kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

1匹30万円! 合計数百万円! 世界初のショッキングピンクの魚が群れて泳ぐ姿が美しい

      2012年11月11日 23時55分  

2 コメント
蛍光ピンクの魚1

台湾の鑑賞用の魚の技術が大躍進。高雄海洋科技大学が3年の年月を費やし、世界初の蛍光ピンクに輝く観賞用魚を発表した。

蛍光ピンクの魚2

お値段は110万台湾ドル。日本円にすると約30万円になる。

昨日、繁殖業者芝林企業は、大学と協力し研究開発したピンクの観賞用魚を発表した。ピンクの「神仙魚」(写真上)と「獅頭魚」(写真下)の新品種で、全身がハローキティのような夢のあるピンクの蛍光色が特徴。昼夜を問わずキレイなピンク色であるため、観賞用魚の特徴である〝夜になればなるほどキレイに見える〟という枠を超えた魚である。

蛍光ピンクの魚3

芝林企業によるとピンク色の観賞用魚は世界初だという。まだ量産はできず、ロシアや中東ドバイの顧客に1匹10万台湾ドルで販売される。芝林企業の社長は「ピンク色の観賞用魚は富を築き、恋愛運を招き、幸運をもたらす。華僑市場に受け入れられること間違いなしだ」と語った。

  関連する記事

 - 動物, 台湾, 社会

2 件のコメントがあります

  1. ゴールドで
    華僑向けならそっちだろ

  2. アクアリストですが全く魅力を感じない。
    個人的にはやはりワイルドが一番かな。

コメントする