kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

台湾人「日本の痛レスラー岡倫之がアニメTシャツを着るために作り上げた肉体が凄いwww」

   

41 コメント
岡倫之

アニメを大好きなレスラーとして日本のネット上でも話題になっている岡倫之さんが『日本の痛レスラー』と台湾で紹介されていました。日本と同じように台湾でももっとアニメが一般化して欲しいなと願う台湾人の反応をまとめました。

日本の痛レスラー岡倫之 強靭な筋肉は爆痛なTシャツを着るために

一般的にレスラーというのはとても硬派で強靭な精神を持っているというイメージがあります。彼らのエキサイティングな試合を見ると、いつもハラハラドキドキしてしまいますよね。今日、皆さんに紹介するのは最近日本のネット上で話題になっている痛レスラーの岡倫之(オカロード)さんです。痛いと言ってもプロレスでダメージを受けたから痛いというわけではありませんよ。なんと彼はアニメの大ファンなんです~。

岡倫之さんは新日本プロレス公開入門オーディションで合格しました

岡倫之さんは日本大学商学部に通う学生でした。コミックマーケット83にて「探偵オペラ ミルキィホームズ」のグッズを求めブースに行った時、ブシロードの木谷高明社長と出会い運命を感じ新日本プロレスの公開入門オーディションを受け、合格してブシロードに内定しました。非情に若くて才能のある選手で「プーチン大統領杯プロレス選手権」など数々の大会で優勝しています。

岡倫之

生年月日:1991年6月12日

身長:184cm

体重:115kg

血液型:O型

大会等での主な成績

2013年

プーチン大統領杯サンボ選手権:優勝

ドン.キホーテ杯全日本ビーチ選手権:優勝+最優秀選手賞

年新日本プロレス公開入門オーディション:合格

2014年

第3回全日本パンクラチオンオープン選手権大会:submission優勝

第3回全日本パンクラチオンオープン選手権大会:traditional優勝

プーチン大統領杯第40回全日本サンボ選手権大会:優勝

しかし、面白いことに岡倫之さんがネットで話題になったのはこの輝かしい経歴からではありませんでした。ネット住民は彼の趣味が自分たちと同じであることにとても関心を持ったのです。

そう、彼はアニメが大好きな痛プロレスラー『最強のオタク』だったのです

彼はアニメが大好きでアニメを見るだけでなく、グッズも収集しています

彼のベッドの周囲は天井までアニメキャラクターで埋め尽くされています~

プロレスの練習や試合の時にもアニメのTシャツを着用

こちらはインタビュー動画です。中国語はありませんが、彼のアニメへの情熱が伝わるでしょうか~?

わたしも非常に共感できます~。

台湾人の反応

  • 共感できる~!!
  • オタクも運動の習慣をつけた方が健康的でいい!
  • 同意~。
  • 彼みたいにムキムキでも着られるアニメTシャツがあるんだ。
  • 左近寺を思い起こさせるw
    • 沙織~~
  • 凄くギャップのある萌えだと言える(?)
  • ここまでオタクを突き通していれば、かえって親近感持たれるかもˊ口ˋ~
  • このプーチン大統領杯はプロレスじゃないぞ。サンボだ!
    (http://www.japan-sambo.com/)
  • いつか学生運動でアニメ服を着る。または、企業の社長が痛車を運転し、痛プライベートジェットで移動、家にはフィギュアがたくさん。一番いいのは政府官僚が漫画なんかを読む。そんな風になればいいのにね。
    • もしなったらいいよね~。でも、もしかするとアニメ好きだけど恥ずかしいから好きだって言えずに隠している人はいるのかもしれない==…
引用元:日本痛摔角手 岡倫之 強大的肌肉都要撐爆痛痛的T恤惹

  関連する記事

 - おもしろ, アニメ漫画, 反応, 台湾

41 件のコメントがあります

  1. 自演乙と言い最近は何処にでもオタク文化が侵攻してるなw

  2. うーん、なんかこういうオタ趣味をアピールする人に限って、推している作品がライトというかヌルイのは何故だろうか。

    • そうでもないぞ自演乙とかは東方のコスプレしてるからにわか扱いされることが多いけど
      実際は、サクラ大戦2からサブカルに興味持ち出したコアなオタクだし
      今の人は、サクラ大戦のコスしてもあまり反応してくれないでしょ?
      つまりそういうこと

      • サクラ大戦も当時は超メジャー作品だったんすけど…
        何度かアニメ化されたりしてるし。

        結局のところ、そういう「アピールするなら有名な作品」という俗っぽさが、”積極的にオタ趣味をアピールする人”に感じる違和感なわけで、それについて言ってるんだけどな。

        そういう社会性の獲得は悪いことではないのかも知れないけど、趣味というのは個人で完結するものであってそれは必然性ではない。
        「俺が好きなんだから、有名じゃなかろうが反応が薄かろうが関係ない」というのが”オタク”の本質的な態度だったはずなわけで。

        結局そういう”オタク趣味”自体が目的ではなく、コミュニケーションのためのツール的手段の一つに成り下がってしまった、ということに対してどうも受け入れがたいものがあるんだよなあ。

      • 追記。

        ま、ゼロ年代以前の古いタイプのオタクの戯言なんだろうけど。

        • 有名な作品を好きだと俗っぽいとか正に古いオタクらしいエリート意識というかステータス主義そのものだよね。
          結局「好きだから関係ない」なんて大嘘、どれだけ自分の地位のために利用できるかで作品を選んでるのかがオタクの本質であって
          古参連中こそ趣味をツールにして優劣争いのゲームに勤しんでいる証明だよ。

    • グッズが沢山出ていてアピールしやすい作品=人気作品ってだけじゃないの?
      IKKIに載ってるようなシャレオツマイナー漫画を推そうとしても
      単行本見せてハイおしまいってなっちゃうしさ…

    • ミルキホームズをライト向けと言ってる時点でどうかと思うがな
      世間様では完全キモオタ向けですよ?

      マニア向け=ヒエラルキーが上 
      この発想もかなーりキモイ

    • 何を見るかなんてその人の好みの問題でしかないし、どれが好きだからって「ヌルイ」とかって事はないでしょ
      そういうの気にしてる人の方が通ぶってるだけの人にしか見えないし

    • おたくってなんでこう、あの手この手で他人をヒエラルキーのより下に落とそうとするのが好きなの

    • そうかー。ラブライブやミルキィホームズがライトかー。
      年齢考えれば十分普通だろうに何言ってるんだか。
      年寄りから観たらヌルイって思えるのかもですけど。
      ライトじゃないって何だろう?ヤマトですか?ボトムズですか?

  3. 萌えと腐が世界を包む

  4. 日本じゃトップレベルのサンボマスターなんだな

  5. もし健介がいたらかわいがり受けてただろうな
    いや、レスリングとサンボやってたなら藤田のときみたいに手をださないか

  6. 「政府官僚が漫画を読む」
    すでにいるんだなこれが…

    • アソーさんですね

      • 麻生さんは政治家であって、官僚じゃない。

        外務官僚つーか大使館員で海外のオタク方面に関わってた人が居たはずだけど・・・

  7. > 一番いいのは政府官僚が漫画なんかを読む。そんな風になればいいのにね。

    ローゼン麻生のことか!

    • 麻生は実際はゴルゴとかおっさん漫画ばかりだけどなw

  8. 俺は今年47歳だけど、Tシャツはブラックロックシューターだぜ
    ワイルドだろぉ?

  9. ブシロードオーナーだしプロレスかもしれん

  10. 厳つい体見て、昔ラジオで声優の望月久代がボブサップみたいな人が
    好みのタイプだと言っていたのをふと思い出した
    あと清水愛もプロレス好きだな

  11. 李登輝総統が男塾のコスプレしてただろ!

  12. いまやイケメンだろうと体育会系だろうとオタは存在する世の中

  13. 萌え世代が台頭していている

  14. そういや、K-1の佐竹は怪獣オタだったな

  15. ミルキーホームズのTシャツは本当に痛い。

  16. 新日の元祖オタレスラーといえばライガーだろ。

  17. これは酷い岡リンですね

  18. 不思議なカッコよさを感じる!
    なんだこの人

  19. 実績がすごいな

  20. ガチの実績があるとプロレスの方は伸びない模様

  21. きもっ、だけどここまで強くなるには相当な努力が必要だから尊敬する

  22. でもまあ、武道とおたく趣味ってかなり親和性はある。
    どっちも男のコンプレックスが詰まってるから

  23. プーチン大統領杯って
    とんでもねぇ名誉だなw

  24. そに子と並んで遜色ないのは凄いな色々w

  25. そういや外人にも北斗の拳が大好きな格闘家がいたっけ
    あれと対決したら会場が変な感じに盛り上がって面白そう

  26. 自分の道を突き進んでるな

コメントする