kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

台湾人「日本のネット住民が選ぶ三大画力のない漫画家www」「あの先生はランクインしないの?」

   

204 コメント
画力

2chやまとめサイトなどで話題になっていた日本の『三大画力のない漫画家』のことが台湾で紹介されていました。選出に不満があったり、他にも画力のなさそうな漫画家先生をあげる台湾人の反応をまとめました。

画力が最も酷い長編漫画家 日本のネット住民公認の3大有名漫画家とは…

たとえば、『進撃の巨人』の作者も当初は画力の問題が囁かれていましたが、雑誌の連載を続けるにつれて、その絵の技術は自然と向上してきましたよね。漫画家の条件として常に努力し、進歩し続けるのは必要なことなのでしょう。しかし、それは有名漫画家には画力のない漫画家がいない、ということを意味するわけではありません。日本のネット住民の間で最近話題になった『三大画力のない長期連載漫画家』、どれも人気作品の漫画家先生ばかりですよ~。

一人目 あだち充

あだち充は1970年にデビュー、1980年、1990年にブレイクし、一躍人気作家になりました。

彼の作品のキャラクターは彼のファンですら識別が困難です!

こちらは女性キャラクター

これだけ特徴がないと、読者は一体どうやってキャラクターを見分けているのでしょうか?

しかし、3,40年もの間、たった一種類の顔を描き続けるというのも、これはこれでプロといえるのではないでしょうか?

二人目 高橋陽一

高橋陽一は1980年に『キャプテン翼』でデビュー。サッカー少年の大空翼が世界の舞台で活躍するまでを描く作品で、実際に多くのサッカー選手に影響を与えました。高橋陽一先生の作品でよく話題に上がるのは体のバランス、特に頭身です。

10頭身以上の怪物サッカープレイヤー

この10頭身ネタはよく話題にされました。さらに、大空翼の成人後は他の選手とのバランスをとるため、11頭身、12頭身の「モンスタークラス」の人類まで登場します!

ボールの上に乗り、そのまま横滑りするスーパーテクニック

このように『キャプテン翼』では現実には実現困難にも思えるスーパーテクニックが登場します。やはり漫画家に必要なのは発想力や創造力、それがあれば多少の画力の問題なんて関係なくなってしまいますよね。

三人目 福本伸行

『賭博黙示録カイジ』の作者、福本伸行先生も日本のネット住民によって画力のない漫画家に選出されました。

彼の描くキャラクターの尖ったアゴは日本のネット住民の間でしばしば話題になります

しかし、福本伸行先生の「顔芸」の画力は屈指のものでしょう! また、彼の描くキャラクターの表情はとてもユニークで、劇中でショックを受けた時や失望した時に顔が歪んでいく描写は他の漫画家には真似ができません!

涙の描き方もこのように

歪曲描写の先生!

さて、日本のネット住民によって選ばれた『三大画力のない漫画家』でした。

どの先生も2,30年以上も連載を続けており、パロティへと昇華されている人気の作品ばかりですね~。

台湾人の反応

  • 美心なんて恐竜だしw
    • 俺が最初に思ったのは口裂け女w
    • そうそう、口が大きすぎる。でも話の中では唯一の女性キャラクター…ハハハ
  • 冨樫はランクインしてないの!?
    • 冨樫は数少ない下書きを掲載できる伝説の漫画家…
    • おいおい、少数だって? 彼だけでしょ…
    • いや、冨樫の画力はかなり高いよ。キャラクターとかコマ割りとか、本当にどれも一流。
  • カイジに缶ビールをあげて!
  • 賭博黙示録カイジ
    カイジ

    直角三角形
    カイジ
    実写版では…
    再現できない…

    • カイジに似てる俳優はいないw
  • ギャグマンガ日和はないの?w
    これは標準画力をかなり下回っているぞw
  • 永井豪先生がいない??
  • 本当に画力が酷いのなら…それぞれを特色あるキャラにする。
    • 賛成
  • 私が見てきた中で一番恐ろしい画力は第1巻の『落第忍者乱太郎』
    最初は連載を継続できることすら奇跡だった…でも今はもう凄くいい画力だけど!

    • ハハ、ああいう漫画は絵に頼ってるわけじゃないからね。
      でも、あだち充の描くキャラクターはみんなすごく可愛いよ~。この3人の先生をあげるのはちょっと不満だなぁ。
    • これってこの画風が好きかどうかで、画力のあるなしじゃないよね…
    • そうだよ。だから僕なら青山剛昌をあげるよ。ハハハ。(いいよ、みんなコナンは萌えだと思ってるし)

  • 冨樫先生は?
    • 美術を学んでいたっていうのは見ただけで分かるよ。彼の画力は凄いよ。
    • 『幽☆遊☆白書』の時はすごく真面目だった…。画力と緻密さではベルセルクにも負けない。
    • 冨樫は画力に関しては一級の腕前だろ。
  • 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の画力も…と思うけど…でも面白いからいいか。
  • 秋本治はランクインすると思ったのに…私の愛してやまないこち亀だけど~。
  • 私はあだち充の漫画をたくさん買ったけど、保証する。あだち充の画力は本当は凄いよ。彼の初期の作品『ラフ』、これはすごく丁寧に描かれてるよ、今の描き方とは違う。
  • 誰も手塚と書く勇気がない。
    • こういう話を言う人って、絵のことを何も分かってない。
      今後はあなたの好きな漫画の話だけしてればいいから。むやみに評論とかして笑われないようにね。
    • 彼は1945年に連載漫画を描き始めたけど、その時代から言うと、彼の画力は悪くないよ、いやすごく良いとさえ言える。
  • 11頭身、12頭身って何だよwww 崩壊してるwww
  • 漫画家先生の紹介文なんかで読んだことがあるけど、漫画家は自分の特色を出すために同じ顔を何百回も練習する。だからわざとなんだよ。だって、これだけたくさんの漫画家がいればキャラクターの顔が似てしまうこともありうる。
  • 『進撃の巨人』の漫画は本当に絵の見分けがつかない。時々、誰が誰かも分からなくなる。
  • なんで諫山創がないのwww
  • 私もてっきり諫山先生があると思ってた…
  • 画力が悪くても内容は凄くいい!!
引用元:《畫工最差的長篇漫畫家》日本網友公認3大名師是……

  関連する記事

 - アニメ漫画, 反応, 台湾

204 件のコメントがあります

  1. 諌山は伸び代があるから

    • どこに伸びしろがあるんだよwww

      マジでここは進撃ステマが激しいな・・・

    • もう14巻だっけ?かなり連載続いてるのにあの画力で伸びしろとは一体なんなのか

  2. なんか評価の方向性を間違えてるな

  3. ソースがどこなのか知らんけどあだちを入れた奴らは見る目無さすぎるだろ
    めっちゃ上手いじゃねーか

    • 上手い下手じゃなくて、描き分けができないって意味じゃない?
      いわゆる判子絵師的な

      漫画力はトップクラスなのは間違いない

      • アシスタントもキャラを描き分けができるとは限らんから。漫画ってのは作家の画力はそのまま反映されるとは限らない。同じ顔にしといて、髪型とか団子鼻とか眼鏡とか糸目でキャラを掻き分けるようにするのが絵を安定させるやり方なんだろう。

      • 判子絵ってのは作中のキャラが揃いも揃って同じ顔ってことなんだが
        主人公やヒロインに対して固定イメージで書いてるだけで画力とはなんの関係もないがな

      • スター・システムと思えば良いのではw

    • 時代に合わせて書き方を変えてるのにね

  4. あだち充は絵だけじゃなく話しも一緒だからwwwwww

    • みゆきとタッチ読んだら 後は別に読まなくてもいいかな。

      • 100%同意。
        みゆきとタッチだけで十分。
        あとはどれも似たような話で、ノリも一緒だし。

    • 虹色とうがらしは毛色違ってて面白かったよ
      でも打ち切られたけど
      流石に凹んだわ・・・・。
      まあバトル物が全く向いてないなとは思ったけど

      • 虹色面白かったに同意、せっかくシビアな展開になりそうなとこで、いきなり大団円なんだもんな。
        あだちは読んでる最中にキャラがこんがらないから、別にかまわん、あの人の絵を模写するのむずかしいって話だし。
        なにげに長期連載してる川三番地がひどいと思う、ほぼバストショットのみで話すすめんな。

  5. テニヌのたしけも相当やばいと思う

  6. アシスタントをどう使うかで絵は変わるからな。あだち充みたいなのが細々としたキャラを描き分けなきゃいけないキャラをデザインしたら、とても作業が追い付かない。キャラの顔を使いまわすのもそのせいだろうな。もっと極端になると赤塚不二夫みたいに原案だけ作って大部分をスタッフにまかせる。ダヨーンとか子供が描いてもそれと分かるし、6つ子を描き分ける必要なし。ハタ坊は書く人によって顔が変わっても旗で見分けがつく。

  7. ギャグマンガや4コママンガなら写実的でない絵の作家はゴロゴロ居る
    臼井儀人、しりあがり寿、いしいひさいち、植田まさし等々
    漫画化は自分の作風に合ったスタイルの絵を採用しているわけだから、
    その漫画から画力を測定して比較するのは非常に困難だと思う

  8. 商業作家でも下を見たらきりがないからな
    小学生の方がまだマシな絵を描くよってイラストレーターもいるし

  9. 雑でも絵に個性や味があってストーリーで魅せられれば漫画家の画力なんて気にならないんだけど

  10. 川三番地が居ないとは

    • 同意せざるを得ないw

    • ある時期からコピーばかりになって、コマワリも単純化して。
      病気療養してからちょっとマシになったから
      絵を描くとこの致命的な部分を病んでたんじゃね?
      それでも。まあ。ちょっと外れたぐらいのランクか。

  11. 漫画家じゃないけど三峰徹みたいにどうみても下手にしか見えないんだが、それが完成された作風というのがあるよね

    • 三峰は単にド下手
      毎日何枚も描いてるはずなのに、昔から全く進歩しないのもある意味才能かもしれない

    • 漫画雑誌界の座敷童、て言われてるんだよね。三峰徹。
      彼の投稿を載せている雑誌は長続きするという。

  12. 杉たん…は画力上がったが初めて見たときは衝撃的だった
    今何してるんだろう

  13. あだち充は1作品の中でキャラの見分けがつかなかった事はないけどな。
    最近の売り上げがトップクラスなのに画力に頼ってないのはのは進撃とトリコと…あれ、それだけかな?やっぱり画力がそこそこないとヒット作は難しい?

    • >あだち充は1作品の中でキャラの見分けがつかなかった事はないけどな。

      確かに。実際、キャラの顔のバリエーションは多いと思う。眼の形とか輪郭もキャラによって全然違うし。

      その作品に登場した役者達を次の作品にも出演させる感覚でやってるってだけだろーね

      • 歴代のキャラの顔が同じって自分でもネタにしてるくらいだから
        あえてそうやってるんだろうね

      • それって手塚治もやってたね。
        キャラクターを俳優みたいなキャストとして扱う。
        この場合は作品を超えて同じ顔のキャラが出てくるとにやりとしてしまう。

        • キャラをキャスト化した上に、それ自体ネタ(世界観)にしてしまったのがCLAMPだよな

  14. カイジはあの画風じゃないと読みたくない。

  15. 下書き掲載は岡崎武士や萩原一志もなかったっけ?

    • 萩原は伝説のボツカット集だな。
      あれは落書きですらなかった。

  16. 南とたっちゃんだけ判別できるよ

  17. あだち先生はキャラを書き分ける気が無いだけ

  18. 顔の描き分けや体のバランスは漫画家にとってあんまり重要なことではないね。
    重要なのはアイデアと表現力だけだね。
    あだち充は正直表現力も全くないと思うけどでもなぜか面白い。なぜだ。

    • あだち充は小説みたいなマンガだよね。
      そのせいか間とかの描き方が無茶苦茶上手いと思う。

  19. あだち充は絵へたじゃないと思う。単にキャラが似ているだけで。
    スポーツ漫画中心だから下手だと見辛い絵になるけど見やすいし臨場感とか出ているし。
    カイジの福本さんは下手とかうまいとかじゃないと思う。あの個性的な絵が売りだし。
    キャプテン翼は・・・・えーと、面白いからいいんじゃね?w

  20. あだち充のあの顔は主人公とヒロインに割り当てられる顔だから
    1つの作品の中で(血縁でない限り)同じ顔が出てくるってことはないし
    モブと見分けがつかないってこともない

    • むしろスポーツモノなんかでは大量に登場人物がいるのに
      ブ系やクセ顔も描けるからそれらの見分けもつくって言うね・・・
      何をやってるかわからないって事もないし、若手作家とは経験値が違いすぎる

      あんな達観した高校生見たことないけどなw

      • 美形・ちょい美形・普通・ちょいブサ・激ブサの描き分けもできるし
        (下手な人は主人公顔の美形と極端なブサしか描けない)
        美形も全員同じ顔じゃなくて個性のある美形も描ける
        主人公とライバルイケメン、友人のイケメンなどはみんな違う顔

        達也と和也も双子だけど髪型だけじゃなくて顔立ちも微妙に違ってた

  21. 鳥山明は無いのか?

    • 富樫言ってるやつはハンター以前の作品読んだ上で言っているのだろうか?

  22. 面白いなら良いじゃん

  23. しげの秀一
    車やバイクはスピード感あってメッチャ上手いのに人物が・・・

    • GS社長(祐一)、PSゴッドフット、サイドワインダー久保の3オヤジが
      いつの間にか三つ子の3兄弟になってるしw

    • メカ関係はどう動いていても、ちゃんと地に足が付いているのに
      人物はただ立っているだけなのに、宙に浮いているからな。
      上半身だけでも、重力のかかり方がおかしいのが分かる異常っぷり。

  24. 何を伝えたいのかわからない絵こそが最も致命的な絵だと思うの。その点今回の3人は凄く優秀な人たちだと思います。

  25. 福本の顔が歪んでいく描写は、小山ゆうがとっくの昔にやってるから

  26. 「なにが描いてあるのかがわからない」とか
    「よく見ると絵としておかし過ぎる」とかいうのが、下手な絵だろ。
    余程のことがない限り商業作家にはいないけど。

    同一作品中できちんとキャラクターの描き分けができていて、
    デッサン力なんかは、漫画家の中でも高い方のあだち充が、
    画力がないカテゴリーに入るわけがない。

    ・・・キャプテン翼は・・・まあ、その、なんだw

  27. 画力ってのを勘違いしてる発言多い・・・
    顔のアップとかは上手いのに
    全身とか動きの場面でおかしなデッサンになってしまうのが下手って事なんだけどね。
    あだち先生や福本先生は文句なく上手いよ。
    高橋先生も動きの迫力という面では抜群だし。
    人気作家だからこうやって名前を挙げられてしまうだけで
    他に下手な人とかゴマンといる。

    • 評価基準と自分の褒めてる漫画家の間に齟齬があるぞ

    • あだちはまだしも、福本は上手いとはお世辞にも言えない。
      今は描き慣れたせいか、線は良くはなってるが、根本的な画力は上がってないよ。

  28. 西森博之。
    たまにサンデーをパラ読みした時、あまりの下手さに思わず目が留まってたなぁ。
    その上恐ろしいのは、それでも当時プロになって10年を超えていたという事・・・。

  29. サッカーマンガの奴は
    サッカーの知識もガバガバだぞw

  30. しりあがり寿かえびすさんかな

    • しりあがり寿は多摩美出身で美大の講師もしてますよ

      • しりあがり寿は、わざとヘタに描いてる。
        いわゆる、ヘタウマの絵を描く人だ。
        ただし、オリジナリティはあまり感じない絵だ。
        結局、ヘタに描くために、他人の下手な絵を参考にしてるから、その影響で彼自身の画風になってないように見える。

        • 80年代サブカル出身でガロのヘタウマ系だったけど、、手塚先生はしりあがり寿を
          「(作風は見せかけ)この人は本当の描画力がある」とコメントしている。

        • 吾妻ひでおは?ギャグ&ロリ漫画で創始の一人、コミケに寄与したひとりだけど。

          今の台湾の子達にとって吾妻ひでお認知度はどうかな?日本の認知度も怪しい(吾妻ひでおvsけいおん!騒動)。
          世代間格差というか、今の若い子は作品を同じ時勢に並べ、ただ優劣を計り考察に至らない印象が有る。

          台湾では日本のヒット漫画を海賊版で出版する一方、ポルノ検閲から漫画も規制対象で、日本の18禁漫画普及は
          ネット時代に入ってから。

          ファンロードで原哲夫風の「サザエさん」、みつはしちかこ風、長谷川町子風、池田 理代子風(ベルばら)、
          いがらしゆみこ風(キャンディキャンディ)の「北斗の拳」といったパロディを見ていたサブカル世代だけど
          知日台湾人の意見には乗れない。

  31. 手塚治虫先生だと⁈ 手塚先生が小学生のときに描いた漫画や中学生のときの昆虫図鑑を見たら腰を抜かすぞ
    ディズニーの影響を受けたデフォルメは、後代の漫画家のお手本だったんだけどな

    • だよな
      あれで画力がないだのヘタだの言うんだったら
      漫画家は全員首くくらにゃならんw

    • 手塚さんの絵は、特に初期の頃のディズニータッチの絵は上手かった。
      完全に完成された洗練されきった絵で、見ていて惚れ惚れする。

      しかし劇画に影響を受けて絵柄を変えてから、手塚さんの絵は初期の頃の魅力が消えた。
      絵的にも、決して上手いとは言えない。
      まあ深刻な内容なのに、ディズニータッチじゃ合わないだろうから、それは仕方ないとは思うが。

  32. あー、確かに西森も下手だなぁw
    ギャグマンガは絵が上手いと笑えないからあのくらいでちょうどいいけどw

  33. 蛭子能収が出てない件

    • 漫画家の話をしてるのにナゼ旅芸人の話を始めたの?

      • 蛭子先生は、漫画も描いていらっしゃいます。

        • 正しくは、最近の蛭子さんは趣味で漫画を描いてらっしゃるw
          だってTVで本人がそう言っていたんだもんwww間違いない

          • つまり鉄拳とかと同じ部類であって『漫画家』の話題で名前を出すのは不適切だと思うの

    • 俺も思ったw

    • 前にSMAP中居MCのTV番組の
      芸人vs漫画家のデッサン力対決に
      漫画家側で登場してたけど
      確かに本当の意味で下手だったわ。

  34. 下手でも面白い漫画ってあるよねー、すごいよねー

  35. 畑健二郎

  36. 上手い下手は別にして福本はあれがいいんだよなぁ
    逆に普通の画力でカイジかかれても好きになれる気がしない

    • 確かに。
      福本原作でかわぐちかいじが絵を担当した「告白」「生存」は確かにあのヘタクソな絵から伝わってくるジリジリした感じが無かったんだよなあ・・・

  37. 諫山とかONEのマンガ読むと画力ってマンガの面白さの大きなファクターじゃないんだなって実感するな。
    もちろん正確なデッサン力やリアルな描写力なんか必要ないって乱暴な結論を支持するわけじゃないけどね。
    全盛期の鳥山が画く一枚絵の圧倒的な画力にはやはり感嘆と感動を覚えるし、同業の冨樫をして絶望させるくらいの力があるからね。

    • 進撃の褒められた点は、最初のインパクトだけだな
      ストーリーも陳腐でワンパターンだし
      日本人はとりあえず右向け右で周りに合わせてモノを買う傾向があるからな
      今の古本屋行ってみなよ、中古の進撃が全巻セットで山積みになってるぜwww

    • しかし、同じ1つの作品の中で、登場人物の顔が(どんな大きさ・角度・表情であっても)それぞれ誰であるか見分けがつく、という(狭い意味での)画力(描き分け)は重要だろう。じゃないと読者のストーリー理解がつっかえることがあるから。
      あだち充がきっちりしていて、諫山創が少々甘いのはソコだと思うなあ。
      高橋陽一も(頭身なんかより)そのへんがちょっと困ることがある。85990みたいな意見もあるけど、笑わなくてもすぐにわからないとダメなんでね。特にサッカーは、野球と違って選手が入り乱れるスポーツなんだし。

  38. 下手と言っても挙げてる3人とも、絵を見ただけで作者が分かるじゃないか。
    上手だけと誰が描いたか分からない絵よりは、その価値はあると思うのだが。

  39. ヒロユキとか甲斐谷のほうが下手やと思うけどなぁ

  40. キャラのかき分けで言ったらわれらが師匠は強いな

  41. 上手い下手の基準がよくわからん
    黒バスの人は絵上手な方なの?

  42. 新條まゆってネットじゃさんざんネタにされてるけど
    改めてちゃんと読んでみたら、有名な六本指とか長い腕バーン以外にも
    全体的にデッサンおかしすぎた

    男性向けにありがちな、色んな方向に動く乳をやりたかったんだろうが
    乳と胴体が明らかに別方向を向いてるのはどう見ても間違い

    • 妹がファンでずっとこの人の漫画買ってるんだが、どれも同じストーリーでなぁ…何が面白いのかわからん。

  43. あだち充はキャラの判子なだけで、デッサンなんかはしっかりしてるから絵は上手い
    高橋陽一みたいなデッサン狂いが下手的にはやばいけど、すでに画風として定着してるw
    出てないけど車田も相当なものだけど、みんな自分の絵というのはしっかり確率してて、
    個性は抜きんでてる
    個性が確立できることの方が重要だね

  44. あだち充は省エネなだけだ。

  45. パタリロなんて判子絵で長期連載の極みの
    作品のひとつだと思うんだが
    意外に指摘している人は居ないんだよな。

    • 魔夜峰央は超うまいだろ
      ホワイトや修正が一切しない原稿用紙で
      まるで印刷された状態と言われてんだぞ

    • そう言われてみればパタリロの絵が上手いか下手かって考えたことなかったな
      判子絵は判子絵でも記号に近いと思う
      「これは美少年」「これはガラス」「これはギャグ」みたいな感じ
      魔夜峰央の物語の運びかたは魔夜峰央の絵でしか表現できないと思う

    • 最近の画を見てみると、体調のせいもあるだろうが画力は落ちてるように思うが・・・
      今までの作品を見返してみると、かなり画風は変わって来てるんだよな。
      パタリロ西遊記のあたりを見ると、以前思ってたよりも絵的な工夫や書き込みなんかが凄かったりする。

      • もはや別人が描いてるのかと思うようなデザインになってるのと、手間を削れるだけ削ってる感が強いね・・・
        デザインではパタリロとタマネギを中心に肥大化やパーツのバランスに病的なものまで感じるし、コマ割りが大きくなって目だけとか手だけとかのアップや通行人がことごとく真っ白とか、過去もそういうのはあったけど最近のは見てギクッとするくらいだし
        まあでも、しょうがないのかな・・・

  46. なんか叩かれそうだけど岩明均。

    絵の人じゃなくてストーリーの人なのはわかってるけど
    ヒストリエの表紙絵、どうもデッサンと構図でダブルでしくじってるのが・・・

    寄生獣読んでると、絵にそれほど興味がない人なんだろうなってのが
    服装とか表情とかの違和感で、ひしひし伝わってくる。

    • 7巻のことを指しているのならそれは飛んだ勘違いだな
      むしろ哀れともいえる

    • アレキサンダー大王を画像検索してご覧。
      ポーズは違うが顔はあんな感じだから。

    • 気になるところといえば、ギャグとかのキャラが笑ってる顔が古いというか、バリエーション少ないな程度で
      パッと画力ない漫画家に上がらないと思う。画力高い漫画家にも上がらないと思うけど

  47. 画力よりも漫画力って島本和彦が言ってた。

  48. あだち充の凄さって
    同じようなキャラクターで
    同じような話描いて
    全部そこそこ面白いってトコなんだよな

    • ホントこれ
      絵柄は時代に合わせて少しずつ改良してる気がするけど

  49. 本当にへたな作家はランクインしていないあたりに優しさを感じる

  50. 画太郎先生が入っていない

    • 漫☆画太郎が話題にならないのが不思議なくらい
      下手っていうのとは違うけど
      コピーとボールペンで画伯だわな

    • あの人はむしろ上手い方なんだけど、わかってない人がよくいるんだよねえ。

    • 下手なんじゃなくて汚いんだよ

  51. 秋本治の名前が出るとは思わなかったなあ
    1巻の頃から細かい書き込みで丁寧なイメージしかないんだが

    • 本人が描いてる間はキャラ絵も話も安定してたんだけどね……
      アシスタントに任せるようになってから、
      顔が杜撰になったり巨乳嗜好になったりとアレな点が
      (ついでに話もオチすらつけられてない事がしばしば)

  52. ギャグマンガ日和の増田こうすけは
    「わざとうまくならないようにしてる」と言ってたな

  53. 画力で勝負してるイラストレーターが漫画描いた時、
    漫画は画力じゃないなと気づいたなぁ(あまりにつまらなくて

  54. 高橋先生は間違いないずっと下手
    個人的には弓月光先生を入れて欲しい
    でも下手だがソーニャとか滅茶苦茶面白い
    福本先生は絵より引き伸ばしのほうが酷い
    アカギは彼岸島も真っ青の引き伸ばし

  55. 青木雄二がまだ出てないな

  56. 絵画ならともかく、漫画の世界で絵の上手さを云々しても馬鹿馬鹿しいと思うんだけどなぁ。
    面白いかどうか、それ以外に評価基準なんてない。

  57. 冨樫は手抜き作家だけど手抜きしても画力がないわけじゃいし、手抜きした上で本当に面白くてものすごい漫画を描くから始末に負えない。
    ろくにハンターを読んでないで冨樫馬鹿にしてた友人がアニメに触発されて漫画読んだら一発で信者になった。

  58. デッサン崩れは少年漫画より少女マンガの方が多いと思う
    まあ少年漫画はデフォルトで済む場合が多いってのもあるし

  59. あだちは単にあれを完成形としてより早く仕上げられる方向に行っただけ
    浦沢も同じタイプ

  60. 『修羅の門』の川原正敏は今でこそ独自の画風が確立してるけど
    初期は高橋留美子の劣化コピーみたいな感じだったな。
    エロ・ラブコメの『パラダイス学園』とか
    修羅の門の原型になった『あした青空』とか。
    『修羅の門』の連載初期はあだち充テイストも入ってたし。

    他の漫画家と同様に、自分の絵柄について試行錯誤してた時期に
    当時のメジャーな漫画の流行に乗ってみたってことなんだろうけど。

  61. デッサンが狂ってるのを気にしないで、自分の作風にしてる人はいいと思うけど、
    上手く描こうとしてるのにデッサンが狂ってる漫画は、なんか嫌なんだよね。

  62. 高橋陽一は表現力っつうか総合的な漫画力では天才
    一枚絵では幾らでも突っ込めるけど漫画として読む分にはあの頭身も武器になってる

    ような気がする

  63. 目の大きさとかは非現実的でも許されるのに頭身は許されないんだな。

  64. 上手い下手の問題じゃなくて
    20年以上前に確率させた自分の作風を頑なに固辞して
    今ウケてる風潮に流されてないだけのような気がするけどなぁ。

    技術的には今風のアニメ調やラノベイラスト調に調整して
    新しい若年層のファンを増やそうと思えばできるけど、
    敢えてそういう方向に行かないっていうか。

  65. 「読者好みの絵柄」と「作者自身の画力」は別で区別がつかない人達が結構いるよね
    「良い悪い(客観的・論理的)」と「好き嫌い(主観的・感情論)」はちゃんと区別するべきだよね

  66. まあ絵に正解は無いし、わざと崩して描いてる漫画家も
    いるくらいだしどんな絵でも別に良いんじゃないか?
    それより話が面白いかどうかのほうが重要だろう

  67. 下手糞な漫画は読まないから作者の名前すら覚えない

  68. 躍動感や迫力ではラフの方が上だと思う。全てじゃないが。
    文章のみでもそう思うときがある。訴えかけてくる物がある。
    ポスター形式はきれいはきれいだが・・それだけだ。

  69. なぜ一度もラッキーマンの話がでない?

  70. 三田紀房が出てないなんて

    • だよな!
      しかも名前が出てこないてことはだれも読んでないってことだろ?
      なんで連載かかえられてるかわかんない。2~3本やってるよね。
      福本はヘタでも漫画として成立してるけど、三田は・・・

  71. 上手い人に代わりに描いてもらいたいな
    多分ストーリーだけで読ませてる漫画は神レベルになるだろ

    • コマ割表情演出躍動感はバカにできないものがありましてね…

  72. あだち充とか手塚治虫の名前を出したやつは作品一個も読んだことないんだろうなって事がわかる

    そんな画力画力言うなら漫画じゃなくて絵画でもみてろよ

  73. 若杉公徳を何故誰も上げないのか

  74. 福本を除いて俺の最も嫌いな漫画家。蛭子以下。

  75. 手塚先生がヘタだなんて言った瞬間口裂けろ、ってレベルだろ
    今風な美しい絵じゃないから「ヘタ」だなんてどうかしてるわ
    手塚先生の凄い画力あってのデフォルメもわからんのだな
    月に500ページ位描いててあのレベルって今では考えられないことだぞ

  76. キャラがどれも同じって点では松本零士も負けてないな

  77. 精神的ショックとかで目眩を起こすと、本当に視界がぐにゃぐにゃ~ってなるんだよな。
    あの表現は結構リアルだよ。

  78. デビュー当時の小林よしのりが凄かったな。
    話は面白いが、絵が殺人的にダメなんで掲載の是非でそうとう揉めたとか。

    あと、宮下あきらが女描けないまま、デビューしちゃったとか。

  79. 下手って言っても自分のイメージ通りに書けてるなら下手じゃないしなぁ。
    こち亀が下手って言ってるけど、あれは下手じゃないと思うぞ。

  80. この3人を選んだ人って比較的若い人だと思う。
    今風の流行りの絵柄=上手いって感じで。

  81. 画力がないっていうよりも、ひたすら安定してるってイメージしかないわ
    画力がないという言葉の捉え方が人によって違いすぎる

  82. 福本氏は画力、特に表現力が独特でハンパないと思うが…

  83. キャラの区別がつかずに混乱した漫画はガンツだけだ

  84. 「ヤンマガとかアクションとかに山ほど居んだろクソ画力の漫画なんてwww」
    と思ったら”長編”括りのお題なのか

  85. あだちは顔が似てるだけで体のデッサンなんかは滅茶苦茶正確じゃね?
    むしろ相当な画力持ってると思うけどな

  86. あだちは描き分けが出来ないだけで
    画力が無いわけじゃないだろ

    • なんだか擁護してんのか否定してんのか
      わからんなw

  87. 相原コージだと思った私の疎外感…

  88. あだち充って女じゃなかったのか

  89. 蛭子さんだな

  90. あだち充はただのスターシステムだろ

  91. 古谷実の画力UP度は宇宙人が促したんじゃないかって位凄まじいよねぇ

  92. 画力最高クラスの井上雄彦がドラえもん描いてもつまらねーだろ
    鳥山明がスラムダンク描いても失敗してると思う
    要するに上手い下手というよりも
    自分の絵柄に合ってる漫画が描けるかどうかだろう
    その世界観に絵柄がマッチしてれば何の問題もない
    それを見つけれるのがプロなんだと思う

    • やっぱ、それぞれ違って個性ある絵のほうが面白いよね
      今はセクシャルな画風かどうかが、上手いか下手かの基準になってる気がする

    • >画力最高クラスの井上雄彦がドラえもん描いてもつまらねーだろ

      非常に興味深いw やってほしいなw

  93. 漫画って画力あんま関係ないし。
    話を作るのが上手い人の方が有利だよ。

  94. 画力=デッサン力 ではないから。
    原稿見ると、また印象違うよ。
    徳弘正也の原稿が、あんまり綺麗で驚いた事がある。
    雑誌じゃ荒い絵の印象だったのに。

  95. あだちと高橋は画力が低いのとはちょっと違うだろ。デビューしたての新人は別にして、まじめに書いても下手なのは、福本、諌山、がもうあたりじゃねw

  96. 手塚は原題だと中の下くらいはあるよ。
    人間が下手なのと、フォロワーが皆無なことが示す絵柄の圧倒的野暮ったさは何十年やっても克服できなかったから、並クラスから上には結局いけないけど。
    よく昆虫のデッサン持ち出して神とかいう奴がいるけど、あんなの美大生ならデフォレベル。

    あだちは書き分けを放棄しているだけで、画力自体はかなり高い。
    TMの西川はどの2~3曲聞けばお腹いっぱいになる代わり映えしない曲と歌い方の典型だけど、声量や歌唱力の高さ自体に文句をつけるやつはそうそういない。
    同じ事なんだよね。
    でも、高橋は別。やつは最初の方がまだましだったという劣化崩壊例の代表だ。

    下手な奴は少女漫画系に多い。
    背景が壊滅的に駄目とか、着色が異様に下手とか、なんか局所的に才能ないパターンも多い。

  97. そもそもデフォルメって、元があってそれを誇張することだからな。
    初めから誇張した絵ばかり描いていると、柔軟性の無い絵しか描けなくなる。
    だからデッサンが大事なのだ。

    しかしマンガ家の場合、絵だけ上手くてもダメ。
    話やキャラクターを作れなければならない。

    とはいえ、近年は小畑健みたいに、絵だけに特化して成功するマンガ家もいる。
    逆に言えば、余程絵が上手くかつ魅力的な絵が描ける人でないと、絵だけで仕事は来ないのだろう。

    絵が描けて、かつお話も書ける人は希だ。
    天は二物を与えずっていうし。
    一物でも持ってるならそれは凄いことだし。
    だから一人でやってるマンガ家って凄いんだな、とは思う。

  98. あだちが下手なわけねえよ
    主人公顔とヒロイン顔ってテンプレ作って初見に話の構造一目でわかるようにしてあるだけ
    はっきりいって全漫画家でも屈指の理論漫画家だと思う

  99. あだち充は絵柄変わってないように見えて今風になってるのがすごい
    画力ないとかありえない

  100. この人らの凄さをわかった時、オタクとしての階段を一段上がるんだと思うよー

  101. あだち充版大甲子園を想像して絶望した。

  102. 漫画記号論を理解できるオタも少なくなったもんだなぁ。
    昔は知ってて当然の基礎教養だったのに。

  103. 高橋留美子もあんまり画力ないだろ

  104. ここまで青木雄二無し。

  105. 画力というのを写実的な方向に書くことだと思っているんでしょうね。
    マンガ絵というのは、記号なんだよね。
    同じマンガの中で描き分けができていなくてパッと見判別できないのが、
    画力がないと思うんですけどね。
    だから、あだち充や手塚治虫が画力がないというのは違うんですよね。
    手塚治虫が子供の頃に書いていた昆虫図鑑を見たら禿るんじゃないですかね。

  106. 漫画のための絵なんて、対象を正確にかけているかどうかなんて関係なくて、表現したいものをどれだけ伝えられるかが重要なんだよな。
    で、その表現したいものとの掛け算で漫画の価値は決まる。
    赤塚不二夫なんて、人物を前側のあのアングルでしか書けないんだぜ?
    それでも作品は恐ろしく面白かった。

  107. 前川つかさ、とか。
    ただ、あの人も大東京ビンボー生活マニュアルの頃は、びっちりと線を書き込んでたな。
    当事の編集長に書き込まされてたらしいが。
    言っちゃ悪いが、線が汚いって部類に入る人だと思うが、生活マニュアルの頃の丁寧に作業してたであろう当事の絵を見るのは実に楽しい。何か妙な快感があるというか。

  108. 「とがし」と言えば「とがしやすたか」

  109. 写実な絵を画力とか思ってるならお笑いだね

  110. 福本信行があるのになぜそれより上位に青木雄二がない

  111. 高橋陽一は画力もアレだが、サッカーについて基本的なルールやら国際ルールやらがわかっていない、
    まさにサッカーの素人がサッカーの試合を見てサッカー好きになって、よくわらかないまま漫画家になったみたいな典型

  112. 高橋の漫画は見た事がないから言及は避けるが
    あだちも福本も漫画としての画力は相当高いからね
    ページの構成や状況など伝えるものはかなりの物。

    漫画家として画力が低いってのは…例えばジャンプで連載している何とかの災難だっけ?
    あれが最たるもんだよ。
    話のつまらなさと画力の低さは相当なもの。

  113. あだち充は、キャラのひな型があってパターン化されてるから、同じって印象を受けるんだよな
    いっそ、いつも脇役張ってるようなキャラ(デブとか強面とか)を主役にすれば、読者の印象も変わるんじゃないかな?

  114. 三大でまとめて最初に「あだち充」が出て来たら残りは「車田正美」と「本宮ひろ志」だろう?

  115. 修羅の門の先生もいいかげんやばい。

  116. MIXの弟は上杉達也に似てるから実はもらわれっ子なのかなと思いつつ、単に描きわけができてない可能性も否定できず・・・
    描き分けできないという評価を逆に利用したカモフラージュだったら面白いな

  117. あだち充は絵はうまいんや
    ただ描き分けができないだけなんや・・・

  118. 高橋陽一のキャラの描き分けは竹宮恵子が褒めていたけどね。
    よく見分けが付かないキャラの代表として挙げられる「岬」「三杉」「松山」「反町」でも、
    同じ「笑う」という表情ひとつとっても、その性格が反映されている表情の作り方になっている、とか。
    だから「岬」が「三杉」と同じ笑い方はしないし、その逆も然り。
    最近は髪型や髪色を変えただけでキャラの描き分けが出来ていると思い込んでいる漫画家が多いけど、
    描き分けというのは本来こういうものだ、と高橋陽一を絶賛していた。

    まあこの話は画力が安定していた中学生編の頃の話なので、今はその通りかどうか知らないけどw

  119. つまり画力=傑作ではないということか。
    内容と印象さえあれば生き残れる?

  120. あだち充は画力あるよ
    身体なんかはかなりデッサンしっかりしてるよ
    顔のかき分けが出来ないってかする気が無いんじゃないかな
    本人も見分けられないって言ってたし

  121. 原哲夫
    いくら何でも動きが動線無しでは描けないとか有り得ない
    何年絵を描いてもひどくなる一方

  122. 画力やらデッサンやら簡単に口にするけど
    その意味本当に解ってる人少ないと思うねんな
    上手さや精密さなんて薄っぺらな事言うたら もうこれは許せへんし・・・(クレーマー並感)

  123. 上手い下手で言えば、福本や進撃は本当に下手だよ。
    ごちゃごちゃ理由をつけて、「漫画として上手い」ってのは、贔屓の引き倒しってやつだ。

    ただ、日本の漫画の凄いところは、そういう漫画家がトップクラスの売り上げを誇っている点だと思う。
    アメリカの漫画家だって、韓国だって、台湾だって、中国だって、上手いやつは半端なく上手い。
    でも、日本以外の国には、福本や進撃みたいな連中はいないだろ。
    誇って良いと思う。
    つまり、日本以外の国からは、「カイジ」は絶対に生まれないんだから。

    • (漫画じゃないけど)シンプソンズ・サウスパーク「せやろか?」

    • 確かに、日本の漫画文化の成熟性を示してるよね。漫画家は単なる作画職人じゃなく作家性を重んじられてる。

  124. なんか根本的に画力を理解してないランキングで凄い違和感があるな
    少なくともあだちは画力自体はあるはずだが

  125. 冨樫センセは下書きで掲載できる唯一の人ではないです。
    シエロひさ………。もちろん、単行本の時にはペン入ってたけどね(^^b

  126. なんたらグールの作者

    美味いのは表紙だけ

  127. マンガ絵の画力という意味では名前の挙がった人たちは全員超一流なんだよなぁ。
    見た瞬間誰の絵か分かると言うのは極めて優れた要素。

  128. カイジの人は、漫画家の中では本当に絵はヘタクソだからシャレになってない(笑)

    >マンガ絵の画力という意味では名前の挙がった人たちは全員超一流なんだよなぁ

    まったくの勘違い。見た瞬間誰の絵か分かるか否かと、絵が巧いかヘタクソかは
    別の話。カイジの人は絵に対する理解そのものがプロのレベルにないというだけ。

  129. 庄司陽子って人の絵がすごいよ。
    高齢で画力が落ちたパターンだけど、今も連載してる生徒諸君!って
    漫画の絵がひどい。いや、あれ見れば驚愕するって。
    画像検索すると昔の絵と今の絵を対比できる。
    大御所なので編集さんももう何も言えないんだろうな。

    • 往年の固定ファンがついてるから、昔のヒット作のキャラ使って続編描けば一定の収益は見込めるんだろうね。個人的には青池保子のエロイカの絵柄の変化が悲しい。昔はキャラに色気があってシリアスとギャグの対比がよかったのに、今は普通にギャグ漫画の絵になってしまった。

  130. 単なる「絵がお上手」のレベルだったら、その辺のアマチュアでも普通にいる。
    コマ割りやネーム、書き文字、背景、そして話の展開などと絵柄が複合した画面の説得力が個性と両立しているのがプロ漫画家だよ。
    同じ時代劇を描くにしても、「井上雄彦」と「横山光輝」を比べれば、一枚絵の華麗さと迫力では井上に軍配が上がるかもしれんが、読みやすさや判りやすさで言えば横山が勝る。
    トータルすれば、優劣をつける意味はない。

    活躍した年数も作品数も違うが、どちらも日本の漫画界の至宝だ。

  131. 画力の「定義せずに議論」するからあちらこちらで迷走してる奴続出!!wwwww

    (毎度この手の定義無し議論してるやつ見て笑いがこらえられない)

  132. 福本は下手とかじゃなくて、あれが味なんだろ。
    高橋はゴミ。あの顔と体型見てるだけで不快になる。若い頃はまともに描けてたから、明らかに劣化。

  133. あだち先生のはファンの人は、カットだけで全キャラ個別で名前がいえるようだよ。
    後、作品を読んでいたら分かるんだが、ちゃんと別キャラとして認識できるんだよ。
    表情や各個人の性格づけがうまいんだろう。

  134. こりゃ酷いと思ったのは「緑山高校」と「エンジェル伝説」だな
    こいつらの1巻の作画はマジで「え、これでデビューさせたの?!」状態だった

  135. 漫画は絵じゃないよ

  136. キャプ翼はごみ

  137. 結局横山光輝の名前は無かったか
    描き分けじゃなく絵の上手い下手でいうなら岡田あーみん

コメントする