kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

バスの中で狂ったように飼い犬を叩いていた女性→台湾ではテレビで全国報道し公開処刑されます

      2014年10月24日 22時44分  

0 コメント
I left my little Jack Russell. . . by Elsie esq.

台北のバス内で、犬を抱いて乗車していた婦人が狂ったように飼い犬を殴りつけ、周りの乗客が止めに入ったが、あろうことか、婦人は「自分の犬を殴って、何か問題でも?」と引き続き殴り続けた。しかし、このやり取りがバスの乗客によって撮影されテレビで報道された。

TVBS

黒服の婦人はバス内で突然狂ったように飼い犬に手を上げた。

乗客「ちょっとあなた、、おかしいでしょ!」

虐待婦人「自分の犬を叩いて、あなたに何か関係あります?」

乗客は見るに耐えかね注意するも、婦人は手を止めないどころかエスカレートする一方。

虐待婦人:あなた、可笑しいわね、自分の犬たたいて、何が悪いのよ。

その光景に車内の誰もが再度注意を促す事も出来きなくなったが、婦人は更にバスの運転手に向かって

「自分の犬殴って問題あるの? もしあなたの犬を殴ったらそりゃ悪いけど、自分の犬殴って何か問題あるんですか??」

この一連の光景は撮影されていた。

婦人によると犬がうるさかった為、叩いたまでのこと。

台湾のバス会社の規則により、ペットを車内へ持ち込む際には、カゴへ入れなければならない。婦人の行為は違反行為であり、15000~75000元の罰金を払う可能性がある、とのこと。

こういった公然でのペット虐待、本当に我慢が出来ません。

 

  関連する記事

 - 動物, 台湾, 社会

コメントする