまではいたって普通の子どもの初恋の内容ですが、第5部で大きな変化が起こります!!!

o5_VoZ_VkKOW7OPT0M7RysM

第5部「だれや!?」

o5_Vo6OVkKOWqaOYlpqdnow

「チコタン死んだ ダンプにひかれて チコタン死んだ
 横断歩道で 黄色い旗にぎって チコタン死んだ」

この超展開です。しかし、もっと恐ろしい歌詞がこの後に続きます…

「だれや!? チコタン殺したのんだれや!?
 ぼくのチコタン殺したのんだれや!? ぼくのおよめさん殺したのんだれや!?
 だれや だれや!? だれや だれや だれや!? だれや だれや だれや!?
 アホーーーーーーーーーゥ!!」

o5_Uo6GakKOWp6Od

最後の「アホーーーーーーーーーゥ!!」で笑いそうになりましたwww

しかし、この後半の急展開と、歌詞に合わせた歌い方がとても恐ろしいのです…。

では、実際に聞いてみましょう。

超怖い児童合唱曲「チコタン」(10:30)

子供向けの曲をどうしてこんなに恐ろしい歌詞にしたのでしょう?

o5_VpqKYkKOW2dSgw5_hmpY

この歌ができた頃はちょうど高度経済成長期で乗用車が急増し、横断歩道や標識の整備の遅れから交通事故頻発の「交通戦争」と言われる状態を招いていたのです。たくさんの児童が交通事故の犠牲になりました。そこで、作者はこういった内容、幼い子どもの遊び場が奪われる悲しみを表現したのです。

o5_VpqKYkKOXrKSgl6LQycE

でも、表現の仕方が徹底しすぎていて、幼い頃にトラウマになった人がたくさん出るとは思わなかったでしょうねwww(泣

台湾人の反応

  • とても現実的で悲しい童謡だね。
  • 学校でこの歌を合唱したら、変なテンションになるよね。
  • 超現実的…。
  • 「泥娃娃(意味:粘土で作った人形)」も悲しい童謡だよ…子どもはトラウマになるよ!!!
    • これはマジだよ…「泥娃娃」はすごいトラウマになってる…。
  • この展開は誰かを驚かせようとしたの?Q口Q
  • 「通りゃんせ」も、すごく怖いよ。
  • あの動画見たけど、普通のふさぎ込み方じゃないね。
  • 第1部で「事故だ」って歌ってる
    タイトルの発音も似てるし
    で、小学生が婚約するっていうのが怖い(ぶるぶる
    この歌は食べ物の好き嫌いをしちゃダメっていってる感じがする=..=
    (訳注:動画で確認したところ、第1部では「事故だ」とは歌っていないので「チコタン」と連呼している箇所を「事故だ」と聞き間違えているのではないかと思います)
  • 日本には「かごめ」っていう超不気味な歌もあるよ。
台湾人「日本の怪談絵本が怖すぎるwww」「やっぱり『なおみ』が一番怖いwww」
夏にふさわしい日本の怪談絵本8作品が台湾で紹介されていました。日本独自の雰囲気の空恐ろしいストーリーを見た台湾…
引用元:《日本恐怖兒歌》前後反差超大的恐怖歌詞絕對造成陰影啊啊啊…

  関連する記事

きのこいぬ
台湾人「かわいいものを探し出す日本人の目は凄い!」癒し系生物『きのこいぬ』が人気に
北投文物館
台湾を観光する日本人が古き良き『日本』を感じる日本統治時代の建物【台湾人の反応】
珈琲屋OB
日本のカフェ「珈琲屋OB」の飲み物が規格外すぎるwww【台湾人の反応】
桃矢派か雪兎派か?
日本のアニメ「CCさくら」の桃矢派か雪兎派かどっち?→台湾人「桃雪派」
ハルチカ
日本で「アニメキャラの地味な瞳と派手な瞳のどっちが好きか?」が話題にwww【台湾人の反応】
ひぐらしのなく頃に
日本人がオススメする「ホラー・サスペンス系アニメ」を見た台湾人の反応
北朝鮮美女
台湾人「北朝鮮五大美女が『本物の天然』で美しすぎるwww」
韓国天然美人コンテスト
韓国で今度こそ本当に天然美女だけのミスコンが!【台湾人の反応】
バナナチップス
日本の女子小学生の「休日ファッション」が進化しすぎwww【台湾人の反応】
乃木坂46inセブンイレブン
日本人が「深夜のコンビニで安価は絶対」するのを見て台湾人も爆笑www
堕落女子の堕落部屋
日本のオタク女子の「堕落部屋」が散らかし放題でヤバすぎるwww【台湾人の反応】
ハルチカ
日本のアニメーター「キャラの目の中のごちゃごちゃした塗り分けとか作業の大変さが画面に全く現れない物はいっそやめた方が良いよね」【台湾人の反応】
女性って辛そう
日本人男性が「女ってツラそう」と思う瞬間!【台湾人の反応】
こけし
日本女性が「Hな妄想をしてしまう無機物」がやらしすぎるwww【台湾人の反応】

 - 反応, 台湾, 芸能

59 件のコメントがあります

  1. 合唱で歌った覚えが

  2. 交通戦争の為に子供が遊ぶ場として公園が出来たわけだ
    それで…
    気が付けば公園では子供が遊べない決まりばかりになって
    ダンプなんて到底通りそうのない閑静な住宅街の一角にぽつんと
    だれも利用しない公園がある、昨日連休なのに子供どころかだれも居なかった
    アホらしい

  3. 昔、学校の合唱コンクールの自由曲探しててこの曲提案された
    レコードで再生したら倍速になってて高いキーで歌が流れてクラス内で爆笑した
    その後、設定直して最後まで聞いたら今度はクラス中がどん引きになって圧倒的多数で採用否決された

  4. この人の作詞でもうひとつ「日曜日」って合唱曲が滅入る内容でなー。
    家族でお出かけ嬉しいな→事故
    って急転直下ぶりがトラウマだったわ。

    • 調べたらなんだこれ…絶対歌いたくねぇがな…

  5. 課題曲だった
    家族が交通事故で無くなったばかりなのにチコタン死んだと歌った

    • それはまた、もう何と言って良いやら分からんね…。

    • そういう時に担任は配慮してくれんかったんかねw;;

  6. 日本版魔王だな

    • 魔王な!、やったなぁ~中学の時。
      俺、ナレーションだったけど、とちって嫌な思い出しかないなぁ~。
      お父~さん、お父さん!それ~そ~こに~ってやつ。

  7. 子供に歌わせるのか?鬼畜過ぎる

  8. 同じく課題曲だった。
    最初は衝撃的だったけど、練習してたら慣れてしまって感情も何もなかったな。
    遠い遠いところに行ってしまったとか、お星様になったとか、回りくどい言葉を濁らせた表現よりもこういう歌詞のが良いわ。

  9. 「埼玉 ペルー人 女の子」これで合唱曲が作れそうだな

  10. 救われない歌だな、聞かなきゃよかった、オレの連休最終日返せ。

  11. 自分も歌った。なるべく子供らしく、NH●っぽく歌わないと、といったような知恵をつけてくれた曲。でも関西弁はリズムが良くて、口にするのは面白かったな。
    他の曲も見て来たけど、この人自動車事故が得意みたいだね。
    そういえば「木琴」や「親知らず子知らず」も暗いね。
    合唱曲って突っ込みたくなるようなのがわりとある。

  12. >作者はこういった内容、幼い子どもの遊び場が奪われる悲しみを表現したのです

    いやw直接的すぎるやろ この頃の作詞家はセンスゼロ

  13. まぁでも当時の交通事故の多さは社会現象になるくらいハンパなものじゃなかったし
    ドラマなどでも題材としてよく取り上げられてたよ
    刑罰も低く罰金刑くらいですんだりしてたからな
    交通事故関連はもっと厳格にしたほうがいい

  14. 実際にこの頃は子供がダンプカーにはねられて死ぬとかそんなん日常茶飯事だったからなー
    アニメ・マンガの展開でもしょっちゅう使われてた程にな

    • タイガーマスクも普通に
      車に轢かれて終わってるしな。

      • プリンセス・ミンキー・モモも最終回は車に轢かれて→死亡→終わり。

        • 最後に、ペットショップのパパ・ママの本当の子供に生まれ変わるんやで。

  15. さすが大阪 大阪なんて大嫌い

  16. 歌ったな、懐かしい
    トラウマ歌詞だったが、実際「横断する時は左右確認しなさい」より効果的だと思うわ
    クラスメイトが事故ってから学ぶんじゃ遅い

  17. 「汽車にのって」とかいうアイルランドを蔑視した合唱曲

  18. >この歌ができた頃は(中略)たくさんの児童が交通事故の犠牲になりました。そこで、作者はこういった内容、幼い子どもの遊び場が奪われる悲しみを表現したのです。

    歌ったことあるけど、事故はまだしも遊び場が奪われる悲しみなんて微塵も感じ取れなかったぞ…

  19. この歌初めて知ったよ

    • 私も初めて知ったw
      知ってる人が多くて驚いてるw

  20. チコタンが唐突にくたばるショックが大きすぎて
    死因とか忘れちゃうんだよなぁ・・・

  21. これ全く知らんのだが
    どのくらいの年齢層からかかるんだろうか?(例:給食の鯨の竜田揚げ=40前後から上、的な)
    或いは地域的な差?

  22. 中学の時に歌ったが歌詞より難しさに難儀したなぁ

  23. 初めて知った。聴いてみて、いい歌だと思った。その上で、この歌は別に「怖い歌」でも「恐ろしい歌」でもないんじゃないのかと思う。
    これはまず第一に「悲しい歌」であり、かつ「怒りの歌」だろう。「怖い歌」っていう表現はどうなのか−−−そりゃ、受け止め方はそれぞれだろうけどもさ。

    コトバの技術も非常に高いと思う。例えば単に「交通事故で死んだ」ではない。それではどういう事故だったのかがわからない。ここでは、
    「横断歩道で 黄色い旗にぎって チコタン死んだ」
    このたった一行でもって、それが飛び出しでもなければ信号無視でもない、チコタンには全く非がない状況における事故だったということを、説明的な言い回しを全く使わずに、情景的な描写だけで見事に示している。

    作詞家は「中学生日記」の脚本家でもあるようだ。すごく納得した。

  24. 大人になった今初めてこの歌知って鬱になったんだけど

  25. でも合唱曲として表現する理由がないな

    第五部のために、第四部までを作ったという感じありありととれて鼻につく。

  26. 歌いはしなかったけど授業で聴いたな
    ええ、ドン引きでしたとも

  27. 聞いた事も題名を見た事も無いな

  28. これ4番までしか知らんかった。5番を教えなかったのは、
    先生もこのトラウマもんの歌詞を教えて良いものか躊躇したんだろう。
    個人的には5番まで知っていたら全体の見方が変わって良かったと思う。
    だって、3番がクソ過ぎて大嫌いだったから。
    3番の歌詞、クソガキがモテないのを親の職業のせいにして癇癪起こしてるのがムカついた。
    最後にチコタンが死ぬって知ってたら、3番のクソガキも許せたかも知れない。

  29. 小さい時の子供向け雑誌には親が交通事故で亡くなって残された子供が親戚に虐げられるような話が載ってた。
    交通遺児への支援を呼びかける言葉が付いてたような気がするからそういうキャンペーン作品だったのかも。

  30. 事情を聞けば納得だが、知らないとドン引きだなあ
    作者に不幸でもあったのか、それがどうして電波で流れてるのか
    悶々としちゃう

  31. 大人の勝手な思想や思惑なんて子供には関係ないから
    こんなキモチワルイ歌を強制して歌わされる子供の気持ちなんか欠片も考えてないのだろうな
    サヨク脳によくある典型的なエゴイズムだわ
    戦後の病んだ左翼教育の一端を垣間見る気がするなあ

    • 何でもサヨク脳と考えるお前もゆとり教育の犠牲者かもな
      全く左翼は罪深い

      • ワロタww まさしく、そのとおり
        短絡思考で決めつけ納得しようとするヤツが増えたよな

  32. 29年前、小学6年の時の音楽会でクラス全員で合唱したわ。
    東京の小学校だったんだけど、大阪から転校してきた奴がいたからなのかな。
    長くて難しい曲だから半年くらい練習したんだけど、反響が結構あったみたいで当時は満足していた。
    卒業記念に音楽会の録音テープが学年全員に配られたけど無くした。

  33. 左巻きの教師が多い地域なのに、これ初めて聞いた。関西弁とは縁遠い地域だからかな?

  34. ジジイだけど、この歌知らなかったな。
    しかしダンプの運ちゃんも辛いな。いつも悪役の加害者だ。

  35. 映像見る限り、魚屋は関東あたりにあるんだな。
    言葉はコテコテ関西弁なのに

  36. 子供向けじゃなくて、教習所で歌わせりゃいいのにと思った。

  37. チコタンはニコ動でも人気だったよ。
    もう一曲も最初は笑うも、
    だんだんつらくなってコメントも無くなる。

    「通りゃんせ」の「帰りはこわい」は、
    「帰りは疲れる」の意味。
    こわいは疲れる、だるいの方言。

  38. 歌うと意外に声が乗って楽しいんだよなぁ・・・
    怒りとか悲哀とかの感情は合唱によく向いてるわ、何人もで歌うと一気にボルテージ上がるからな。

  39. 伝統的な子供の歌なんか理不尽で怖い歌なぞいくらでもある
    それが理不尽な社会への良い予備学習、疑似体験になってた
    それを、やれトラウマになるとか差別とか
    自分たちをリベラルと思いこむ偽善的で浅薄な大人が言い出し
    歌われなくなるっていうのがパターン化してる
    ちびくろサンボが自主規制されたりしたのと同じようなもんさ

  40. 当時はモンスターペアレントとかクレーマーなんて言葉もなかったおおらかな時代だったとしか・・。
    幼稚園の頃、ダンプがやたら走る道路を走って横断する遊びがちょっと流行ったの思い出した。
    当たり前だけど運ちゃんに怒鳴られたわ。

  41. ちこたんという名前は前からきいて知ってたけど、こんなんだったとはねw合唱曲ともしらなんだわ。
    当時の自動車事故の多さは酷かった。自分も閑静な住宅街で育ったけど、子供の頃はギリギリかすめるようにして通り過ぎる車が相当多かった。あまり多くて慣れてしまい、わざわざ安全な距離(80cmくらい)を保って通り過ぎてくれる車に対して逆にこちらからギリギリかすめさせにゆく当たり屋のような危険な遊びまでしていた(悪いことしたなぁ)。特に土曜日の半ドンで帰るとき。
    道路事情悪かった。アスファルト舗装なんてしてないので雨が降ると数日間ぬかるむとかざらだった。だから男の子の靴は泥で汚れているのが当たり前だった。

  42. でも高度経済成長で誰も彼もがマイカーを持つようになり、路地にまで車が通るようになって子供が路地で遊ぶ日常風景が消えたのはかなり大きな問題なのはたしかだ。
    子供のうちに外を駈けまわってみんなで遊ぶことでいつの間にか身につくことがいっぱいあって、それが社会人としての基礎が収まるべきある種の器になるんだけど、それがないと長じてから度し難いことになる。最近の若い社会人に異常な底の浅さを感じることが多々あるけれども、関係あるかもね。

  43. 怖かったからみんな替え歌にしてたよ

    ちこた~んわろてる~鼻の穴から~♪とかケツの穴とか
    トラウマにはならんかったけど、阿蘇とかのほうが好きだったな

  44. コメント欄を見ると

    「怖い童謡なんてあってはならない!!!!」
    「こんなのを子供に歌わせるんじゃない!!!!!」

    って感じになるな…
    狭量かつキチ○イクレーマー的っつうか…

    • 確かに、ここのコメント欄みてると、なんだか日本も、「フランダースの犬」をハッピーエンドに改変したり、日本アニメから死の要素を排除しようとするアメリカに似てきてるような気がする。

  45. 小学3,4年生くらいの時に学校で歌ったけどそんな衝撃的でもなかったけどな。
    「関西弁の歌や~、鼻くそて~、ちこたん死ぬんか」くらいで
    子供やったからみんな鼻くそのほうで盛り上がるほうが多かった。

    大人になってから初めて聴くほうがいろいろ考えて鬱なのかもしれん。

  46. 言いたいことは判るが、サヨクはセンスが悪すぎる。
    いかにも社会が悪い、大人は悪人、といったドロドロ演出。
    女子供を出汁に使い、悲劇の主人公をこれでもかと煽り、恨み節全開で悪態をつく。
    そしてこの子も自分がふられたときに親のせいにするのもサヨク的だな~と思った。
    サヨクはすぐ「自分が不幸なのは〇〇のせい!!」というんだよな。普段の恩恵も忘れて。

  47. この歌大嫌いだった。
    チコタンが死ぬオチが嫌とかじゃなくて、
    途中までのふざけた歌詞が馬鹿馬鹿しくてくだらねーとしか思えなかった。
    あと死ぬって言葉をそのまま歌詞にする表現力の無さもなんて稚拙なんだと思った。
    まあ普通小学生を表現するなら子供だから直接的になるよなって今は思うけどさ。
    同じ意味で「お母さん」も嫌いだったし
    (あれは出だしの椎茸が好きだった~ってとこから何じゃこの歌って思った)
    「木琴」も詩としてはいいけどあれを歌にするセンスが大嫌いだった。
    大分大きくなってから沢田知加子の「会いたい」って曲も嫌いだから
    小学生の頃から感性が変わってねーなと自分に苦笑したけどな。

コメントする