kaola.jp

考拉日報 – 台湾人の反応を毎日紹介

「同性愛の娘と結婚したら50億円謝礼」 話題の富豪がハリウッドで映画になる!―香港

      2014年10月24日 22時44分  

0 コメント
同性愛結婚

香港の不動産大手デベロッパー・卓能グループの令嬢ジジ・チャオさんは先月、今年4月に交際関係にあるショーン・ヨン(楊如芯)さんとフランスで同性婚をしたと発表。

ジジさんの父親、セシル・チャオ(趙世曾)氏は、娘の突発的な行動に激怒し、2012年10月8日、なんと「娘と結婚してくれたら、5億香港ドル(約50億円)を進呈する」と発表。これに対し、米国やエチオピア、トルコ、ポルトガルなどさまざまな国から手紙やインターネット交流サイトのフェイスブックを通じて1500件以上の求婚。その他、ドサクサ紛れに、「チャオ氏の義理の息子になりたい」と言ってくる人やら、新規ビジネスの計画書を添えてくる人やら、求婚とともに映画化の話を寄せたハリウッドのプロデューサーまでもがいたというが、この度、本当にこの事件が映画化する事が決定。

映画化にはイギリスのコメディアンで俳優としても知られるサシャ・バロン・コーエンが、すでに「ザ・レズビアン」というタイトルで企画発表している。

この話にはチャオ氏も大歓迎、「監督やプロデューサーはぜひ私自身に連絡してきてほしい。正しい情報をお伝えしたい」と、乗り気のご様子である。

映画化大歓迎のチャオ氏

初めは結婚に猛反対していたパパですが、あ、あれれ…。

結婚した二人

お相手のショーン・ヨンさんもまた、ボールウォッチのアジア地区代理販売業者の令嬢だ。

何はともあれ、お幸せに~。

  関連する記事

 - 社会, 香港

コメントする